チムコン用代理作成 - 葉桜同好会

 このページはA類の共有ページです
認められたメンバー以外は編集しないでください

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

千古不易





王たるもの、仙郷で永楽し、
贅の限りを尽くし太平を謳歌する。
この永楽を永劫とするため、我らは妥協しない。
我らが求める仙郷は、民草が老いも、病も無い、豊かさを
享受する王楽郷。
たとえ、何かが犠牲になろうとも我らは感知しない。
散りいく花は、腐り朽ちていく。そのものに一切の価値無し。
大河の如く、果てることない威光を示すのだ。

未来永劫 散ることもない仙郷を…

朽ちていく花に価値無し…

千古永楽 民草よ….

汝 我らに千古不易の魂を捧げよ




作品一覧







償え…償え!仙郷の穢れは….

王の血で祓うのだ!


裁きだ…!罪人は裁かねばならない…!


赦しを乞え…!



◇◇◇


“千古不易“とは永遠に変わらないことを意味します。犠牲を糧に創った王楽郷土は変わるのでしょうか?この話はその仙郷の“皇“の過去と未来を描いた物語です。

中国の人里離れた山奥に、とある民族が暮らしていました。彼らは国家転覆を企んだとして国から迫害を受け、この地に逃れました。しかし、逃げ込んだその地は人の文明が行き届いていない不毛の土地。誰もがこの地で、餓え死ぬことを考えました。その時、ある一人の男が立ち上がり、人々を導きました。男は人々と協力し、不毛な土地に大河を流し、緑を植え、居住を建てました。十年という長い年月をかけて、男と人々はこの仙郷を創りあげたのです。人々は男に感謝し、太陽のように光を与え、豊かさを享受する皇、“初代光皇“と称し、讃えました。“光皇“は民草が永く穏やかに暮らせる都として“葉桜仙郷“と名付け、新たな王朝とし、死の直前までこの仙郷で人々と暮らしました。

“初代光皇“の死後、“二代目光皇“として選ばれたのは“初代光皇“の側近であった“新円“という者でした。新円は人々に対して、ある薬箱を掲げ、「この薬は“初代光皇“が異国より持ち出した不死の病すらも直す生命の粉塵である!難病を患う民草よ、この粉塵を呑めば、千古不易の身体が手に入るぞ!」と言いました。人々はその言葉に最初は、耳を傾けませんでした。しかし、ある時に仙郷で流行していた難病を持つ少女に粉塵を呑ませると、不思議なことに少女の病は直るではありませんか。人々はそれに驚愕し、その粉塵を“万能の粉塵“と言うようになりました。新円は「この粉塵は異国にあると共に、奇怪な妖術や化物を扱う部族が持っている。“初代光皇“はこの地が永く穏やかに暮らせる都を守り続けてくれと私に言ってくださった。今がその時である。我々の仙郷は病という穢れに侵されている。それを祓うには“万能の粉塵“が必要である!如何なる犠牲を払おうと絶対に手にしなければならない!」と言いました。

新円が放った言葉により、仙郷は大きく変わりました。“初代光皇“は人々が協力しながら穏やかに生きていくことを願っていましたが、“二代目光皇“新円はたとえ犠牲があっても、それを無視し、この王楽郷土を繋げようと考えています。この話は奇怪な妖術と異常存在と仙郷の人々が今一度“千古不易“の意味とは考える話です。



ERROR

The islandsmaster's portal does not exist.


エラー: islandsmasterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5060201 ( 15 Jan 2019 17:15 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License