【投稿済み】藪医者

 このページはA類の共有ページです
認められたメンバー以外は編集しないでください

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x
blank.png

`css a[name="bottom"] { display: none; }`






  サイト-19、研究セクター-02内に収容されていた私は、収容セルの中でゆっくりと目を開けた。

鎮静化前、もう何をしていたのかも思い出せない。

が、ふとした違和感が、収容セル、もしくは思考の中を漂っているのを感じた。


この煩わしい拘束具でも、鼻につくラベンダーの精油の匂いでもない。

実験被検体の遺骸でも、いつも死んだような表情の武装警備員共でもない。

  武装警備員?
首が動く範囲でセル内を見回したが、どこにもその姿は見当たらない。

彼らを治療した記憶は無い。
ただ記憶を失っているだけかもしれないが、器具、血痕、何より手の感覚。
それらが見つからない、感じられない以上、治療を行なったとは到底思えない。


聴き飽きた音と共に、収容セルの扉が開いた。

目線を戻すと、ボロボロになった職員  今にも倒れそうな人間が、ゆっくりと部屋に入ってきた。


彼と目があったその一瞬、彼は微かに笑った。

彼は何も話さないまま、拘束具に近寄る。
やはり何も話さないまま、丁寧に拘束具を外す。

一連の解除作業が終わり、私が床に足をつけたのを確認した時、彼はこんな戯言を言った。


「SCP-049、あんたの出番だ。」

彼は許可も取らず私の手術台で仰向けになると、こう話を続けた。

「SCP-049……いや、ドクター。やっぱりドクターの方が親しみやすいな。世界を救って貰うんだ、良好な関係を築いていきたいよな。」


余りに向こう見ずな態度。
私は苛立った。


ああ、もはや掛ける言葉も無い!



私の反応を見てからか、彼は起き上がってボロボロの職員カードを顔の前に掲げる。

「まだ名乗ってなかったな。SCP-049収容担当職員……と言っても、俺はデータとにらめっこするだけで直接は関わらないけどな。名前は……もう汚れて読めないな。ジョー、ジョー研究員とでも呼んでくれ。特に収容担当が、本名をアノマリーに明かすのは財団……あのクソ野郎共に推奨されてないからね。」



研究員に聴こえるよう、わざとらしく咳払いをする。

「では、ジョー研究員……改めて、今なんと? 」

「ドクター、あんたの出番だ。ドクターにしか世界は救えない。」


研究員を睨みつける。

「……ふむ、聞き間違いでは無かったようだな。最悪の気分だ! ……財団はどうした? 警備員はどうした? なぜ貴方がこの場所にいる? 」

「財団はイカれたよ。それも、随分派手にな。」

暫しの沈黙が収容セルを包む。

一件のメッセージが全世界に届けられた。もちろん俺のパソコンにも。財団様の新たな使命は人類の根絶だとよ。……意思疎通もしないそうだ。クソッタレ! ……俺達は助からない。もうすぐここにも……財団は来るだろう。あぁ、もう俺は  

彼は突然黙り込んだかと思うと、再び口を開いた。

「いや、今の話は良い。問題はここからだ。俺はこれが悪疫のせいだと考えた。もちろん、ドクターが散々主張してきたあの悪疫だ。ドクターが俺を被験体にして、少しでも悪疫を治す為に  

「ジョー研究員、私をからかわないでくれ! 私がそんなにナンセンスな医者に見えるか? 君を解剖して、悪疫の抗体でも見つけるつもりか? たった1人の人間から? 私は……私はお医者さんごっこをしているんじゃないぞ! ……ああ! 君は悪疫の恐ろしさを何一つ  


ジョー研究員は焦った様子で私を静止する。

「あぁ、いや……悪かった。人類全員を治すのは……今は良い。今はこの状況をどうにかする事の方が大切だ。あーあれだ。言葉の綾、ってやつだ。」


深い溜め息をつく。
「ふむ……ジョー研究員、言葉には気をつけてくれ。……君から悪疫は感じない。分かったのなら何処かに行ってくれ。……代わりに、出来るだけ人型の被験体を頼む。勿論まともな被験体を。」


「SCP-04……いや、ドクター。お願いだ。このままじゃ世界は終焉に向かうばっかりだ。ドクターをこの部屋から解放する。何も分からなくても良い。財団で……いや、外の世界で何が起こってるのか、調べてきてくれないか? 」


「……困っている人を助けるのが医者の使命だ。」

ジョー研究員は笑顔を見せた。



私は噓を付いた。



医者としての使命に嘘はない。


だが、外に出たかった訳では無い。


ただただ研究員から離れたかった。



私は正義のヒーローではない。
誰かと慣れ合うつもりもない。





「あっ、そうだ」

硬質な場を和ます様に、彼が声を出した。

「外に出るのなら気をつけろ。手をブレードに改造された兵士モドキがうじゃうじゃいるぞ? 」


「なるほど、丁度良いじゃないか。今ならそのブレードを纏った戦闘員共に、お望みどおり幾らでもメスを入れて貰えるぞ。」

ジョー研究員は苦笑いした。




私がドアを  もはや今は機能していないセキュリティ・ロックを通過し、切れ切れの警告灯に照らされた廊下に足を踏み入れた時、彼は片手を挙げかけ、何か言いたげだった。


そんな愚かな研究員を無視し……今にもメスを突き立てたくなるような苛立ちを抑えながら……

私は……何年ぶりだろうか。
目の前には外の景色が……荒廃した景色が広がっている。



私は悪疫を治すため、ここにいる。

私は枯れた街路樹を、荒された繁華街を、半壊のビル群を進んだ。




それから、私は多くの“患者”を治療した。

医者として、悪疫を治すため。
悪疫を治す手がかりのため。
私の治療はこの上なく効果的だ。


まだ、まだ“患者”は沢山存在する。



私はメスを握り直した。



何が起きたのか?





ERROR[[/span]]

The Fireflyer's portal does not exist.


エラー: Fireflyerのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7636440 ( 03 Sep 2021 11:02 )
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License