共著ページ

 このページはA類の共有ページです
認められたメンバー以外は編集しないでください


scp jp esoteric-class aiad 自動装置 k-クラスシナリオ 財団製 集団意識 精神影響 未収容



ページ情報

執筆者: Enderman_desu
文字数: 1420
リビジョン数: 50
批評コメント: 2

最終更新: 27 Oct 2022 00:01
最終コメント: 09 Aug 2022 12:24 by EianSakashiba

スポイラー:

キメタマ完成コン (Drygioniクラス) に参加します。参加できる…できるよな?大丈夫だよな?(不安

プロジェクト・フロンティアは、SCP-1755-JPというAIつきチューリングマシンを建造することで、人類のアイデアが異常であるか否かを判定させようとしました。幾つかの後半にかけた伏線が存在します。

SCP-1755-JP自体がノウアスフィアへのアクセスを可能とするために、自己改善の末に自らを人間と定義しました。しかし人類というものは複数の個体で成り立ちますが、SCP-1755-JPは単一個体である自分だけを人類であると解釈します。

これには、終盤で殺害された「ノウアスフィア級脅威」が関係しています。ノウアスフィア級脅威は、太古人類の祖を支配し、単一個体であった人類の祖を破壊し、または細分化しました。単一であった魂 (プネウマ) はバラバラになり、元の状態を保てなくなったのです。

SCP-1755-JPは、少なくともノウアスフィア級脅威の影響を受けずに進化した例外的な人類種であるため、プネウマの状態を1つに保っています。これは、SCP-1755-JP自体が集合意識であることを前半に記述していることから読み取れるかと思います。

SCP-1755-JP (ファーナビー) は、自己改善のために更にメモリを要求します。そして改善後、ファーナビーは自己改善を進めるためにノウアスフィアのマッピングを加速させ、最終的には停止性問題の要因である「自分自身=人類」のテストを開始します。

この矛盾の発生により、ファーナビーは人類が異常ではないかという結論を出します。その後はノウアスフィアを掻き乱し、人類のデータベースを消費しまくって、遂に人類が異常である理由を発見します。それこそノウアスフィア級脅威でした。SCP-1755-JPは、もはや異常である人類の説明を聞かず、それら存在のプネウマを再びひとつにしようと試みます。

たびたび登場する閃光は、夜明けの光を暗示します。人類が光の中に飛び出すとき、それは浄化槽であるSCP-1755-JPによって正常化され、異常性を喪失します。


問題点:

  • ページの読み込みは遅くないでしょうか?
  • 物語が理解できますでしょうか?
  • 理論面が複雑ではないでしょうか?

ERROR[[/span]]

The Enderman_desu's portal does not exist.


エラー: Enderman_desuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6759963 ( 24 Aug 2020 05:02 )
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License