SCP-XXX-JP - スクリーン7

評価: 0+x
scp-heritage-v3.pngheritage-collection[殿堂入り-jp]heritage-collection-jp[殿堂入り-fr]patrimoine-francais-de-la-fondation-scp[[/iftags]]" style=" max-width: none;"]]
評価: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:「███シネマ」と付近の土地は現在、サイト‐81○○の管轄に置かれています。偶発的侵入を防ぐため、「███シネマ」には立ち入り禁止の張り紙がなされ、常に男性の警備員が二人以上置かれています。また〈スクリーン7〉の扉には鍵が掛けられ、鍵はサイト‐81○○の司令室で保管されています。

説明:SCP-XXX-JPは██県██市にある映画館「███シネマ」の二階にある劇場〈スクリーン7〉です。奥行き約9m、幅約5m、座席数131の劇場で、構造は通常の〈スクリーン7〉と同一のものです。男女一組以外の組み合わせでは〈スクリーン7〉の劇場へ入ることができますが、男女一組の組み合わせで入った場合のみ、対象はSCP-XXX-JPに転送されます。

SCP-XXX-JPは██県██市の███社に勤める社員からの「映画館に行った同僚が帰ってきていない」という通報により発見されました。〈スクリーン7〉内部及び入り口付近の監視カメラの映像を確認したところ、該当の男女一組が入場する様子は確認できましたが、退場する様子は確認されませんでした。通報した社員、及び男女の関係者にはクラスBの記憶処理が施されました。

SCP_XXX_JPへ入ると対象は「映画を見るべきだ」という観念に取りつかれ、何よりも座席に着いて映画を見ることを優先します。座席に着くと、対象はおよそ60分にわたる「男女が出口を求めてSCP-XXX-JPに酷似した空間を延々と彷徨う」映像を見せられます。映像内ではSCP-XXX-Aの存在が確認されています。対象は映像内で恐怖を感じるシーンに対して笑い声を上げるなどの異常な行動を取り、見終えると「面白かった」等の好意的な感情を持ちます。映像を見終えた時点で「映画を見るべきだ」という観念は消失します。以降、扉はSCP-XXX-JPに酷似した空間(以降はSCP-XXX-JP-1と表記)に接続され外へ出る事ができなくなり、外部との一切の交信が不可能になります。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPと酷似した空間ですが、やや老朽化しています。またSCP-XXX-JP-1の扉は「SCP-XXX-JP-1に酷似しているがやや老朽化した空間」SCP-XXX-JP-2に接続されています。以降、扉は「現在いる空間に酷似しているがやや老朽化した空間」であるSCP-XXX-JP-nに接続されています。

補遺:内部調査の様子は文書XXX-JP-1から閲覧することが可能です。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License