シヴァ犬
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: safe
特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8122内に収容されていますが、サイト-8122内で自由に行動することが許可されています。
説明: SCP-XXX-JPは一般的な日本産の柴犬の見た目をしています。しかし、正体はインド神話に存在するシヴァ神もしくはシヴァ神と共通性を持つ何かと推測されています。

SCP-XXX-JPは敵意を持たない人間に対しては非常に好意的な反応を示し、セラピー効果があります。しかし、敵意を持つ人間(SCP-XXX-JP-A)に攻撃された場合、SCP-XXX-JP-Aを破壊し、新たに創造します。なお、この際敵意等はすべて消え、平和的な人物になるとされています。

なお、SCP-XXX-JPと意思疎通を取ることが可能な人物(SCP-XXX-JP-B-1~10)は10人確認されており、財団によって永久雇用されています。

SCP-XXX-JPは、日本の███県███市の一般家庭で飼育されていた所を発見されました。SCP-XXX-JPは当時20年生存しており、あまりにも老化が見られないため不審に思った飼い主によって財団管理の動物病院に連れ込まれた所を収容しました。その後、飼い主にSCP-XXX-JPの代わりとして見た目の変わらない柴犬(SCP-XXX-JP-C)を渡し、異常はないと報告しました。なお、SCP-XXX-JP-Cは二年後に老衰によって死亡しました。

補遺1: SCP-XXX-JPの対応を確認するため実験を行いました。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License