早めの█休み

評価: 0+x

アイテム番号:SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: safe Euclid

SCP%E2%80%90xxx%E2%80%90JP%E3%81%AE2%E6%9E%9A%E7%9B%AE

SCP-xxx-JPの1枚目。次のページから記述は確認していない。

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPはサイト-8295に設立された3m×2m×2,5mの収容室の壁に貼り付けてください。SCP-xxx-JP-2を安静にさせるために収容室にはベッドを設置してください。SCP-xxx-JPを用いた実験は現在O5評議会により凍結されています。

説明: SCP-xxx-JPは、30cm×40cm(厚さ1cm)のカレンダーです。日付が███0年7月31日から始まり、逆行するようになっており、次のページは6月になっています。ページに限りは無く、0年を過ぎると紀元前の表記になります。
SCP-xxx-JPの日付の枠に何らかの記述をすると昏睡状態になり、幻覚世界(以下、SCP-xxx-JP-1)に囚われます。 (以下、SCP-xxx-JP-1に囚われた者をSCP-xxx-JP-2)この囚われは、███0年7月31日を基準とし、1日逆行した時間に記述すると12時間囚われ続けます。SCP-xxx-JP-1の内容は、自身の環境を中心としたもので、一日中休暇を得ています。SCP-xxx-JP-1内では、あらゆる欲が満たされます。

事案-████を避けるため、半年に一度、必ずSCP-xxx-JPを使用してください。

SCP-xxx-JPは、███県[編集済み]の、壁に貼り付けられている所を発見されました。隣人住民の通報により、███県警の捜査が入り、その部屋の住民と思われる[編集済み]が、昏睡状態で発見されました。███県警に潜入しているエージェント████████により財団に報告され、財団の研究下に置かれました。その後の研究によりSCP-xxx-JPの異常性が発見されました。

補遺1: SCP-xxx-JP-1から強制解放する試みは全て失敗しています。

補遺2: SCP-xxx-JP-2は、SCP-xxx-JP-1に囚われている間は一切の栄養を必要としません。

補遺3: SCP-xxx-JP-2は、SCP-xxx-JP-1内での体験を覚えられますが、個人差が確認されています。

実験記録1:200█/██/██

対象:クラスD職員(以下、D-2951)

方法: SCP-xxx-JPの███0年7月25日の欄に記述する。
結果:D-2951はSCP-xxx-JP-2になり、72時間後に起床、その後の検査に異常は見られなかった。
以下は、起床後のD-2951のインタビューの音声記録です。

<記録開始>

████博士: さて、3日ぶりに目が覚めたう上にいろいろ検査されて疲れているところ悪いが質問の時間だ。

D-2951:ああ…なるべく早めに頼む…

████博士: 疲れているのか?

D-2951: いや…わからない…なんというかこう…一言でいうと気持ちな意味でダルい。

████博士: なるほど。(紙をめくる音)診断に問題はないな。

D-2951: あ!あれだ!(大声を上げ、机を強く叩く)

████博士: どうした?何か気になることでも?

D-2951: あれだよ!このダルさは!夏休み明けのダルさだ!

████博士: はあ…それで質問だが、あの中での出来事を覚えているか?こっちの方では3日ほど経っているが。

D-2951: 出来事…うーん…家で見覚えのないゲームをしたり、元カノの[消去済み]と飲みに行ったり、SCP-███-JPと遊んだりしてたな。他にもいろいろ楽しいことをしていたと思う。あまり覚えてはいないけど。楽しい夢だったよ。

████博士: なるほど…まさに休暇だな。

D-2951:あの中で不十分なことは何一つなかった。全部が満たされていたよ。

████博士: ふむ…何か異常性は見られなかったか?

D-2951:いや、特に何も…いや…[数十秒の沈黙]すまない、思い出せない。

████博士: わかった。質問は以上…

D-2951:あ、

████博士: ん?

D-2951:何か変な言葉が常に頭にあったんだ。

████博士: ほう、内容は思い出せるか?

D-2951:[数分の沈黙]えっと、みんなで…[「みんなで…」と、呟きながら数分経過]あ![大声を出す]「一緒に」だ!

████博士: 「みんなで一緒に」か?続きはないか?

D-2951:いや、これ以上は全く思い出せない。ただ、続きはあったと思う。

████博士: ありがとう。じゃあ質問は終わりだ。休憩してくれていい。

補遺4: 201█/██/██現在まで実験に使用したDクラス職員は████人におよび、現在、SCP-xxx-JP-2は███人確認しています。

補遺5: 201█/██/██現在、████博士による、SCP-xxx-JP-1に囚われる時間が30年を超えると予測されている██人のSCP-xxx-JP-2終了要請についてはO5評議会にて審議中です。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License