神の怒り


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: keter safe

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPの周りには円形に有刺鉄線を巡らせてください。また、SCP-XXX-JPの入り口には警備員を二人配置するようにしてください。また、警備の際にはスタンガンを所持してください。民間人が立ち入らないようにしてください。民間人がSCP-XXX-JPに侵入しようとした場合にはスタンガンの使用が許可されます。

説明:SCP-XXX-JPは兵庫県██市のとある草原に位置する、高さ900m、半径20mの黒色の塔です。SCP-XXX-JPは、「違法建築物が立っている」という通報により発見されました。SCP-XXX-JPは固めた土と漆で構成されていることが分かっています。SCP-XXX-JPの下には土が約850kg散乱していました。SCP-XXX-JPにはいくつか崩れた部分があり、全体的に劣化が始まっています。SCP-XXX-JPの内部にはほとんどなにもありませんが、ところどころにいびつな形のシミ(以下SCP-XXX-JP-1)があります。このシミはもともと文章であったという説が有力ですが、何であったかということを現在検証中です。

補遺1:財団の技術によって、SCP-XXX-JP-1はもともと英語の文章であったということがわかりました。内容は以下の通りです。

Do you do the same thing again?

I can't forgive you

Don't come here

補遺2:SCP-XXX-JPは元々、約4000~5000mほどの高さであったと推測されています。理由としては、
SCP-XXX-JPの足元に散らばった土と、新たに見つかったSCP-XXX-JPの資料(以下SCP-XXX-JP-2)です。またSCP-XXX-JP-2より、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-2に書されている文字から、1000年以上前に建設されたことが明らかになりました。以下はSCP-XXX-JP-2に記された解読可能な部分の全容です(現在の言語に直している)。

我々は神に近づく方法を思いついた。今まで神に祈ってばかりだった我々は、ついに会って話ができる
ように成れるのだ。金がかかるのは分かっている。時間がかかるのもわかっている。だが我々は少人数
ではあるが財力はある。神に会うためなら富はいくら使ってもどうとも思わない。明日から建設を開始
するつもりである。

建築はうまく進んでいる。このままではあと二年もすれば我々は神にたどり着くことができるだろう。
建設途中に気付いたことだが、最近土の壁にいびつなシミ1 が浮かんできた。気にすることはないと思っているが、何か心に引っかかっている。

今日、建築作業に取り掛かっていた男の一人が体調を崩してしまった。医者を呼ぶべきだろうがこんな
男一人だけに大事な金は使ってられない。だから私はそのまま作業に取り掛かるように言った。当たり
前だ。あんなただの男一人の命と神に会う価値を天秤にかけて、重いのはどちらかわかるはずだ。

[判別不能]

私の事を極悪人とかいうやつが出てきた。何のせいでそう言われることになったのかは分かっている。
しかし私から言わせれば、神に会う価値を何もわかっていないということに他ならない。そのために建
築を開始したのではなかったか。それで人が死のうと、目標が達成されれば文句はないはずなのだ。

あの男が死んでしまった。私は大変な罵詈雑言を投げられた。知ったことか。私は神に会うことを目的
としているんだ。男一人の命など軽いものだ。なぜそんな罵声を浴びなければならないんだ?

作業を手伝う者が減ってきた。勝手にすればいい。私はこの塔を一人で完成させることも厭わない。や
めるならさっさとやめてくれ。そんな気持ちでやってくれても私としては不快なんだ。

[判別不能]

ついに私一人になってしまった。でも完成させるのだ。私が望むすべてを手に入れるために。私が望む
あの人をに入れるために。このことは誰にも言わないようにしておこう。

もう少しだ。私の願いはようやく完成されるのだ。巨大な土のあの塔は私にとっての希望のかけ橋となるのだ。

[乱雑な線によって判別不能]

[判別不能]

[判別不能]

あれ、私の国の言葉はこんなに聞きづらかっただろうか?

補遺3:SCP-XXX-JPが倒壊した時期と日本で方言が見られた時期がほぼ同時であるということがわかりました。これがSCP-XXX-JPによるものなのかどうかは判明していませんが、この事実には留意するべきです。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License