青春論


アイテム番号 SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス safe

特別収容プロトコル SCP-XXX-JPはサイト-472の低危険度収容ロッカーに収容してください。職員はSCP-XXX-JPをロッカーから取り出すとき肉眼で直視しないように特別な許可がない限り保護メガネを着用するようにしてください。

説明 SCP-XXX-JPは約2cm×2cmの歪んでいる正方形に見えるキューブです。SCP-XXX-JPの異常性は肉眼でSCP-XXX-JPを直視したとき発生します。肉眼でSCP-XXX-JPを直視すると直視した者(SCP-XXX-JP-1)は言語能力や知能を失います。SCP-XXX-JP-1は実験等の予定がない限り終了してください

補遺 SCP-XXX-JPは[データ削除]にサイト-5729にて一枚の手紙とともに出現しました。職員がちょうど居ない時に出現し、監視カメラで出現したことが明らかになりました。
手紙の中には「私の青春論」と書いてある紙が一枚入っていました。手紙から指紋等の個人を特定できる情報を検出しようとしましたが、何も検出されませんでした。現在までSCP-XXX-JPを送りつけたであろう団体や個人は特定出来ていません。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License