旭日旗よ永遠なれ

評価: 0+x
scp-heritage-v3.png
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト8123の専用収容施設の地下室に設置し、日本人と血縁関係が無い外国人8人に6時間交代で施設内を巡回させるようにしてください。
SCP-XXX-JP-Aの発生を防ぐため、日本人および日本人と血縁関係がある職員は専用収容施設に入る事は禁止されています。
SCP-XXX-JP-Aが発生した際には外国人のみで構成された機動部隊う-4(“尊皇攘夷”)によって各フェイズ毎に適切な処置を取ってください。
SCP-XXX-JPを使用した実験はレベル3以上のセキュリティクリアランスを持った職員のみが行う事ができます。

説明: SCP-XXX-JPは重さ10.4 kg、高さ2.5 mの旭日旗1です。
竿部は純度99.36 %の金で構成されており、旗地はどの物質の繊維とも類似していません。
SCP-XXX-JPの竿部には“大日本帝国並ビニ天皇陛下ヨ永遠ナレ”と彫られています。
SCP-XXX-JPは1945年にGHQが陸軍省で複数の日本人死体と共に発見されました。
史料として回収され、20█年に日本に返還される際に異常性が発現された後に財団が収容にあたりました。
その際に財団職員含む██人がSCP-XXX-JP-Aに変化しましたが広範囲におよぶ記憶処理とカバーストーリー“政治家の演説”の適用によって事態は収束しました。
SCP-XXX-JPは自身からおよそ120〜150 m以内にいる日本人および日本人と血縁関係にある人間をSCP-XXX-JP-Aに変化させます。
SCP-XXX-JPを写真、動画、正確な模写等の媒体を通して見た場合も同様の異常性が発生します。
SCP-XXX-JP-Aは進行度によって4つのフェイズに分類されますが共通して非SCP-XXX-JP-Aに対するSCP-XXX-JP-A化、欧米人に対する敵対心を持ちます。

実験記録

SCP-XXX-JP-Aの精神的特性を測るため、エージェント██がD-104648(日本人男性)にインタビューを行いました。
エージェント██: この絵を見てください。何が見えますか?
D-104648: これは…日本の軍の旗じゃなかったか?
エージェント██: わかりました。では話を変えますが、あなたはアメリカ合衆国についてどう思いますか?
D-104648: いきなり変な質問だな…アメリカについて?別にそんな外の国の事なんて言われても何も感じないさ。…いや待て、なんか嫌な気分だな…?
エージェント██: 嫌な気分、とはどのような事でしょうか?
D-104648: どのような…?[5秒間の沈黙]詳しい理由なんて無いがアメリカとか、あとイギリスとかあそこの…欧米諸国って言うんだっけか?なんかイラつくと言うか……前に浮気した彼女と憎たらしい男を殺す前のあの怒りに身を任せたくなる衝動にかられるのに似た感じがするんだ。
エージェント██: 調査に協力していただきありがとうございます。
[音声データ終了]

D-104648はSCP-XXX-JP-Aのフェイズ1に移行したようです。

5時間後に行われたエージェント██とD-104648との対談。

D-104648: 今度は何を見せるつもりだ?今俺はあの忌々しいアメリカとイギリスの事でイライラしてんだ。研究員か博士か知らんがあんまり俺に話しかけないでくれないか?
エージェント██: 今回は天皇直々からのご伝達を頂きました。
D-104648: 今“天皇”って言ったな?おい、神の子孫であられる尊き天皇陛下に対してその呼び方は何だ!
エージェント██: 申し訳ございません。浅はかな言動でした。
D-104648: まあいい…で、天皇陛下から受け賜ったご伝達とはなんだ?
エージェント██: はい。その忌々しき鬼畜米英を殲滅する為の手段として[編集済み]を導入する事をご決断なされまして、その貴き生贄としてあなたが選ばれました。
D-104648: …そうか。[10秒間の沈黙]分かった。天皇陛下の直々の命令なら私は喜んでそれを全うしよう!それで、私はどうすればいい?
エージェント██: この拳銃で自分の頭を撃つだけです。
D-104648: 分かった。天皇陛下万歳!!!!

D-104648は躊躇なく自分の頭をクラスA記憶処理を導入した麻酔銃で撃ちました。
SCP-XXX-JP-Aはいかなる行動や論理的に破綻した部分が見られる理不尽な命令に対しても天皇や日本の為だと認識すれば進んで行動するようです。



SCP-XXX-JPは発見時、陸軍省の[編集済み]の極秘資料管理室にて1█人の殴打による他殺と思われる遺体と1人の薬物投与による自殺と思われる遺体と共に発見されました。
その際にGHQの職員が自殺体が握っている遺書を発見し、回収しました。



補遺1: SCP-XXX-JPは当初異常性の解明が難航したためKeterに分類されていましたが、複数回にわたる実験により異常性の詳細が解明されたため、Euclidに再分類されました。

補遺2: SCP-XXX-JPの異常性が解明されてから、SCP-XXX-JPをアメリカ本部に移送する案が出ましたが、移送中の収容違反のリスクの大きさにより、却下されました。

補遺3: GHQの資料を回収した際に、SCP-XXX-JPと共に発見された遺書の書き手と思われる自殺体には、6つの旭日旗の刺青が存在していた事が判明しました。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License