dyingcicadaのサンドボックスポータル
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号:SCP-3000-JP

オブジェクトクラス:Thaumiel

特別収容プロトコル:SCP-3000-JPの全情報は,サイト-001のLevel5機密情報収容ロッカー3000内の財団製OSを搭載したパソコン(SCP-3000-JP-a)内に保管されます。SCP-3000-JPの全情報の開示は,LK-クラス以外のk-クラスシナリオ発生の確率が55%を超えた場合に限ります。情報の開示時,各職員の端末へSCP-3000-JP-aから通知が届き,サイト-001への集合命令が発令されます。この情報の開示はO5評議会員,Level5/3000-JP権限を持つ財団職員,倫理委員会のみに制限されますが,上記のk-クラスシナリオが発生した場合,SCP-3000-JPの全情報は全ての財団サイトのサイト管理官へ送信され,オペレーション:スターシグナルズを発動し,O5評議会,サイト管理官主導のもと行います。その後k-クラスシナリオが終息した場合,特別収容プロトコルに則り,SCP-3000-JPの情報を知った職員への記憶処理を実行します。
SCP-3000-JP-1に指定されているエリアにはGoI-005"第五教会"の元構成員と複数名のDクラス職員による有効性のある儀式1を5ヶ月毎に行います。この儀式に関わる人員にはカバーストーリー"別SCPの収容プロトコル"を適用してください。
SCP-3000-JP-2345の収容は未達成です。SCP-3000-JPに関わる人員は早急にSCP-3000-JP-2345を確保してください。
SCP-3000-JPのことで有効な追加情報がある場合は,情報の開示時に当文書の編集を行なってください。

説明:SCP-3000-JPはSCP-3000-JP,SCP-3000-JP-1,SCP-3000-JP-2345を構成要素に含みます。

SCP-3000-JPは財団製OSが搭載されたパソコン(SCP-3000-JP-a)内のデータ2です。SCP-3000-JP-aは2055/5/5突如サイト-001のLevel5機密情報収容ロッカー3000の前に出現したことを切っ掛けに,そして,SCP-3000-JPの内容がLevel5機密の情報を含んでいることから,アイテム番号SCP-3000-JPのSCiPとして,財団に収容されました。

SCP-3000-JP-1はサイト-001から北へ約55kmに位置する正円状の異常領域3です。SCP-3000-JP-1内で"儀式"4を行うと,SCP-3000-JP-1外で行われた儀式に比べ,約55倍の成功確率と約55倍の効力,成果が得られることが実験と聴取により判明しています。SCP-3000-JP-1はSCP-3000-JPの発見により所在が判明したことにより,財団へ収容されました。当領域でGoI-005が高頻度5で集会や儀式を行なっていたとのことにも関わらず,財団が感知出来なかったことからなんらかの反ミーム的SCiPが関わっていたと推測されます。

SCP-3000-JP-2345は不定形の実体です。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License