Syun1228のサンドボックスポータル


犬で目の前にいる対象(単体ではなく多くをまとめたグループの場合もある)の欠けているもの、足りないもの(物質でも概念的なものでも)を破壊不能な犬小屋の中に入って亜空間を作り出して取り出してくれる。
しかし、それは過度な量になっている。ex(風邪のEクラス職員に対して犬の異常性を発現させてみるとEクラス職員の筋肉は異常に発達し、血圧は上がり、数分経つとEクラス職員は酸欠により行動不能になってしまった。
対象を単体と誤認していた財団は財団職員を実験させた。
犬は財団職員全員に倫理観を過度な量付与してしまったためEクラス職員を除く職員たちはEクラス職員に対する非人道的な実験ができなくなってしまった。
さらに、人型オブジェクトや意思疎通の可能なオブジェクトに対しての無理な収容、ダメージを与えるような実験ができなくなり、Eクラス職員の脱出防止のシステムも停止してEクラス職員は自由に行動ができるようになった。
暴動が起きてしまい、このままではketerなどの危険なオブジェクトたちがEクラス職員たちの手によって解放されてしまい、大規模収容違反が起きてしまう。
その中、ちょうど犬の実験をしていたEクラス職員は事態を冷静に分析して、今なら逃げることができることを理解していた。
そこで逃げようとしているところで犬の異常性が発言して、犬はそのEクラス職員に対して過剰なまでの正義感を付与した。
そこでEクラス職員は泣く泣く犬の首に手をかけ泣きながら犬の首を180度回して殺した。
犬の異常性はなくなり、財団はギリギリのところで大規模収容違反を免れた。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License