seventhmagnitudestarのサンドボックスポータル


君はずっと七等星

Safe

特別収容プロトコル
 SCP〇〇はサイト〇〇内にある施設によって隔絶してください。
 1週間に一度、研究員をSCP〇〇と会話をさせて下さい。会話をした研究員にはSCP〇〇の記憶に対しての記憶処理を行なって下さい。
 また、日常的にSCP〇〇と会話をする職員にも同様の記憶処理を行なって下さい。
 SCP〇〇についての会話は全て電子媒体によるやりとりにして下さい。
 SCP〇〇を担当する財団職員はSCP〇〇との1度の接触ごとに交代してください。その際、担当を終えた財団職員には記憶処理を行ってください。また、SCP〇〇に関連する電子媒体を全て引き渡してください。
説明
 SCP〇〇は◼️◼️県◼️◼️市にで発覚された一般的な少女の見た目をしたオブジェクトです。SCP〇〇の異常性は2014年8月30日に発覚し、後日収容されました。
 SCP〇〇に関する用紙媒体が執筆、印刷されると、用紙媒体は消滅します。
 SCP〇〇と会話をした人物は異なる反応を現しますが、現在確認されているパターンは二通りです。
 SCP〇〇と会話した人物はSCP〇〇についての記憶が薄れていき、7日後には完全に消失します。しかし、現在この反応は確認されていません。
 SCP〇〇と会話した人物はSCP〇〇への興味、関心、好奇心などの欲求が上昇し、7日後には自我を保つ事が不可能になります。

以下はDクラス職員によって行われた実験の手順です。

 Dクラス職員とSCP〇〇を接触させます。Dクラス職員にはICレコーダーを持参させ、会話の内容を保存します。
 その後のDクラス職員の反応を電子媒体に記録し、Dクラス職員には後日から1日に1度、検査及び聴取を行います。

記録
 以下は2015年1月6日に行われたSCP〇〇とエージェント鳥羽の会話内容を、電子媒体により記録したものです。

エージェント鳥羽「やぁ、こんにちはあなたの名前は?」
SCP〇〇「名前なんて言ったって意味ないでしょう。誰にも覚えられたこともないのに」
エージェント鳥羽「でも、名前がわからないと困るだろう?話しかける時とか」
SCP〇〇「じゃあ、あなたが決めれば良いでしょ」
エージェント鳥羽「私がかい?」
SCP〇〇「ええ。」
エージェント鳥羽「生憎私は独身でね。人の名前なんて考えたことはないんだよ。(笑い声)そうだね。じゃあ『雪』なんてどうだい?」
SCP〇〇「それでいいわ」
エージェント鳥羽「インタビューを受けるのは初めてだっけ?よろしく」
中略

エージェント鳥羽「えっと、雪がここに来る前に、何があったかを教えてもらえるかな」
SCP〇〇「教えたってみんな忘れちゃうの。たったの1週間会わないだけで全部。みんな猫みたい」
エージェント鳥羽「それじゃあ、質問を分けるから、それに対して答えていって。簡単で良いから」
SCP〇〇「わかった」
エージェント鳥羽「雪の年齢は?」
SCP〇〇「10さい」
エージェント鳥羽「両親は?」
SCP〇〇「いると思う。でも忘れられちゃった」
エージェント鳥羽「知り合いは?雪の友達とか」
SCP〇〇「元々少なかったけど、今はもういない。」
エージェント鳥羽「忘れられちゃった?」
SCP〇〇「うん。夏休みの登校日に学校にいったら、みんな私の事覚えてないって。出席簿にも書いてないって。そのあと警察に保護されて、ここにきた」
エージェント鳥羽「今回、急に話してくれるようになったのはなんで?」
SCP〇〇「ここに来てからもう何ヶ月も経つし、飽きちゃって」
エージェント鳥羽「いつからみんなに忘れられちゃうようになった?」
SCP〇〇「おとうさんとおかあさんに、忘れられてから」
エージェント鳥羽「オーケー。ありがとう」
SCP〇〇「あなたは私の事、忘れないでね」
終了。
 エージェント鳥羽は過去の事例とは異なり、SCP〇〇に対する興味、関心、好奇心を向上させる傾向にあり、7日後にはエージェント鳥羽の理性は崩壊し、記憶処理が行われた。

以下はDクラス職員による実験の記録です。

2014年9月23日
SCP〇〇とDクラス職員を接触させ、会話させる。Dクラス職員は7日後の9月30日にはSCP〇〇に対する記憶を完全に失った。

2014年10月5日
SCP〇〇とDクラス職員を接触させ、会話させる。Dクラス職員は7日後の10月12日にはSCP〇〇に対する記憶を完全に失った。

2015年2月9日
SCP〇〇とDクラス職員を接触させ、会話させる。
Dクラス職員はSCP〇〇への興味、関心、好奇心を向上させる。

以下は2015年2月15日に行われたDクラス職員への聴取の内容である。担当エージェント:東雲

エージェント東雲「ハロー」
Dクラス職員「こんにちは」
エージェント東雲「最近どう?」
Dクラス職員「そんなことより彼女に合わせてくれ。彼女は僕に会いたがってる。わかるだろ?」

補遺1
SCP〇〇の両親は2014年8月24日に交通事故で亡くなっており、異常性が見られたのはその後からだと思われる。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License