異世界からの訪問者たち


これは、SCP財団における奇跡的なめぐりあわせを中心とした記事群である。

目次

人事ファイル

参月 朱里(みつき あかり)

ピンク髪をした女性で、通常の人間とかけ離れた高い身体能力を有しています。
常にダチョウのそれと同程度の大きさの卵を携帯しており、その卵は食することでありとあらゆる身体的損傷を回復する能力を持ちます。
SCP財団によって彼女の所持する卵は当初オブジェクトとして収容されたものの、強い貢献意欲が認められたため例外的にエージェントおよび医療スタッフとしての身分が与えられ活動を行っています。
しかしながら、カルテの種類を間違えるなどのケアレスミスが時折発生しているため、ミスを取り返せるようカルテを電子化して種類をその場で選択できるようにするなどの対策が取られています。
また、一時給仕の仕事を行おうとしたことがあり、その際には料理の腕前が非常に低いことが判明しています。

彼女の持つオブジェクトの収容時のインタビューにて、以下のことが判明しています。

・自分たちはもともとこのような姿ではなく、多種多様な姿をとっていた。
・自分たちの住んでいた世界のパワースポットが暴走し、徐々に私達は人間の姿へ変化するようになった
・なぜか急に人型になって、まあいいかと人間と共存していたけど、突然人間たちが全滅して、かつて人間たちが私たちに模擬戦させていたようなことを、今度は私たちが人間に頼らないようにルールを変えてやっていた
・前の世界では医師としてこちらにおける医療センターのような場所で働いていた。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License