zekemore1864のサンドボックスポータル


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8110の鍵付きの低危険度物品収容ロッカーの中に乾燥剤と共に収容されています。SCP-XXXX-JPを用いた実験は凍結されています。██博士の強い要望により、実験が許可されました。セキュリティクリアランス3以上の職員一名以上の許可を得たうえで、暴露者はDクラス職員のみに限定してください。
SCP-XXXX-JPに暴露した人は便宜上SCP-XXXX-JP-1、動物はSCP-XXXX-JP-2、その他無生物の場合はSCP-XXXX-JP-3と呼称されます。実験終了後、SCP-XXXX-JP-1に対して、終了するまで監視の目を緩めないでください。24時間、最低1人以上の研究員が彼に直接声を掛けられる距離で観察を継続してください。
SCP-XXXX-JP-1の手には、コミュニケーションをとるためのシグナルシステムが埋め込まれます。
また、SCP-1212-JP-1が素早く状況をまとめるためにメモ用紙とボールペン、そしてSCP-1212-JP-1の傍にはタイプ用のPCが設置されます。

説明SCP-XXXX-JPは普遍的な藍色の折り畳み傘です。フックに引っ掛けるためと見られる輪形の紐が取り付けられています。経年劣化や損傷はそれ相応のものです。外見や構造について特筆すべきことはありません。やや小さめのきわめて一般的な折り畳み傘です。
SCP-XXXX-JPの異常性は人、若しくは腕を持つ生物、人工的に創られたアームを操作できるロボットが、傘を手に持った状態で、SCP-XXXX-JPが雨水に触れた直後に発生します。
海水などの雨水以外の水では異常性は確認されていません。
しかし、雨水由来の地下水や川の水に触れると異常性が確認されました。
SCP-XXXX-JPが雨水に触れた直後、SCP-XXXX-JP-1は雨及び雨水を知覚できなくなる認識災害を引き起こします。
SCP-1212-JP-1は如何なる手段を講じても雨及び雨による影響を認識することは出来ません。
██博士が実験のために用意した天気予報を伝える垂直二足歩行可能なロボット「ひまわりちゃん」を暴露させた場合、天気予報で雨、若しくは雪の予報を立てることが出来なくなりました。
SCP-1212-JPは███川の氾濫によって洪水が発生したことがきっかけで発見されました。███川の氾濫によって3名の方が無くなりましたが、その内の1名、30代男性の様子を不審に思ったエージェント・舟木が調査しました。
その様子は、記録によれば降水量は毎時120mmを超えていたのにも拘らず、堤防の上のジョギングコースにてジョギングを行っており(朝のジョギングは彼の日課だった)、決壊した堤防に達して墜落。そのまま流され、死亡しました。しかしその間、彼は流されながらも溺れているような様子はなく、不自然な動きをしていたという証言がいくつかされ、エージェント・舟木もその奇怪な行動を目撃しています。エージェント・舟木は鞄の中に入っていたSCP-1212-JPを回収することに成功しました。彼の妻及び二人の息子は、SCP-1212-JPの存在を知りませんでした。彼の家族及び目撃者に対して、それぞれに適切なカバーストーリーが流布されました。恐らく、彼はSCP-1212-JPに暴露し、SCP-1212-JP-1となり、激流の中を走っていたと思われます。彼がSCP-XXXX-JPを所有するにあたった経緯は未だに特定されていません。また、調査に当たったエージェント・舟木も暴露してしまい、SCP-1212-JP-1になりました。

実験記録XXXX-JP-6 - 20██/██/██

対象: D-19043
実施方法: SCP-XXXX-JPを所持した状態で、サイト-8110第三中庭を██博士同行の元、あらかじめ決められたルートに従って歩かせた。また、██博士とその助手にはSCP-XXXX-JPに触れることのないように厳重な注意が促されている。
結果: 対象は傘を開いた直後から雨を認知できなくなった。また、対象の服は濡れていたことや、雨の音も知覚できなかった。
レポート: この実験によって、振ってくる雨だけではなく、降った後の雨に関しても同様に認識できなくなることが確認された。エージェント・舟木の場合と比べるとほぼ同一の初期症状である。また、私の想像以上に認識災害の被害が拡大していっている。

その後、D-10943はシャワーに行くことを促されましたが、「断水したのか」と苦情を寄せました。彼が言うには、いくら蛇口を捻っても水が出ないと言いますが、██博士は普通に使用可能であり、断水はしていませんでした。同様に他の職員も確認しましたが、評価は██博士と変わりませんでした。その日はD-10943はシャワーを浴びることなく就寝しましたが、トイレが流れない、蛇口から水が出ない、といった苦情を財団職員に述べました。

インタビュー記録SCP-XXXX-JP-26 - 20██/██/██

対象: D-10943
インタビュアー: ██博士
<記録開始>
██博士: まあ、昨夜はご苦労だった。座り給え
D-10843: はあ。(着席する)

(しばらく無言の時間が続く)

D-10943: これは(テーブルの上にあるまだ温かい食事、特に玄米を指差している)
██博士: 君の朝食だよ。これから実験がある。時間も惜しいから食べながら昨夜の実験後の話について詳しく聞きたくてね
D-10943: (暫く目を見開く)いくら俺が[編集済み]1だったからって、流石にこれはないんじゃないか? 少なくとも、今まではこんなことなかったぞ。
██博士: 詳しく説明を求める
D-10943: 俺の朝食はこの硬そうな米が主食ってことか?
██博士: つまり、君はこの玄米ご飯が炊飯されていないように見えるというのかね?
D-10943: (無言で頷く)

レポート:この問答によって、半日も経たずして雨水によって加工されたものも漏れなく認識出来ないことが分かった。但し、認識できなかったのは雨水を用いた加工過程による変化そのものであった。提供された玄米は一般に販売されている██県産の玄米であり、調査の結果、雨水を使用していることが分かった。本来ならば、雨水を認識できないならば、それによって育成された玄米さえ認識できないはずだが、まだそのときではないのだろうか。となれば、エージェント・舟木は早期から食事が影響を受けていたが、これほど早いとは……さらなる調査が必要だ。


実験記録XXXX-JP-7 - 20██/██/██

対象: D-10943

実施方法: 液体の入っているコップを見せた。それぞれ、雨水、雨水から加工した精製水、井戸水、湧水、市販されている天然水2、海水、海水淡水化した真水、水素と酸素の燃焼反応によって生じた水、水銀である。

結果: 以下の通りである。
雨水 知覚不可能
雨水から加工した精製水 知覚不可能
井戸水 知覚可能
湧水 知覚可能
市販されている天然水 知覚不可能3
海水 知覚可能4
海水淡水化した真水 知覚可能5
水素と酸素の燃焼反応によって生じた水 知覚可能
水銀 知覚可能

レポート: 恐らく、海水には雨水が混合していたのだろう。海水の部分だけ認識できて、混合していた雨水を認識できず、結果的に予定より少ない量しか確認できなかったのだと考えられる。対象の精神衛生を鑑みて、これからは対象に対して、海水淡水化した真水を与えるべきである。

実験記録XXXX-JP-7 - 20██/██/██

対象: D-10943

実施方法: 雨水を加工した飲料水を飲ませ続け、その経過を観察した。

結果: D-10943はコップの中の飲料水を認識できなかったが、無理やり飲み込み続けた。2Lに達するまで飲み続けた結果、D-10943は眩暈などの水中毒の症状を訴え始め、実験は中断された。

レポート: 死ぬまで水を飲み続けるのではないだろうかとひやひやしたが、水中毒の症状を訴えてよかった。どうやら体は水を認識しているようである。

実験記録XXXX-JP-7 - 20██/██/██

対象: D-10943

実施方法: 雨水から加工された摂氏0℃の氷水にD-10943の腕を突っ込ませた。

付記: D-10943に対して認知テストを行ったがD-10943はビーカーの中の冷水を認識できなかったが、常温状態であるにも関わらず結露しているビーカーに驚いていた。

結果: しばらくするとD-10943の手は凍傷の兆候を見せ始め、D-10043が激しい痛みを訴えたため、実験は中止となった。

レポート: 実験記録XXXX-JP-7の結果を踏まえれば予想通りの結果だ。たとえ雨水を知覚できなくとも、体には直接的な影響を及ぼしている。この影響によって、水が飲めなくなることによる脱水症状による終了は、SCP-XXXX-JP-1が延命を拒まない限り、あり得ないだろう。

インタビュー記録SCP-XXXX-JP-26 - 20██/██/██

対象: D-10943
インタビュアー: ██博士
<記録開始>
██博士: 昨日は立て続けの実験、本当に感謝する。凍傷は大丈夫か?

D-10943: ああ、腫れはかなり引いてきている。まだ少し麻痺しているが、日常生活に支障はない。にしたって、あのビーカーはどういう異常性なんだ? 中に入れた物を冷やしたりするのか?

██博士: その質問には答えられません。今後、我々に答える意思はないことを覚えておいてください。

D-10943: はいはい。

██博士: よろしい。では、何か新しく気付いたことはあるかね?

D-10943: (沈黙)

██博士: これはあくまで定期的なインタビューである。形式的なものだ。特にこれと言ったものがなければそれで今日の君の仕事は終わりだ(席を立とうとする)

D-10943: ……ここは████6だったよな?

██博士: ええ、そうだが?

D-10943: 俺の知る限り、ここは砂漠ではなかったと思うのだが……博士としてはどう思う

██博士: (沈黙)
レポート: 後の調査で、D-10943は地上に含まれる水分のほとんどを認識できなくなった。結果、サイト内の地上が干からびた大地のように見える認識災害が発生していることが新たに分かった。このまま異常性が進行するのであれば、█日もしないうちにありとあらゆる水を認識できなくなるだろう。そこに例外があるという考えは早急に消去しなくてはならない。

    • _

    ███川氾濫の際の異常性を調査していたエージェント・舟木が同様の異常性に暴露したことを報告しました。その内容は、水を認識できなくなるというものでした。下記はエージェント・舟木に対するインタビュー記録及び実験記録です。

      • _

      対象: エージェント・舟木

      インタビュアー: ██研究員

      <記録開始>

      ██研究員: では、あなたの主張する異常性、及びそれが財団に発見されるまでの経緯についての報告していただきたい、エージェント・舟木。いや、SCP-XXXX-JP-1。

      エージェント・舟木: はい。私は███川氾濫の犠牲者の一人の遺品の中の折り畳み傘に触れた際、雨が認識できなくなるという異常性に暴露しました。当初はその異常性に気付くことはなく、偶々、ちょうど良いタイミングで雨がやんだとばかり思っていました。ですが、自宅だけではなく、サイト-8110内で断水していること、そして、他の職員はそれを感じていなかったことから、異常性を報告しました。

      ██研究員: なるほど、因みに、SCP-XXXX-JPを何らかの操作をしたりしましたか?

      エージェント・舟木: いいえ、何もしていません。回収するために触れただけです。勿論、その時は布手袋を装着していました。

      ██研究員: 直接触れていないのにも拘らず、SCP-XXXX-JPの異常性に暴露したという事ですね。

      エージェント・舟木: おっしゃる通りです。まったく、エージェント失格ですね。迂闊でした。

      ██研究員: 今のところ、ミーム汚染は確認されていませんが、可能性は拭えていません。これからあなたは目下作成中であるSCP-XXXX-JPの特別収容プロトコルにSCP-XXXX-JP-1として組み込まれることになるでしょう。そのことは覚悟してもらいます。宜しいですか。

      エージェント・舟木: ああ、暴露に気付いた時から覚悟はしている。……だけど……

      ██研究員: どうしましたか?

      エージェント・舟木: このSCP-XXXX-JPの研究には██7も参加してほしい。出来れば主任で、それがだめでも研究助手として参加してほしいんだ。

      ██研究員: SCP-XXXX-JP-1、このインタビューは公式の記録であり、財団によって保存されます。個人情報を話すようなことは慎んでください。

      エージェント・舟木: 済まない██研究員。それで、どうなんだ。

      ██研究員: 忌憚なき意見を述べるならば、私は上級研究員ではないため、主任は無理でしょう。ですが、助手程度なら……掛け合ってみますが、公算は低いと思いますよ?

      その後、██研究員の熱意に押される形で█上級研究員は彼を助手としてSCP-XXXX-JPの研究に招きました。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License