SCP-474 深き煙の闇

SCP-474 深き煙の闇
クラス:Euclid
SCP-474は人型のSCPで、身体は煙になっており、鉄製の高密度な部屋に収容されています。不気味な仮面と縦に長い麦わら帽子を被っており、普段は大人しく、人間と言語での会話ができます。ですが、短気な性格ということもあり、少しでも気に触ることを言ったら直ちに攻撃を仕掛け、一瞬で相手の細胞を全て破壊します。さらに、SCP-474は太陽のおよそ158万倍もののパワーを凝縮させた光線を放つことができ、この能力で、敵を一瞬で撲滅します。さらに、SCP-474は死の概念すらなく、攻撃は全てSCP-474を透き通ります。SCP-682の終了実験では、細胞破壊は使わず、光線だけを使いました。その結果、SCP-474はSCP-682を一撃で97%損失させましたが、SCP-682を終了させることはできませんでした。SCP-096を使ったSCP-474の終了実験では、やはりSCP-474は細胞破壊を使わず、光線でSCP-096の胴を真っ二つに割り、SCP-096は身動きが取れないまま泣いていました。このことから財団はSCP-474が全力で攻撃したらSCP-682を破壊することができるのではと推測し、SCP-474に細胞破壊を使うよう命じたところ、SCP-474は断固拒否し、D-クラス職員がSCP-474に細胞破壊を強制させようとしたところ、SCP-474はD-クラス職員の細胞を破壊し、血の海にさせました。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License