Eiki Azのサンドボックスポータル


アイテム番号:SCP-XXX-JP
オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPが設置されている部屋は常時明るい状態にし、SCP-XXX-JPが設置されている建物を"老朽化した建物"というカバーストーリーの下、入り口のシャッターは常時おろして封鎖してください。

担当職員は常時入り口を監視して、部外者が侵入をした場合、必ず退去させてください。

説明:SCP-XXX-JPは1979年に██県██市に建てられた5階建ての██ビルの4階の窓の無い部屋に設置された、一般的な火災報知器と同一の外見を持つオブジェクトです。

SCP-XXX-JPは周囲が明るい状態である時は、通常の火災報知器と同じ機能をもっており、特異性は確認されませんでした。

しかし、周囲にSCP-XXX-JPが発している赤色以外の光が存在しない時に、その光を見るとその特異性が発揮します。
SCP-XXX-JPが発する赤色の光を視認した人物(以下被験者)はパニック障害や恐怖症等のとても強い精神障害を発症し、一刻も早くその空間から明るい空間へと逃亡を図ろうとします。
曝露された被験者が明るい空間にたどり着くと、そこには自殺をするための道具(以下SCP-XXX-jp-1)が必ず設置されており、これに対し精神障害を発症している被験者は必ず自殺しようとします。

現在、被験者が明るい空間に意識を持った状態で出た時、被験者は必ずSCP-XXX-jp-1を使い自殺を成功させる事が確認されています。
しかし、意識を持っていない状態で明るい空間に出たD-XXX-6~D-XXX-10においては、SCP-XXX-jp-1が発生せず、その後は軽い精神障害が続くだけで自殺衝動は発現しないようです。

また、D-XXX-6~D-XXX-10はいずれも実験以降、赤色の光に嫌悪感を抱いており、記憶処理を行ってもそれらに対する嫌悪感は続きます。D-XXX-8はSCP-5366-jpを『神の警告』と主張しています。しかし、D-XXX-8は熱心なキリスト教徒なので、今のところは信憑性は低いです。—

補遺1:20██年█月██日██ビルで男性の首吊り自殺が発生しました。
その件の捜査を行っていた██警部補が同所で拳銃自殺をする事件が発生、警察機関に潜入していたエージェントが報告し、SCP-XXX-jpの異常性が確認されました。

補遺2:SCP-XXX-jp-1は現在9個確認されています。それらに異常性は確認されなかった為、サイト81██の低危険度物品収容倉庫に保管されています。

補遺3:SCP-XXX-jpの担当をしていた岩畑研究員が2017年██月██日██研究所で警備員のミスにより自殺してしまった事案が発生しました。岩畑研究員は夜間に一人残り映像記録XXX-jp-02を視聴し、研究していたものと思われます。

インタビューログXXX-jp-1日付2017年/██/██
対象:警備員

インタビュアー:海老根研究員

付記:このインタビューは岩畑研究員の自殺から2日後に行われたものです。

<録音開始>

海老根研究員:あなたがその日の勤務中に行った事をできるだけ詳しく教えてください。

警備員: はい。私の仕事は夜の巡回と施設の消し忘れている電気の消灯でして…結構消し忘れが多いんですよ。だからあの日もいつもと同じ様に電気を消してから中の確認っていう作業をしていました。

海老根研究員:それで岩畑研究員がいた部屋の電気を彼がまだいると気づかずにけしたんですね?

警備員:はい。

海老根研究員:その後の岩畑研究員の様子を教えてください。

警備員:消してから彼の存在に気づいて…彼も私に気づいたんでしょう。私の方向に駆け寄ってき…いや、私がもっていた懐中電灯の光に向かって来たという方が正しいのでしょうか。
彼の顔を見るとひどく何かに怯えているようでした。私の質問にも答えず、[編集済]や[編集済]等小さな声でぶつぶつ言っていました。
私はとりあえず部屋の電気をつけて話を聞こうと思ったんですが、電気をつけた瞬間彼は窓から身をのり出して…うっ…[口を押さえる]

海老根研究員:大丈夫ですか?一時中断しましょうか?

警備員:いや、大丈夫です。

海老根研究員:それはよかった。それで、それ以外に周囲で何か異変は起こりませんでしたか?

警備員:異変、ですか?特には…あっそういえば

海老根研究員:どうしました?

警備員:彼が飛び降りた窓は、見回り点検をしていた時には閉まっているのをしっかり確認したんですが…
彼が飛び降りた時には開いていたんです!誰も開けてなかったのに!

海老根研究員:わかりました。これでインタビューを終了します。

<録音終了>

終了報告書: 懐中電灯程度の光ではSCP-XXX-jp-1は出現しないと思われます。そして、このような事故を無くすために、今後はSCP-XXX-jpを映像記録に映らないようにするべきでしょう。以上。-海老根研究員



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License