Yukkoの砂浜


案1 ただ一通の意思を運ぶ為だけの機械

アイテム番号: SCP-XXXX-jp

オブジェクトクラス: safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-jpは、部品を取り外した状態で標準非生物オブジェクト収容ロッカーに保管して下さい。その他のSCP-XXXX-jpを構成していた部品群は技術部門により保管されています。
もし収容違反が発生した際は即座にSCP-XXXX-jpを持ち上げるなどしてタイヤを接地させない様にして下さい。SCP-XXXX-jpを待ち上げる際は、丁重に扱って下さい。もし脱走、実験の際に視認した場合、必要であれば記憶処理をしても構いません。

説明: SCP-XXXX-jpは四輪タイヤの付いたダイヤモンド製の箱です。大きさはミニ四駆程度で、箱、タイヤ共に防火、耐圧対策、箱に対しては更に表面にフッ素加工が施されています。SCP-XXXX-jpはSCP-XXXX-jp内部に内蔵された、いずれもこれまでにない型のペルチェ素子、ソーラーパネル、リチウムイオン電池によって半永久的に走行する事が可能です。これらタイヤを含む部品群は取り外しが可能であり、各部品には確認される異常性がありませんでした。ですが、これらの制作に用いられている技術の特殊性から、技術部門での技術の有効利用を試みています。
発見当時、SCP-XXXX-jpの箱内部は、真空状態で保たれていました。箱内部には、一通の英語で書かれた手紙、及び日記に近い物であると推測される冊子、厚さ数ミリの小瓶型の鉄板に内包されたウラン238 (U-238)を40%程含有する石があり、これら三つには確認される異常性がありませんんでした。SCP-XXXX-jpは日記の内容とウラン238 (U-238)の状態から、少なからず█████████年以上前の物だと予測されます。
SCP-XXXX-jpは、北海道の函館市に於いて走行中の所、その場に居合わせたエージェントが「不安にさせる精神影響を引き起こす箱」として確保する事により収容されました。
SCP-XXXX-jpは、複数回の実験と脱走記録により、その異常性が明らかとなっています。詳しくはインシデント記録と実験記録を参照して下さい。

補遺1: SCP-XXXX-jpが確保され、輸送されるまでの間、SCP-XXXX-jpを囲むことによって走行不可能な状態にしました。ですが、特殊な走行法1でそれを回避し、脱走するというインシデントが発生しました。これについては、タイヤ部を接地させないことにより未然に防ぐ事が可能だという事が判明しています。

補遺2: SCP-XXXX-jpを使用した実験記録です。当実験記録はその中でもより結果が顕著に現れた物を抜粋しています。現在も実験による使用は可能ですが、実際に走行させるのは危険性を鑑み、禁止されています。

補遺3: SCP-XXXX-jp内部にあった日記の内容です。SCP-XXXX-jpに関連性のある可能性が高い部分を抜粋、翻訳しています。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License