SCP-XXXX-JP


アイテム番号:SCP-1151-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1151-JPは全身黒ずくめの服を着ている人間型のSCPで、1998年に収容されました。顔にはうっすらと頭蓋骨のようなものが見えます。腕や手、足、等は黒い服で覆いつくされていて見えません。皮膚、筋肉、眼球、脳、内臓等の組織は確認されていません。このSCPは10×10×10mの独房に収容してください。この独房の0.3㎞以内にいかなる生命体も近づけてはいけません。
もし脱走をしようとした場合、直ちに半径0.3㎞より外側からアンチマテリアルライフルを持った戦闘員によって無力化をしてください。もしそれでも無力化できない場合、この施設と全ての職員を犠牲にして大規模な空爆を行って下さい。その際、一刻の猶予もない為、一切の職員救出作戦も行ってはいけません。

説明: SCP-1151-JPは人型のSCPとそれを無力化するための「鎖」によって構成されています。鎖は6本あり、首、両腕、両足、胴体に巻き付けられています。鎖につながれているときはおとなしいですが、生命体が半径0.3㎞以内に入ると、興奮状態となり、鎖を破壊して、範囲内にいる生命体に狙いを定め,異空間から取り出した紫色のオーラを放つ鎌を使い、目標を殺しに行きます。この時の時速は5~200㎞程です。この際、SCP-1151-JPを止める方法はもう一度鎖につながれるか、殺される以外ありません。半径0.3㎞以内にいる生命体をすべて殺すと、しばらく立ったまま動きません。しかし、また、数分後にランダムな場所に動き始め、半径0.3㎞に入った生命体を次々に殺し続けます。もし施設から脱走した場合、大量殺戮が起こり地球上の生命が絶滅する可能性があるため、何としても脱走を食い止めて下さい。SCP-1151-JPは死亡すると、元の鎖がある場所に鎖につながれた状態で1~10年後に復活します。
補遺: 過去の脱走例
2003年、誤って独房の半径0.3㎞に職員が侵入。18人の犠牲者。アンチマテリアルライフルによる1時間半の狙撃で死亡。
2018年、SCP-1151-JPの独房半径0.3㎞以内にハエが侵入。59人の犠牲者。ヘビースナイパーライフルによる攻撃で抑えきれなかったため、機動部隊Qが出動、エージェント狙撃手が3時間もの長時間の集中砲火をし、頭部に86発の弾丸を命中させ、死亡。
また、2018年に死亡した以来、SCP-1151-JPはまだ復活していません。
補遺2:現在の状況
現在のSCP-1151-JPは元々収容されていた独房で動作感知センサーとともに床に上向けで寝かされています。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License