taruyaren713のサンドボックスポータル

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:Keter

特別収容プロトコル:SCP‐XXXX-JPは■■県■■山の高さ15mの壁に囲まれた50m×50mの範囲内(飼育エリア‐XXXX‐JP)で飼育されます。飼育エリア‐XXXX‐JPは常にSCP‐XXXX‐JPの行動を妨げるものがない状態を維持しなければなりません。担当職員は定期的に一匹のサルが必要とする最低1.2倍の餌を給餌してください。加えてSCP‐XXXX‐JPの興味を惹くような玩具を週3回飼育エリア‐XXXX‐JPに設置してください。また飼育エリア‐XXXX‐JPの外壁には最低12人の警備員を配置しSCP‐XXXX‐JPの外敵となりうる生物の侵入を防いでください。

説明:SCP‐XXXX‐JPは通常形態では一般的なニホンザルと同じ姿をしています。また食事などの生態も酷似しており異常性が発揮されない限りは一般的なニホンザルと同じ方法で飼育できます。SCP‐XXXX‐JPの異常性はSCP‐XXXX‐JPが自分のとろうとする行動が何らかの原因で不可能であると感じた際に発現します。SCP‐XXXX‐JPが1~10分の間自分の目的の行動に進展がないと感じた場合、活動をやめ倒れこみます。そしてSCP‐XXXX‐JPの背中部分に亀裂が走りそこからより目的の行動に適した姿に変形したSCP‐XXXX‐JPがあらわれます。この変形は目的が達成されるまで続きます。また目的を達成したのち同様のプロセスを経て元の姿へと戻ります。

実験ログ

実験内容 実験結果
cell-content cell-content
cell-content cell-content
cell-content cell-content
cell-content cell-content
cell-content cell-content
cell-content cell-content
cell-content cell-content
cell-content cell-content



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License