V-VETMANの燃える住宅

ステータス未定義

執筆 - 執筆中

SCP

Tale

GoIフォーマット

  1. 牛鬼計画 - 25rev. / 0com.
  2. LTE-XXXX-JP 大好き。殺す。 - 28rev. / 0com.
執筆 - 手直し中
執筆 - 批評受付中
  1. 名前の無いファイル - 217rev. / 7com.
執筆 - 批評終了
  1. ヒーローの辞表 - 22rev. / 18com.
  2. 検死官とカメラマン - 37rev. / 3com.

翻訳 - 翻訳中
  1. 翻訳練習!! - 2rev. / 0com.
翻訳 - 手直し中
翻訳 - 査読受付中
翻訳 - 査読終了

その他 - 作成中
その他 - 手直し中
その他 - 批評受付中
その他 - 批評終了

    • _

    このテーマを使うためには、以下の構文を記事ページの最上位に入れてください。

    [[include :inu:temp2]]

    タイトル

    レベル2のタイトル

    レベル3のタイトル

    レベル4のタイトル

    レベル5のタイトル
    レベル6のタイトル

    太字 | 下線 | 取り消し線 | テレタイプ テキスト 上付き下付き


    ヘッダー ヘッダー ヘッダー ヘッダー ヘッダー ヘッダー
    セル内容 セル内容 セル内容 セル内容 セル内容 セル内容

    タブ内容

    引用文

    リンク (多分訪問したはずのリンク)

    このテーマだけの機能として、下のdivタグで囲った部分がなんかオシャレになります。

    [[div class="btn"]]
    ここにテキスト
    [[/div]]
    

    Sample Text
    サンプルテキスト

    v:vetmanは
    現時点では
    淫乱では無い
    (希望的観測)

      • _

      一番上の波打つような文字の構文
      このコードをコピー&ペーストし、[ここにテキスト!!!!!]の部分に表示したい文字を入れ、[ここにカラーコード!]の部分に適用したい色を入れればOK。↑みたいに行数を増やしたければそのままこれを増やすだけ

      [[html]]
      <svg viewbox="0 0 100 20">
        <defs>
          <linearGradient id="gradient" x1="0" x2="0" y1="0" y2="1">
            <stop offset="5%" stop-color="ここにカラーコード!"/>
            <stop offset="95%" stop-color="ここにカラーコード!"/>
          </linearGradient>
          <pattern id="wave" x="0" y="0" width="120" height="20" patternUnits="userSpaceOnUse">
            <path id="wavePath" d="M-40 9 Q-30 7 -20 9 T0 9 T20 9 T40 9 T60 9 T80 9 T100 9 T120 9 V20 H-40z" mask="url(#mask)" fill="url(#gradient)"> 
              <animateTransform
                  attributeName="transform"
                  begin="0s"
                  dur="1.5s"
                  type="translate"
                  from="0,0"
                  to="40,0"
                  repeatCount="indefinite" />
            </path>
          </pattern>
        </defs>
        <text text-anchor="middle" x="50" y="15" font-size="17" fill="url(#wave)"  fill-opacity="0.6">ここにテキスト!!!!!</text>
        <text text-anchor="middle" x="50" y="15" font-size="17" fill="url(#gradient)" fill-opacity="0.1">ここにテキスト!!!!(上のやつと同じ)</text>
      </svg>
      [[/html]]
      

      文字の中に画像を入れる構文
      まずページのどこかに↓↓の[[module CSS]]から始まるコードを入れ、文字の中に表示したい画像のURLを挿入する。
      次に↓の[[div~]]から始まるコードをこの構文を使いたい部分に挿入し、[ここにテキスト]の部分に適切なテキストを入れれば完了!

      [[div class="type-mask"]]
      ここにテキスト
      [[/div]]
      
      [[module CSS]]
      .type-mask p{
        -webkit-animation: scrollmask 10s ease 1.5s infinite;
        -webkit-background-clip: text;
        background-image: url(ここに画像のURL);
        color: transparent;
        font-size: 80px;
      }
      @-webkit-keyframes scrollmask {
        0% {background-position: 0 0;}
        100% {background-position: 100% 0;}
      }
      [[/module]]
      

      文字選択時の色を変更する方法
      文字を選択した際の表示される色を変える方法です。[選択時の背景色][選択時の文字色]の部分に適切なカラーコードを挿入して下さい。

      [[module CSS]]
      ::selection {
        background: 選択時の背景色;
        color: 選択時の文字色;
      }
      [[/module]]
      

      JRPGみたいな会話文の適用方法
      ↓↓の[[module~]]から始まるコードをページのどこかに挿入し、その挿入したページで↓の[[div~]]から始まるコードをこの構文を使いたい場所に挿入すればOKです。

      [[div class="rpgboard"]]
      [[span class="rpg" ]]テキスト[[/span]]
      [[/div]]
      
      [[module CSS]]
      .rpgboard {
        width: 100%;
        height: 120px;
        margin: 0 auto;
        font-size: 1.2rem;
        color: #FFF;
        border: 2px solid #000;
        border-radius: 5px;
        box-shadow: 0 0 0 4px #FFF inset;
        background-color: rgba(0,0,0,0.9);
      }
      .rpg {
        width: 96%;
        margin: 2%;
        white-space: pre;
        overflow: hidden;
        font-family:'MS UI Gothic';
        -webkit-animation: ozDq 3s steps(70, end) ;
        /* プロパティは順に name, duration, timing-function です */
        }
      .rpg:after {
        content: '▶';
        -webkit-animation: ozPulse 1s infinite ease;
        /* プロパティは順に name, duration, iteration-count, timing-function です */
      }
      @-webkit-keyframes ozDq { from { width: 0; } } /* 開始地点の指定 */
      @-moz-keyframes ozDq { from { width: 0 } }
      @-webkit-keyframes ozPulse { { /* 透明度の指定 */
        from { opacity: 1; }
        to { opacity: 0; }
      }
      @-moz-keyframes ozPulse {
      from { opacity: 1; }
      to { opacity: 0; }
      }
      @-webkit-keyframes blink {
       50% { opacity: 0; }
      }
      [[/module]]
      




構文提供者: dog_punchdog_punchさん

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License