sendoh-oroka's sandbox!

123

sendoh-oroka's sandbox!


    • _
    [[div style="color: black; border: solid 1px #000000; background:#f2f2c2 url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/the-great-hippo/scp_trans.png) center no-repeat; padding:5px; margin-bottom: 10px; "]]
    [[f<image padlock.png]]
    +++ 注記: あなたが閲覧しているのは執筆中の資料です。
    
    **当ファイルはSCP-XXXX-JPの資料です。そのためロックされ、アーカイブされています。内部に含まれる情報は不正確であるか、最近の利用可能なデータを反映していない可能性があります。**
    
    **詳細については、この資料の監督官(@@Twitter ID:@SendohOroka_scp@@)まで連絡するか、あなたのIntSCPFNサーバー管理者までEメールを送ってください。**
    
    **──** [[*user sendoh-oroka]]
    [[/div]]
    @@@@
    @@@@
    ----
    @@@@
    @@@@
    
    [[i/nclude credit:start]]
    **タイトル:** 
    **著者:** ©︎[[*user Sendoh-Oroka]]
    **作成年:** 2020
    [[i/nclude credit:end]]
    
    [[i/nclude :incbox:sb3info]]
    

 僕は此の世の果てにゐた。陽は温暖に降り洒ぎ、風は花々揺つてゐた。

 木橋の、埃りは終日、沈黙し、ポストは終日赫々と、風車を付けた乳母車、いつも街上に停つてゐた。

 棲む人達は子供等は、街上に見えず、僕に一人の 縁者なく、 風信機の上の空の色、時々見るのが仕事であつた。

 さりとて退屈してもゐず、空気の中には蜜があり、物体ではないその蜜は、常住食すに適してゐた。

 煙草くらゐは喫つてもみたが、それとて匂ひを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外でしか吹かさなかつた。

 さてわが親しき 所有品は、タオル一本。枕は持つてゐたとはいへ、布団ときたらば影だになく、 歯刷子くらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。

 女たちは、げに慕わしいのではあつたが、一度とて、会ひに行かうと思はなかつた。夢みるだけで沢山だつた。

 名状しがたい何物かゞ、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴つてゐた。
        *           *
              *
 林の中には、世にも不思議な公園があつて、無気味な程にもにこやかな、女や子供、男達散歩してゐて、僕に分らぬ言語を話し、僕に分らぬ感情を、表情してゐた。
 さてその空には銀色に、蜘蛛の巣が光り輝ゐていた。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License