keroyu

SCPのアイデア帳

案1

・元ネタとして、愛すべきクソゲー、サイバー空間、霊界と人間界の扉が鏡
オブジェクトの外観
異常性のある全身鏡(ObjA)。材質や物理的耐性は一般的な全身鏡と変わらない。
異常性
・異常性はObjAが部屋に存在し(ObjAの存在する部屋をObjBとする)かつ、ObjB内に生物が存在した場合に発現
・ObjAに映る像に、実際にはObjBに存在しないはずの物体(ObjC群)が複数個映っている。
・厚さのない複数の文字列および図形(ObjD群)が像に映っている。
・不定期な間隔で、ObjBが像から消失する。
・すべてのObjBが像から消失した場合、「おめでとう」という文字列が像に出現し、再びObjB群が出現する。
このときに出現するObjB群の位置および内容は再出現前と同じ。

(正式版の異常性
・像に映ったObjCに視線を合わせかつObjB内にObjCが存在していないことを認識すると、視線を合わせたObjCは像から消滅する。
・一定時間内にすべてのObjCを消滅させた場合、
)
・すべてのAが消失した場合、すべてのAを見つけたことを称賛する文章が現れた後、再び複数のAが出現する。
ただし、このときに出現するAの数は前回出現したAの数よりも多い。
・(この際、Aと同様の外観を持つ実体のない物体が現実世界に出現する)
・すべてのAを見つけられなかった場合、そのことに気の毒がる文章が現れた後、再び複数のAが出現する。
ただし、このときに出現するAの数は前回と等しい。

・鏡に映っているのは「かくれんぼゲーム」(という愛すべきクソゲー)の画面

ゲームの流れ
(1)タイトル
(2)メインゲーム
(3)リザルト


ストーリーのようななにか
*この鏡の置いてある家に住んでいる██氏は、IT企業に勤める傍ら趣味でゲームを作成していた。
*ある日、██氏は████という名前のゲーム投稿サイト(steamっぽいサイト)を見つけた。
*その後、██氏は興味本意でこのサイトに会員登録。
*登録後すぐに██氏は消失。これは登録したサイトが異常な性質を持つサイトであったため。
*██氏はあるサイバー空間Aに転送された。
*サイバー空間Aでは、3次元空間を対象としたゲームの作成・公開をメインに行っている。
*そのほか、ゲーム制作者のコミュニティの運営や個々の制作者への支援等、ゲーム制作に対する支援などを行うためのサポートも充実。
*████を運営し、現実世界とサイバー空間Aの媒介としている。
*██氏はこの空間でゲームを作成。内容は間違い探しゲームで、鏡を通して現実世界の情報を読み取りそこにいくつかのオブジェクトを追加しそれを鏡に映る像に反映させる。これを現実世界のプレイヤーに探してもらうというもの。プレイヤーに現実世界の人間を対象としている。
*██氏は作成したゲームのデバッグの場として、自身の部屋の鏡を用いている。
*デバッグ時にプレイヤーの視線などを非実体カメラなどで疑似的に再現。
*██氏はデバッグを通じて、バグ修正や機能追加などの改善を行いよりよいゲームに仕上げていく。


案2

・元ネタ 財団本部Anomalousアイテム、「3センチの円の中に7センチの正方形が指で描かれている絵」


・寸法の記述に関する異常性を持つ方眼紙(SCP-XXXX-JP)。
・SCP-XXXX-JPに何らかの図形を描画しそれに寸法を記入する際、寸法が明らかにその図形を表現できないような値になる。
・それにもかかわらず、それを見てもその矛盾に気が付かない。

案3

・元ネタ 夜になると窓に映る、窓の設置された部屋と同じ構成の空間。ただし物体等の位置は窓面に対し鏡の位置にある

案6

核となるアイデア:プログラミング言語、釣り
主題:読者に驚愕の感情を与える(なんだこれ!?という感じ)

プログラミング言語<-釣り 「釣り竿」に対し何らかの処理を行わせることを目的に、その処理内容を記述するために用いられる「釣り竿」が解釈可能な形式で定義された言語。
言語は釣り糸を用いて、リールで巻き取ることで読み込ませることができる。
・そもそもこの「釣り竿」はいつ立ち上がるのか?
「電源」に当たるものが必要。 釣り糸=USBorコードっぽい
釣りでは釣り糸に接続している釣り針およびエサを水中に沈めなければいけない
「海水」が電源。海水電池なるものがあるため、海水を電源とするのは非現実的であるとは言えない
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%B0%B4%E9%9B%BB%E6%B1%A0)
釣り針はコンセント?エサ=不揮発性メモリ=情報を保存できる媒体
USBはデータ転送だけでなく電力供給のためのコードとしての側面もある。
海には多くの生物が存在 海はデータの宝庫 sea database
「釣り竿」が計算機なら、何らかの演算機能や制御機能が存在する。
メモリ->プロセッサのデータの流れが基本、データ=機械語であれば何らかの制御処理がなされるはず
ウェブサイトの分類(表層ウェブ、深層ウェブなど)との関連を持たせるのはどうか

オチ
海中に存在するデータから何か特別なデータを引っ張り出すー>なんじゃこりゃぁ!?(不気味だ)



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License