ライブスチーム

オブジェクトクラスEuclid

現在、プロジェクト live Steamは順調に進行中です。担当職員は引き続きSCPの発生に注意してください。

説明
SCP は過去に建造されて現在まで静態保存や動態保存で保護されている蒸気機関車(以下をSCP- -1と分類し、以降機関車と呼称する)を核としたヒューマノイド型のレベルⅡAクラス霊的実体(以下をSCP- -2と分類する。)で構成された生命体の総称です。
現時点では、保存されている機関車がSCPに変化する条件の明確なものがありません。

本オブジェクトの異常性はSCP- -2が所持する手帳に

非活動時は、財団が所有する操車場SCP- -1が該当する狭軌、標準軌幅の機関庫で待機させ、常時蒸気機関のボイラーに投炭及び注水し、釜の温度を均一にしてください。SCP- -2の生命活動に影響を与える危険性が発覚したため、SCP- -1から蒸気機関を稼働させるのに必要な部品、機器や走り装置の部品は長時間取り外すことは禁止しています。
また、活動時に定期運行をする際は、機関助士に扮した財団のエージェントを派遣し、その機関車の運転室に操作の手順書を熟読、訓練させた上で乗車させてください。

財団に保護される前に持っていた知識は自身の機関車の列車の運行していた時期の担当してた地区、地名、地形や客車/貨物列車などの知識を有しています。
また、旅客か貨物列車を運行する場合に必要な道具、備品などの扱い方を知っています。また、道具や搭載していた積荷等を実体化できるということが確認されています。サイトで収用しようを試みるも、整備士の外見をしたSCP- -2が複数実体化し、整備がを開始し、蒸気機関が点火がされ蒸気機関車が走行可能な状態に、収用違反の危険や蒸気機関の爆発などのリスクを考慮し、SCP- -2からの懇願でもあった現代の鉄道会社に協力を要請し、プロジェクトLive Steam及び
カバーストーリー動態保存及び定期運行が作成された。

プロジェクト Live Steam
概要:プロジェクトLive Steamは以下の手順によって構成されています。
1 世界各地に保管されている蒸気機関車を調査をし、SCP影響下にある個体の調査

2 SCP- -2への交渉

3現地の鉄道会社に協力を要請し、財団のエージェントを派遣し動態保存への移行

4動態保存に伴い定期運行のダイヤを編成



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License