色々ネタ案とか

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 現在捕獲できる状態にありません。しかし、事実上の管理に成功しています。(後述)

説明: SCP-XXX-JPは沈没船から木材のヒレが生えた18メートルのオブジェクトで、自力で遊泳が可能です。常に回遊し続けており、水深5メートルから6000メートルまでの範囲を、浮上、下降を繰り返しながら、駿河湾〜マリアナ海溝を移動しています。
捕獲できる状態にないため、財団では発信機を右のヒレに取り付け、管理を行っています。
深海での調査の際、強い光を当てたところ、驚いたように急いで逃げ出したため、少なくとも光を感じる器官は存在すると思われます。

「廃船のような海亀」というかコンセプトで作ろうとしていましたが、うまくいかず、「海亀のようなヒレを持っていて自分で泳ぐ船」にしました。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License