test
rating: 0+x
blank.png
scp-heritage-v3.pngheritage-collection[殿堂入り-jp]heritage-collection-jp[殿堂入り-fr]patrimoine-francais-de-la-fondation-scp[[/iftags]]" style="max-width: none;"]]
rating: 0+x
blank.png
SCP-1567-JP.jpg

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-2は24時間体制で監視されます。
SCP-XXX-JP-1にSCP-XXX-JP-Aが出現した場合は即座にサイト██に連絡されます。

財団職員は一般的な終末論に基づく事象がSCP-XXX-JP-2に対して生じた場合に備え、常に準備しておく必要があります。

SCP-XXX-JP-Aがワーヴィー・トゥナー博士だった場合、即座に全財団サイト及び世界オカルト連合によるあああ・プロトコルが実施されます。
シナリオXK-XXX-JP-WT

説明: SCP-XXX-JPはアメリカ合衆国██州に存在する、敷地面積約25万m2の商業施設です。SCP-XXX-JPの正面出入り口の前には約2000m2の噴水広場が存在し、SCP-XXX-JP-1に指定されています。調査の結果SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1は一般的な建築素材で構成されていますが、汚損や破壊した場合は現実改変により瞬時に元の状態に復元される事が判明しています。
SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JPの周囲約620km2に広がる土地であり、██州の州都だった█████市と同様の形状をしています。かつては人口約160万の都市でしたが過去のインシデントで完全に破壊され、現在は約8割が砂漠地帯、残りが██████湖の一部となっています。

SCP-XXX-JPの特異性は傘が80%以上開いた際に発現します。
SCP-XXX-JPが活性化している間、SCP-XXX-JPの柄を持っている人間(以下、所持者)が存在する場合、所持者を除く傘内部に存在する人間(以下、曝露者)に恐怖心を誘発させます。
この恐怖心は総合精神強度が95点以上の人間でも抗う事は不可能であり、極めて強力な物である事は特筆すべきです。
また、恐怖心は薬剤等での除去は行えず、所持者では無くSCP-XXX-JPに対して持つ感情である事が判明しています。
恐怖心に囚われた曝露者は以下のどちらかの状態を示します。

呼称 症状
静止状態 立ったまま、或いは座り込んで静止し続けます。この際、不随意運動と呼吸などの不随意に発生する
随意運動は可能ですが、発声などの大部分の随意運動を行う事は出来ません。
この状態の曝露者はSCP-XXX-JPの非活性化、或いは体が押し出されるなどしてSCP-XXX-JPの
外部に逃れる事で瞬時に恐怖心が消失します。
命令遂行状態 所持者からの命令を可能な限り遂行するようになります。
命令の遂行の為にSCP-XXX-JPの外部に出た場合でも恐怖心の喪失は認められません。
曝露者がの命令遂行中にSCP-XXX-JPの非活性化を行う事で恐怖心が喪失し、
命令遂行を中断します。
命令を遂行した後は所持者の元へ可能な限り迅速に帰還します。
命令が出されてない、或いは前の命令遂行後に帰還して次の命令が出されるまで
静止状態と同様に静止状態になり、
SCP-XXX-JPの外部に逃れることで恐怖心が喪失します。

総合精神強度が75~80点以上の人間は静止状態、それ以下の人間は命令遂行状態に陥る事が確認されています。

所持者が存在しない場合でもSCP-XXX-JPは異常性を発現し、SCP-XXX-JPの親骨から形成される扇形の内部の半径███kmに存在する全ての人間に恐怖心を誘発させます。
この際の恐怖心は曝露者の行動を制限する程ではない微弱な物で数時間ほどで消失しますが、薬剤投与やSCP-XXX-JPを非活性化させるだけでは消失しません。
また、SCP-XXX-JPの内部を撮影した写真や動画を視認した際も同様の恐怖心を誘発させ、視認後数時間で消失します。

収容経緯: SCP-XXX-JPは██市で発生した強姦事件の加害者の█ ██氏(逮捕後に財団がD-1324として雇用)が所持していました。加害者がSCP-XXX-JPに関して不審な言動をしている事が警察に潜入中のエージェント██の興味を引き、証拠物品として押収する形で財団に持ち込まれました。その後のインタビュー及び実験で異常性が判明しました。
強姦事件の被害者の吉川 ██氏と被害者の救助を行った通行人の池宮 ██氏及び他の事件関係者にはクラスB記憶処理を施してSCP-XXX-JPが関与しない恐喝未遂事件として処理しています。
D-1324にはインタビュー後、同様の記憶処理を施しました。


以下はSCP-XXX-JPの収容当初に実施した実験の記録群、及びインタビュー記録です。これらにより初版の報告書が作成され、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスはsafeに認定されました。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

メモ
実験記録:http://ja.scp-wiki.net/scp-024-jpを参考



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License