nyar4437のサンドボックスポータル

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
[一行空ける]
オブジェクトクラス: Safe
[一行空ける]
特別収容プロトコル:SCP-XXX-JP-a及びbは、SCP-XXX-JPの情報漏洩時に向けて、サイト-81XXに最低でも20000食ずつ補充しておく必要があります。

SCP-XXX-JPの料理方法を記述したファイルは、ファイルがサイト-81██のドキュメント保存庫に保管されています。SCP-XXX-JPに関する情報の漏洩を発見した職員は、担当職員に報告し、情報の拡大を防いでください。
一般人によるSCP-XXX-JPの摂食確率を抑えるため、SCP-XXX-JPの料理方法もしくはそれに類似した料理方法が記述されている書籍は、発見され次第、本の出版を即座に停止させ、在庫を全て焼却処分する必要があります。また、テレビ番組等でSCP-XXX-JPの料理方法が紹介された際は、料理方法に誤りがあったと番組で訂正させた後、その放映データの破壊を行う必要があります。

SCP-XXX-JPに割り当てられた職員はa2及びb2地域の標高を、精密高度計を用いて6時間毎に決められた4地点にて測定してください。その際、前回の測定値と比べ0.08メートル以上の差異が全て地点で確認された場合、差異を修正する分量だけのSCP-XXX-JPa,bをDクラス職員に摂食させてください。Dクラス職員の無駄な消耗を抑えるため、一人につき摂食可能なSCP-XXX-JPa,bの量は15食を限度としてください。

0.3メートル以上の差位が全ての地点で確認された場合、SCP-XXX-JPa,bの存在が多くの一般家庭に露見された可能性があります。クリアランスレベル3以上の職員に報告した後、早急に情報の流出源の特定、処置を行ってください。事態の収束に長期的な時間を要すると判断された場合は、応急措置としてDクラス職員の摂食限度量は██食まで解放し、

██山(旧██盆地)

検索ワード「」「」「」を検索エンジンGoogle、Yahoo、Bing全てを用いて検索し、SCP-XXX-JPに関する情報が漏洩していないか情報を集めます。
郷土料理による代理侵略戦争
[一行空ける]

メモ用の要約: scpは2種の異常性を持った郷土料理。異常性はその郷土料理が摂食された際に発現する。料理a1が摂食されると、とある盆地Aの標高が未知の方法により上昇して、とある山b2の標高が未知の方法により下がる。料理b1が摂食された場合はその逆で、a2の標高が下がりb2の標高が上がる。標高の変化の大きさは1食につき約0.0008〜0.001メートルと推測。
料理a1はa2発端の郷土料理。18●●年頃、かつて平地だったa2にある●村にて作られる。当時は作り方が難しく保存も効かなかったのであまり食べられることはなかった。現代、料理研究家がその郷土料理を広め始めて今頃になって大ヒット。(a1の流行には料理研究家●氏の影響が大きいとされ、調査の結果、●氏がa2村出身であることが判明しました。)その影響でa2の標高が上がり始めて財団に気づかれる。
料理b1はb2発端の郷土料理。同じく18●●頃に、平地だったb2にて作られる。当時は大人気だった。しかし現代では、手に入りにくくなってしまった食材●があるため食べられることはなくなった。

●氏に対するインタビュー。
●氏に料理の異常性を話すと、その料理を広めようと思ったきっかけと、a2,b2の関係性、歴史について知ってることを話してくれる。(故郷の料理を広めたかったこと。作り方のベースをそのままに現代風に調理方法を改良したこと。100年単位で侵略戦争すること。先に雲に届いた方が勝ちであること)
●氏には記憶処理。郷土料理に関しての記憶も消す、(特定の記憶って消せるのか?)

説明:
SCP-XXX-JPは、ある特定の食材群を一連の方法によって調理した特異性を持つ2種類の料理です(料理はSCP-XXX-JP-A, SCP-XXX-JP-Bと呼称)。
SCP-XXX-JP-Aは主にそば米、人参、大根、三つ葉、鶏肉を材料として調理されます。その見た目は徳島県の郷土料理であるそば米雑炊に酷似していますが、一般的なそば米雑炊とは材料や調理過程が異なる為、SCP-XXX-JP-Aが世間に広く暴露された例は現状ありません。
SCP-XXX-JP-Bは主に打豆、里芋、ネギ、油揚げを材料として調理されます。その見た目は福井県の郷土料理である打ち豆汁に酷似していますが、SCP-XXX-JP-Aと同様に一般的な打ち豆汁とは材料や調理過程が異なる為、SCP-XXX-JP-Bが世間に広く暴露された例は現状ありません。
(SCP-XXX-JP-A及びSCP-XXX-JP-Bの詳細な調理方法に関しては、別紙を参照してください。)

SCP-XXX-JPの特異性はそれが人間によって摂食された際に発現します。SCP-XXX-JP-Aが人間に摂食されると、徳島県██市に存在する██山(以降SCP-XXX-JP-A1と指定します)の標高が推定0.0008〜0.001m上昇し、福井県██町の中央部分を占める██盆地(以降SCP-XXX-JP-B1と指定します)の標高が推定0.0008〜0.001m下降します。
SCP-XXX-JP-Bが人間に摂食された場合はSCP-XXX-JP-A摂食時と逆の事象(SCP-XXX-JP-A1の標高が下降し、SCP-XXX-JP-B1の標高が上昇します)が起こります。当事象が発生するエネルギー源及び当該料理の摂食をどのように検知しているかは現状解明されていません。

旧██盆地 旧███高原
使用される食材の各分量に厳密な定量はなく、手順さえ守っていればSCP-XXX-JPを調理することができます。

SCP-XXX-JPの特異性はそれが人間によって摂食された際に発現します。

使用される食材は「」

ある料理人が執筆した料理本による影響で
[一行空ける]
インタビュー/実験記録/補遺: 内容文



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License