視界の外に


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: 未決定

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██にて標準の水生生物収容ユニットに収容されています。収容室の警備は、可能な限り厳重なものとし、SCP-XXX-JPの収容室に脅威存在が侵入した際は、機動部隊ぺ-3("蛙")が対応に向かってください。機動部隊ぺ-3の人員は、視力が1.0未満の人員のみで構成してください。毎日3回、小型の魚類を餌として与えてください。SCP-XXX-JPの収容室の警備は、基本的に視力が1.0未満の警備員が担当してください。有事の際は、隔離障壁を展開、SCP-XXX-JPは監視カメラでのみ観察可能な状態としてください。実験などで視力が1.0以上の人物がSCP-XXX-JPの収容室に入室する際には、ゴーグルの着用が義務付けられています。
SCP-XXX-JP-1は発生したら一連のイベントが終了するまで経過を観察、一部の精神的苦痛を示す個体は収容し、死亡までを観察してください。SCP-XXX-JP-1Nは財団職員であれば基本的に開放、ただし外出は目を隠すゴーグルの装備無しには認められていません。その他の一般人は基本的に終了してください。

説明:SCP-XXX-JPは盲目のオオクチバス(Micropterus)です。
SCP-XXX-JPは盲目であるにも関わらず、捕食行動などの通常のオオクチバスと同様の生態行動を行うことが可能です。SCP-XXX-JPを視認する際は、基本的にゴーグルの着用が義務付けられます。
SCP-XXX-JPの異常性は、SCP-XXX-JPを視力が1.0以上の人物が直接視認することで発生します。SCP-XXX-JPを該当者(以降曝露者はSCP-XXX-JP-1に分類)が視認すると、SCP-XXX-JP-1は広範囲を見ることのできる空間1に執着するようになります。もしSCP-XXX-JP-1を地下室など、視認できる範囲の限られる空間に拘束すると、SCP-XXX-JP-1は苦しみ始めます。この時、SCP-XXX-JP-1は周囲のあらゆるものに反応しなくなります。この状態で暫くの間放置すると、SCP-XXX-JPは眼球から光を放出し、周囲一帯を破壊する、視界を妨げる物を除去する、監視カメラを起動するなど拘束を解除します。
SCP-XXX-JP-1が目的地に到達すると、SCP-XXX-JP-1は暫くの硬直の後、その眼球が膨張し始めます。
殆どのSCP-XXX-JP-1個体はそこでSCP-XXX-JP-1による一連のイベントは終了(それ以降はSCP-XXX-JP-1Nと分類)します。
しかし一部のSCP-XXX-JP-1個体はその後、激しい精神的苦痛に苦しむこととなります。該当個体は
「知ってしまった」と繰り返します。しかし、何を知ってしまったかについては、抽象的な「恐ろしいもの」としか説明せず、その正体は不明です。詳細は調査記録XXX-JP-1-01を参照してください。これらの個体は暫くして、あるいは生命にとって致命的な損傷を負った際にその眼球を抉り出して死亡します。この際SCP-XXX-JP-1はいかなる要因でも死亡せず、自ら眼球を抉り出すまで生存します。

実験記録XXX-JP#3:19██年8月██日、SCP-XXX-JPの収容初期において、その異常性の一部が明らかになった頃に行われた実験です。本実験はSCP-XXX-JP-1個体の記録を入手するために行われた実験です。本実験で発生したSCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-1#3に分類されました。

実験監督者:紀折博士および補佐官の花宮副研究チーフ
被験者:D-875538,D-522337
実験内容D-875538にSCP-XXX-JPを視認させ、経過観察を行う。D-875538がSCP-XXX-JPを視認しても何も起こらなかった。急遽D-875538は研究のため回収、D-522337を投入した。


[記録開始]
*D-875538、そこに魚がいるはずだ。発見してくれ。
D-875538:了解しました。
[D-875538は収容室内のSCP-XXX-JPを発見、視認する。]
D-875538:いた。それで、どうすればいいんですか?
紀折博士:わかった。しばらくそこで待機してくれ。
[約1分の沈黙]
D-875538:何も起こりませんよ。いつまでこうしていればいいんですか?
紀折博士:何だと?そんなはずはー
[紀折博士らは監視カメラを確認、D-875538の様子を確認するが、特に異変は見られない。]
花宮副研究チーフ:いったいどうしたって言うんだ。博士、奴を回収しよう。
紀折博士:ふむ。研究チーム、収容室前で待機。原因の解明のため、D-875538の回収を。D-875538は収容室を出て研究チームと合流してくれ。警備員、代わりのざ…Dクラスを連れて来てくれ。
[こうして、D-875538は回収され、代わりにD-522337が投入された。]
紀折博士:D-522337、そこに魚がいる。そいつを発見してくれ。
D-522337:あいよ。なんだ、化け物みたいのがいるかと思ったが、ただのブラックバス2じゃ…
SCP-XXX-JP-1#3:見つけないと。俺たちが見失っていたもの、探し続けていたものだ![扉に近寄って]開けろ!探さないと、今すぐに見つけないといけないんだ!
紀折博士:SCP-XXX-JP-1が移動を開始するようだ。[放送マイクに近寄り]施設内の職員に告ぐ。
D-522337が脱走しているが、気にしないように。繰り返す。D-522337が脱走しているが、気にしないように!警備員、彼を追跡しろ。それから…発砲は許可できない。
警備員:了解!
SCP-XXX-JP-1#3:早くしないと!探すんだ!ここからじゃ見えない!ちくしょおおおおおお!
[SCP-XXX-JP-1#3は眼球からまばゆい光を放ち、数秒間監視カメラをホワイトアウトさせた]
花宮副研究チーフ:あーあ、ドアが壊されちまった、理事会の奴らにどう説明しようか…
紀折博士:そんなことを話している暇はないぞ副チーフ。まあ軽いお咎め程度で済むから、彼を追うぞ。
[記録終了]

この後紀折博士らはカメラを回収、SCP-XXX-JP-1#3を追跡しました。

[カメラの記録より抜粋]


警備員:博士、あそこです!
SCP-XXX-JP-1#3:見つけなきゃ探さないと見失っていたものを![以下同様の発言が繰り返される]
紀折博士:D-522337、何を探している?説明しろ。
[SCP-XXX-JP-1#3は答えず、先程と同様の発言を繰り返している。]
紀折博士:ううむ…[SCP-XXX-JP-1#3は温室の扉を開ける]はっ、あの部屋は…温室か!
[SCP-XXX-JP-1#3は温室に入室する]
SCP-XXX-JP-1#3:どこだ!?どこにいるんだ…おお、見つけたぞ、見つけたぞウヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!
紀折博士:いったい何が起こるというんだ!?
花宮副研究チーフ:分からない、これまでのSCP-XXX-JP-1は目的地に到達するまでに終了されたから…。何とも言えん。警備員、構えろ!
[SCP-XXX-JP-1#3の眼球が膨張し始める。最終的に目測で半径3cmまで膨張した。]
紀折博士: …彼を拘束しろ。
[記録終了]

この後、SCP-XXX-JP-1N#3に花宮副研究チーフがインタビューを行いました。

質問者:花宮副研究チーフ
対象者:SCP-XXX-JP-1N#3


[記録開始]
花宮副研究チーフ:さてSCP-XXX-JP-1N#3、SCP-XXX-JPを視認する前と今とでは何か変わった点はあるか?
SCP-XXX-JP-1N#3:その呼び方慣れないな…まあ変わったといえば、前より視界が広がったくらいか。ハハ…カオス・ゲリラの兵士として戦い続けてきたが、こうなってしまったらもう復帰も無理か。
花宮副研究チーフ:そうか。だがお前には感傷に浸かる暇はないぞ。さて、それから…お前はあの時何を探していたんだ?
SCP-XXX-JP-1N#3:もう覚えていないんだ。
花宮副研究チーフ:何だと?
SCP-XXX-JP-1N#3:ああ。あの時はあんなに執着してたのに、今となっては全然気にならない。自分でも馬鹿馬鹿しく思えてくるよ。そしたらいつの間にか忘れてたみたいだな。もしかしたら、あんなにヤケになって探すほど大したものじゃなかったのかもな。
花宮副研究チーフ:そうか。
SCP-XXX-JP-1N#3ああ。そういえば、俺が身代わりになった奴のことだが…あいつはもしかしたら資格が無かったのかもしれないな。例の何かを見つける資格が。
花宮副研究チーフ:さあな。もう言いたいことはないか?
SCP-XXX-JP-1N#3:ないよ。
[記録終了]

SCP-XXX-JP-1N#3の発言の真偽を確かめるため、これ以降もDクラスを用いた実験が行われました。結果、全てのSCP-XXX-JP-1NがSCP-XXX-JP-1N#3の供述と同様の供述を行っており、加えてSCP-XXX-JP-1になりうる人間は、視力が1.0以上無いといけないことが判明しました。なお、D-875538の視力は0.8でした。

実験記録XXX-JP#9:SCP-XXX-JP-1の研究の一環として行われた本実験にて、これまでのSCP-XXX-JP-1個体とは異なる反応を示した個体(SCP-XXX-JP-1#9)が確認されました。

実験監督者:紀折博士


[この時点で、SCP-XXX-JP-1#9の眼球の膨張を完了している]
SCP-XXX-JP-1#9:あ…ああ、嘘だ、こんなの嘘だ!
紀折博士:どうしたD-379991(SCP-XXX-JP-1#9の識別番号)!
SCP-XXX-JP-1#9:俺は…どうして…どうして!見つけちゃいけなかったんだ!本当に俺は幸せだった!幸せだった!だったのに!何かの間違いだろ!?そうだよな?きっとそう…。でも、これは…これはぁ!
紀折博士:クソ、警備員、鎮静剤の使用を許可する!
SCP-XXX-JP-1#9ああ…せめて、死ぬ前に目を背けたい…二度と見たくない、嫌だああああ!
[SCP-XXX-JP-1#9は眼球を抉り出し、死亡した]
[記録終了]

研究者らはこれを稀にみられる個体であると判断し、追加研究のため追加のDクラスの使用を申請しました。要求は認められました。

補遺1:20██/██/25にSCP-1072-JP-5の収容違反が発生、SCP-1072-JP-5はSCP-XXX-JPの収容室に侵入、収容にあたっていた機動部隊ぺ-8("天眼")もSCP-XXX-JPの収容室に侵入しました。当時は隔離障壁はSCP-1072-JPにより破壊されていましたが、視力が高い(全員視力が1.1以上ある)彼らがSCP-XXX-JPを視認したにも関わらず、一連のイベントは発生しませんでした。研究者たちはSCP-XXX-JPの異常性から、視界に何かの要因があったのではと考えました。研究者たちは彼らの装備していた暗視ゴーグルに着目、後日Dクラスを用い実験を行ったところ、視界が「枠」に完全に制限される器具3を装着してSCP-XXX-JPを視認すると、いかなる場合でもSCP-XXX-JPの異常性は発現しませんでした。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License