Grainaのサンドボックスポータル

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:未決定

特別収容プロトコルX-1:SCP-XXX-JPおよびその種子はサイト-8122の温室に収容してください。SCP-XXX-JPはサイト-81XXの温室に収容してください。研究や、長期的な収容のために、SCP-XXX-JPの種子はDクラス職員を用いて採取する必要があります。SCP-XXX-JPの種子は低脅威実体収容ロッカーに収容してください。

SCP改定:事案XXX-JP:11/19を以て、特別収容プロトコルが改定されました。以前の特別収容プロトコルはX-1、新たな特別収容プロトコルはX-2として扱われます。

特別収容プロトコルX-2:SCP-XXX-JPはサイト-81XXに収容されています。SCP-XXX-JPの種子(SCP-XXX-JP-1と分類)の回収とSCP-XXX-JPの解剖は禁止されています。
サイト-81XXは、地下800mに位置するSCP-XXX-JPの収容の為に建設された施設です。サイト-81XXへの植物由来の物質の持ち込みは禁止されています。しかし、煮る、炒めるなどの作業を経て植物の細胞が細胞死したもの
はこの限りではありません。

*SCP改定:事案XXX-JP:4/13を以て、特別収容プロトコルX-2の一部が改定され、特別収容プロトコルX-3が決定されました。

特別収容プロトコルX-3:SCP-XXX-JPはサイト-81XXに収容されています。SCP-XXX-JPの種子(SCP-XXX-JP-1と分類)とSCP-XXX-JPの解剖は禁止されています。
サイト-81XXは、地下800mに位置するSCP-XXX-JPの収容の為に建設された施設です。サイト-81XXへの植物由来の物質の持ち込みは禁止されています。サイト-81XXでは定期的に無菌室以外で殺菌剤の散布が行われます。そのため、職員はサイト-81XXではHAZMATスーツの着用が義務付けられています。サイト-81XXでの食事は無菌室で行い、栄養カプセルのみを摂取してください。無菌室への入室の前には、必ず規定の消毒処理を受けてください。サイト-81XX内に有機物等のごみを無菌室内に捨てないでください。

説明:SCP-XXX-JPは外見上はツユクサに酷似した実体です。解剖し体内構造を調べましたが、通常のツユクサとの違いが見られませんでした。SCP-XXX-JPの発見は日本の佐賀県██市の男性が死亡したことに始まります。遺体の周辺には葉が多数散っており、その全てに血が付着していました。通報を受けた警察が周辺を調査、検死の結果、男性の遺体には穴が確認され、鋭利なもので切られたと思わしい傷も複数確認されました。警察は検死結果から、男性は何者かに殺されたと仮定しました。その後、家に備え付けてあった監視カメラの映像には、SCP-XXX-JPがその異常性を発揮し、男性を殺害する様子がみられました。潜伏していた財団エージェントが、映像を回収、関係者に記憶処理が行われました。関係者には、「男性はある人物に殺害された」というカバーストーリー「殺人事件」が適用されました(男性を殺害した人物として、D-2657が記憶処理を行われ、警察に受け渡されました)。
SCP-XXX-JPの異常性は、SCP-XXX-JPあるいはその周辺の植物を傷つける(ただし、踏む場合は異常性を発揮することはありません。しかしながら、故意に踏みつけるレベルの力が加わった場合は、その限りではありません)と発揮されます。まず、被験者の地面が不意に崩落します。いかなる被験者でも、この崩落に瞬発的に対応することは不可能であることが判明しています。被験者は態勢を崩し、その瞬間に周辺の植物ないしSCP-XXX-JPの根が急成長し被験者の足を拘束します。このとき根は驚異的な耐久度を示すため、被験者が拘束から脱出することは不可能です。その後周囲に風速82m/secの風が発生、周辺のSCP-XXX-JP含む植物の葉が飛散、被験者に損傷を与えます。しばらくすると、新たな損傷部から血が流出します。そしてしばらくの攻撃の後に、足を拘束していた根の一部が急成長し、被験者を殺害します。これを以て一連のイベントは終了し、周辺はイベント発生前の状態に戻ります。被験者の肉体には、身体機能に一切の影響を及ぼさない、しかし神経を的確に攻撃した傷と、血管に深い損傷を与えた傷、そして被験者を殺害した根の穴が確認されました。

実験記録XXX-JP-1:SCP-XXX-JPの傷の特徴を確認した折遊間博士は、「SCP-XXX-JPが対象を殺害するまで故意に苦しめている」という仮説を立て、SCP-XXX-JPが知的実体か否かが分かるのではないかとD-7260を実験体として実験を行いました。





ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License