描かれた太陽
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは額縁に入れた状態で保管サイト-8103の3m×3m×3mの木製の小部屋に保管してください。担当職員は1週間に1回ほど室内の床の清掃を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは厚さ0.25ミリ25cm×50cmのサイズの小さな白色の斑点のある黒いの画用紙(以下SCP-XXX-JP-1)の中央に、オレンジ色のペンキで半径約10cmの不定形な円(以下SCP-XXX-JP-2)が描かれています。この絵は太陽を模して描かれたと考えられています。
SCP-XXX-JPは静岡県██市にて壁に燃えたような穴が空いたという情報が入り、近隣に住んでいた財団エージェントによって回収されました。
SCP-XXX-JP-1の白色の斑点からはサイズ約5ミリほどの石が生えるように出てきます。この石の成分はケイ酸塩鉱石から成っています。
SCP-XXX-JP-2は温度が約6000度(太陽の表面温度と同じ)があります。この高熱は絵画の画用紙部分及び空気中の気体には一切影響は無く、その他物質・生物が触れることにより触れた部分にのみに影響を及ぼします。
SCP-XXX-JP-2からわずかながら紫外線と赤外線が出ている事が分かっています。

補遺: SCP-XXX-JP-2に触れた被験者は触れるのを終了した瞬間、熱による痛みは無くなったという報告がされています。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License