もう一度

rating: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPはサイト████の4m×4m×4mの正方形の部屋に誰の目も届かないように収容してください。SCP-XXX-jpはサイト████に3m×3m×3mの正方形の部屋を設置し、誰の目にも触れられないように収容してください。これが収容違反した場合、あらゆる手段を用いて見た人間を終了してください。

説明:SCP-XXX-jpは2m×2m×2mの正方形の白い箱です。材質は不明であり、人肌並みの温度が常時発されています。SCP-XXX-JPを破壊する事は不可能です。SCP-XXX-JPを見た人間はSCP-XXX-JP-1になります。SCP-XXX-JP-1は外部から中を視認する事が不可能な場所に閉じこもり、その場所はSCP-XXX-JPと同じ異常性を持ちます。これをSCP-XXX-JP-2と呼称します。これは破壊する事は可能です。代わりに驚異的な再生能力とチタン合金と同等の耐久性を持ち、破損箇所は27.3秒以内に修復されます。大きな建物がSCP-XXX-JP-2となった場合、内部には敵対的な生物が出現します。この生物については未だ解明されていません。箱はSCP-XXX-JP-1が終了すると異常性を失います。 SCP-XXX-JPは鳥取県鳥取市福部町で発見されました。詳細は事案1を参照
事案1:

鳥取県鳥取市福部町でSCP-XXX-JPのミーム災害が発生、周囲約2km以内の建造物がSCP-XXX-JP-2になりました。核兵器を使用し全てのSCP-XXX-JP-2を破壊、内部のSCP-XXX-JP-1は全て終了しました。核爆発を隠蔽する為、大広域記憶処理、記録改竄を実行。この一件で福部町の一部分は砂漠化、現在では観光地になっていす。

実験記録1:

実験内容 Dクラス職員をSCP-XXX-JPの収容室内でSCP-XXX-jpを直視させる。結果 外部の検問所を含めたサイト████がSCP-XXX-JP-2化した。内部の状況の詳細は事案2を参照。

事案2:

サイト████でSCP-XXX-JPの収容違反が発生。実験中Dクラス職員の一人がSCP-XXX-JPを視認し、サイト████がSCP-XXX-JP-1になりました。職員の大多数がSCP-XXX-JP-1の中に取り残され、後に死亡を確認しました。機動部隊ろ-5が、SCP-XXX-JP-2の中に突入、突入した隊員は全員謎の生物によって終了、サイト████唯一の生存者である不音研究員がSCP-XXX-JP-1を終了する事でこの事案は解決されました。また、はこの件の後████博士がSCP-XXX-JPの担当に充てられます。

警告この文書は、O-5のみ閲覧することができます。財団のセキュリティ承認に違反した場合、終了措置が取られます。承認しますか?



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License