yamasyun

rating: 0+x

騒音家族
アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe
*特別収容プロトコル
現在SCP- 一群は███県██市の一軒家で財団の監視下の元、生活しています。SCP- 一群は我々に対し通常時には友好的でありますが、彼らの能力はまだ完全には解明されていないため、SCP- 個々を引き離すことは推奨されません。(事件記録 -1を参照)実験の際にはSCP- -4の監視が及ばないエリアで行なってください。実験はO5-█によって無期限に停止されています。イベント の際には地域住民に対し、カバーストーリー"暴走バイクによる事故"を流布してください。
説明:**
SCP- は合計4人で構成される一般的な家庭形態をとる人型実態です。これらをSCP- -1,SCP- -2,SCP- -3,SCP- -4と分類します。SCP- -1は家庭内でいう父親にあたり、性格は温厚であり、SCP- -3やSCP- -4を守る傾向にあります。SCP- -2は母親にあたり、性格は一般的に天然と呼ばれる性格をしています。SCP- -3は長男にあたり、性格は短気で我々に対し興味を示しています。SCP- -4は長女であり、性格は慎重で我々の活動を認知し、絶えず我々の行動をなんらかの方法で監視しています。我々を危険だと考えているようです。
SCP- は███県██市で騒音問題が異常な頻度で起こる地域の調査の際、エージェント████がイベント 中のSCP- を発見し、機動部隊”ポリマー"が鎮圧しました。
SCP- 一群の能力は個体によって異なり、全個体に共通して言えるのはその個体が激怒した際に発する音波が異常なまでに大きいことです。その他個体ごとの能力としては、SCP- -1は暴力性を抑える能力、SCP- -2は未来を予知する能力、SCP- -3にはテレパシー能力、SCP- -4には触れた物質の状態を変化させる能力を持ちます。

補遺:彼らのDNAを検査したところ、全員異なるDNAを持つことが確認されています。



ステータス未定義の下書きリスト



批評中下書きリスト



批評中断状態の下書きリスト



批評が終了した下書きリスト

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License