最近の下書き批評
From categories:
page 1123...next »

 作品としての構成についてはAnomalousでいいじゃんと提言したいですが先んじて論じた方がいらっしゃるので、自分は物語性や文脈、整合性について掘り下げたいと存じます。
なお、本文にもあった筆者からの質問についてですが、私の意見は
1.読み取れなかった。
2.最後の筆者からのネタばらしで理解できた。
3.補足に記述した気持ち悪さを読者に浴びせかける熱意が足りない。
となります。

 私個人が意見したい一文とその理由は、以下の通りとなります。いち意見としてご参考ください。

・またSCP-XXXX-JPからは部位によって異なるDNAサンプルが採取され
この説明書きは総じて、だから何?という印象が強く残る部分です。最終的に著者が主張したい不気味さを補強する文脈にはつながりますが、その特性を持つが故の生理的な特徴まで紹介してようやく読み手が疑問を抱かず読み進めることができる説明文になると存じます。ここでオチを先読みする読者を惑わせるミスリードを仕込むのも手だと思いますよ。

自身の出自等に関するそれ以上の情報提供には非協力的であり、
のちにインタビューに答えているのだから取り消し、という作者の主張は理解できるのですが、インタビュー内でも自身の出自を教えることには消極的なのですから、この文全体に取り消し線を引くこと自体は誤りだと断言できます。

・発見時、SCP-XXXX-JPは大型キャリーバッグの内部に拘束された状態でした。
大型キャリーバッグに収納、でどうでしょうか。もしくは運搬。ストーリー的にも本人の認識的にも財団のスタンス的にも、なるべく人権を感じさせない文体がこの作品の場合望ましいように感じます。もしくはそのままの文でいくなら、インタビューで鎖を使った絵が示されている点から、"ケイ"が囚われのキャラであるか、Mの癖があるのかというアプローチも良いかと。

・インタビュー記録XXXX-JP-11
具体的な代替案はないんですが、もっと……中二病が爆発した言い回しをしている方が"ケイ"らしいのではないか、そう考えています。素人が考えたオリキャラの娘っ子です、濃ゆいキャラじゃないわけがありません(断言)、"俺の理想と欲望を詰め込んだキャラ"なんでしょう?身体的特徴にもホラ、彼自身の性癖をぶつけてみてくださいな!ボクっ娘はパンチが弱いって言いたいわけじゃないよ決して!

・虹博士
二次元、もしくはニジエからとって虹博士ってことだと思いますが、深く考えないと気が付けないポイントだとおもいますよ。pixivからとって渋博士、ニコニコ静画からとって清華博士とか出てくれば流石に察しが付くと思いますが、この一人だけではネタとしては読み手にネタだと理解させるパワーに欠けます。

・ユーザーIDは████████だよ。パスワードは█████。
虹博士はXXXX-JPがすんなり個人情報を吐いたことについてツッコミを述べるべきではないか。ボブは訝しんだ。

・承知しました。アニメ顔オプションでモデルはケイちゃん
文書記録のここなんですけど、こうしてやり取りが行われているということは"ケイ"の詳細な設定画をGoI側が素体から受け取っているということになると思います。別になくてもいいとは思うんですけど、設定資料を送るように促すやりとりがあってもいいのではないでしょうか。

・現在、"アキ整形外科" なる団体、並びに前述のダイレクトメッセージの添付画像
新たなGoIが浮かび上がってきたことと、XXXX-JPの別個体が存在する可能性が濃厚であると判明したことは文を分けた方が読みやすいとは、思います。隅をつつく言い方をすればGoIよりもSCiPの未収用個体数の方が財団にとっては重要な情報でしょうし。

・アキ整形外科
お医者さんって屋号をひらがなで書くことが多いのでカタカナは違和感強いです。いっそ他の作品に倣ってアルファベットにする方が統一感はありますね。

by TyobiTyobi, 23 Oct 2020 18:43

使用した画像はこちらから。

タイトル: てるてる坊主 : teru-teru-bōzu
製作者: Keng Susumpow
作成年: 2014年1月19日
ライセンス: CC BY 2.0

by momiji_CoCmomiji_CoC, 23 Oct 2020 16:19

このtaleは全てが著者のUrakaze_UroUrakaze_Uroについてで構成されているため、SCP財団はほとんど関わってこないです。
これは一種の挑戦であり、決して自暴自棄になったわけではないことを留意していただきたいです。
おそらくこのままでは低評価削除は免れないことは理解しています。

私は自身の作風として風刺皮肉自己投影があると考え、まずはそれに全振りした作品を作成してみました。

是非それを留意した上で批評を行ってくださるとありがたいです。

by Urakaze_UroUrakaze_Uro, 23 Oct 2020 16:11

批評していただきありがとうございます。

オチが読めてしまう

この点に関しては、この直後にkyougokuさんがおっしゃっている通り、読めてしまっても構わないと思っています。

今の書き方であれば同じタイミングで発生したようにも思えた

確かにそのように読めてしまいますね。書き方を工夫して変えたいと思います。

第三者がこの消滅現象を見ていることによって発生する混乱は度外視なのか

正直、自分でもここが現在最も頭を悩ませている問題点です。オブジェクトクラスや特別収容プロトコルを変更して記憶処理を行うようにするか、一定の条件で周りに認識災害などを起こすかなど、色々検討して決めていきたいと思います。

最後に、情緒あふれるいい記事と言っていただきありがとうございます。今後、批評していただいた点を含め、更にいい記事にしていこうと思います。

by CAT EYESCAT EYES, 23 Oct 2020 16:00

読ませていただきました。

記憶から消えてなくなるあの人、というわけですね。

異常性はシンプルで、内容も簡潔で情緒あふれるいい記事だと思います。
その分、やはりオチが読めてしまうところはありますね。もっとも、この記事の場合、読めてしまってもいい気はするので、そこは好みかもしれません。読ませない方向に持っていこうとすると、描写がホラー気味になりそうですし、それは作者さんがおそらく望むことではないでしょうし。

それ以外の点で気になることとしては、同様の事案が同じ個所で確認されたようですが、この時系列は同時に発生したのでしょうか? それとも別の日時で発生したのでしょうか? おそらく後者だとは思いますが、今の書き方であれば同じタイミングで発生したようにも思えました。

また、細かいですがオブジェクトクラスが少し気になります。Ticonderogaは"収容不能ですが、その必要もありません"とあります。その場合、第三者がこの消滅現象を見ていることによって発生する混乱は度外視なのでしょうか? カフェ等の描写を見るに、SCP-XXX-JP-αは第三者にも認識できているようですし。もし、第三者にも記憶改変等の影響があるなら財団職員に発生しない理由などを付ける必要があるかもしれません。

以上、個人的な意見でしたが記事作成の一助となれば幸いです。

by kyougoku08kyougoku08, 23 Oct 2020 15:38

批評していただきありがとうございます。
他の記事と被りが無いことは確認しながら書いていましたが、まさか傑作映画の完全下位互換を書いていたとは思いませんでした。一度映画を観てから、改めてストーリーの方向性を決めていきたいと思います。

by CAT EYESCAT EYES, 23 Oct 2020 15:10

読ませていただきました。

人間の意識を集合させる外部シナプス的サムシングに操られた機動部隊ですね。

内容としては中々面白く感じました。財団の異常化という特殊な環境下で発生した異常であれば調査の上で使用するかもな、とも思えましたし、それが暴走する結果となったのも皮肉めいているような気がします。

その分、オチが予想できてしまい、なおかつ少々陳腐なのは残念な部分ですね。同じ異常を持つ者を襲い、その異常が他者の意思伝達という時点で予想は平易だと感じます。それを除いてもやはり"死にたい"という感情の発露はもう少し丁寧な描写がほしいところです。何故死にたいのか? 何故死ねないのか? といった部分を掘り下げてみてもいいかもしれません。

また、赤耳束についての説明がもう少し早くてもいいかもしれません。耳慣れない言葉ですし、早めにオリジナルの言葉だと示すことは読者のストレス解消になり、閲覧を妨げるノイズを取り除くことになると考えます。

以上、個人的な意見でしたが記事作成の一助となれば幸いです。

by kyougoku08kyougoku08, 23 Oct 2020 15:05

拝読しました。
DV寄りのNVです。

黒澤明監督の羅生門を思い出しました。
あの映画の内容をざっくり言うと、ある男が殺されて何人かが証人として出ましたが殺されるまでの過程が全く異なります。
このSCPみたいですね。
面白いのは、男を殺した犯人と男の妻と男本人(巫女さんが呼び出した)の証言すら全く違うということです。
しかし証言が違う、正確に言えば誰も"真実"を証言したがらなかったのには理由があり、その理由が羅生門の面白いところの一つだと思っています。
それを知った上での"真実"の場面は映画界の歴史に残る場面だと思っており、今でも印象に残っています。

対してこのSCPは、証言が異なる理由は異常性の一言で丸投げしています。
羅生門を見た人間からすれば肝心な所が無いのです。
なので、認識災害が起きる納得の行く理由が無ければ個人的にはUVできません。

映画界の傑作と比較するのも酷だと思いますが、あの作品を見た以上、私はこのSCPをそう簡単には評価できません。
羅生門はこのSCPの参考になると思うので、もし良ければamazon primeとかで見てください。(宣伝)

by TD12734TD12734, 23 Oct 2020 15:00

ありがとうございます!参加登録いたしました。

Re: 参加表明 by sanks269sanks269, 23 Oct 2020 14:54

批評ありがとうございます。
狙った通りの評価を頂けてしめしめと思っています。

異常性についてですが、最後の画像はわざと分かりにくくしました。
恋淵さんの正体は深淵です。
穴、暗闇、虚無、時空間異常のどれかは想像に委ねますが、どれかではあると思います。

by TD12734TD12734, 23 Oct 2020 14:28

なるほど、納得です。良いものを見せていただきました、記事になることを切に望みます

by watazakanawatazakana, 23 Oct 2020 14:27

批評ありがとうございます。
面白そうで良かったです。

気になる点としては、「綾香」とはまだ付き合っておらず、一方的に慕っているだけなので、「綾香さん」の方が自然ではないかなと思いました。

本文をよく見ると、「綾香」は曝露させた人間に対して以下の異常性のどちらかを発揮することが分かります

  • 曝露者の精神に接続し、いつでも会話をしたり「綾香」の姿を見せられる
  • 曝露者にある程度遠くから「綾香」と話しているという幻覚を見せられる

堂島くんは窓のない病室の中でも「綾香」と上記の異常性で頻繁に話していて、女友達ぐらいの関係にはなっている設定です。
なので「綾香」と呼び捨てに出来る程度には仲が進展しています。(少なくとも堂島くんはそう思っています)

by TD12734TD12734, 23 Oct 2020 14:23

ネタバレです。
SCPとして投稿した時もディスカッションに書く内容です。

ネタバレ by TD12734TD12734, 23 Oct 2020 14:13
画像出典 by KajikimaguroKajikimaguro, 23 Oct 2020 14:04
by islandsmasterislandsmaster, 23 Oct 2020 14:00
by islandsmasterislandsmaster, 23 Oct 2020 13:56

・ネタ被りは無いか

全てのSCP-JPを知っているわけではないですが、自分の記憶ではこういったネタは読んだことがないです。

・単純に面白いか

面白いです。文体が甘酸っぱさ満杯だというのに画像で全てをぶち壊しにされるぞわりは秀逸です。そして報告書に似つかわしくない文からオブジェクトの情報を収集するのは個人的に大好きです。

・ラブレターとしての不自然さは少ないか

気になる点としては、「綾香」とはまだ付き合っておらず、一方的に慕っているだけなので、「綾香さん」の方が自然ではないかなと思いました。それと「覚えていますか?」という一文が大声をかけたことにかかっているのなら、大声をかけるという文の前に置いた方が(「個人的には」の但書がつきますが)違和感なく読めると思います。

・異常性が伝わるか

文の各所に散らばっている不穏な堂島の立場や相手が人ならば普通の禁止事項の中にしれっと混じる違和感ある禁止事項で異常性が伝わりました。

・読んでるどの段階で恋淵さんがヤバめの存在だと気づいたか

堂島が入院したところです。

by watazakanawatazakana, 23 Oct 2020 13:16

拝読致しました。

〇ネタ被り
私の知識の範囲内では、思い当たる被りはありませんでした。

〇面白いか
私は面白いと感じました。最後の画像で、想像を越えてマズい状況になっている点のパンチが効いています。

〇ラブレターとして
不自然とは感じませんでしたが、これは単に私がラブレターというものに疎いだけの可能性もあるので、他の方にも伺ったほうが良いかとも思います。

○異常性
周囲の人間を魅了して引き寄せ、「それらの魅了効果の影響下に置かれた人物が周囲で会話を行っている」という条件が満たされることで拡大していく虚無/穴、或いはそれに類する黒いもの、といった解釈で合っておりますでしょうか。

○どの段階で
堂島さんが投薬された辺りで、あ、これ舞台になってるの財団だ、恋淵さんはオブジェクトだわ、と気付きました。

by EnginepithecusEnginepithecus, 23 Oct 2020 12:38

主人公は月にいるので、月の地名(この表現でいいのか)に『静かの海』とあるので静かの海が適切だと思ってます

by nerokoishizukinerokoishizuki, 23 Oct 2020 12:20

ご批評有り難うございます。

自身が10年以上前から抱いていた「あの目って、もしかして複眼なのでは?」という概念を基に下書きに起こしてみたのですが、裏を返せばそこ止まりに見えてしまった、との事でしょうか。

外見、身体構造以外の異常性の付与について、考えを巡らせてみます。

by EnginepithecusEnginepithecus, 23 Oct 2020 11:57
page 1123...next »
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License