最近の下書き批評
カテゴリ:
ページ 1123...次 »

査読ありがとうございます。修正しました。

by wisdom-545wisdom-545, 03 Oct 2022 22:02

拝読いたしました。現状DVです。

異常性の独自性は面白いと思いますが、オチに弱さを感じてしまいました。

長文失礼いたしました。完成を楽しみにしております。

by maruta1990maruta1990, 03 Oct 2022 18:09

財団のウェブクローラ
基金會網路爬蟲AI

AIウェブクローラ

Site-ZH-█

サイト~

JPwikiの記事では基本、Siteをカタカナ表記にします。

by snojsnoj, 03 Oct 2022 13:38

コメント有難うございますm(*_ _)m
ユーザー名やタグについてはすぐに修正したいと思います。修正しました。
それとオチの方ですが、やっぱり伝わりにくいですよね…もう少し伝わりやすいように補遺を追加したいと思います。アドバイス有難うございました。補遺の最後の方に「ページ」という単語を入れることで、少しはわかりやすくなったかなあと信じています。あと打消線あると見づらいので位置を調整しました。アドバイス有難うございました。

by OY2010OY2010, 03 Oct 2022 11:04

ありがとうございます。
少しずつ道が見えてきた気がします。
もっと考えてみます。

by t_soyat_soya, 03 Oct 2022 08:40

批評ありがとうございます。以下返信となります。

1.スポイラーの内容が伝わるか

伝わっているようでよかったです。このような形式の記事を書くのはこれが初めてだったので安心してます。

2.絵面にインパクトがあるか/3.惨さ、不条理さを感じるか

絵面のインパクトや不条理さなどの描写にはかなり気を付けたので、期待通りの反応を得られてうれしいです。

3-1.どちらか出しゃばっていないか

ここはしょうがない気がしますね……。上位存在を露骨に描写しない方向も探っていきますが、よほどのことが無い限りこのままでいこうと思います。

4.面白いか

狙った効果が得られていてよかったです。また、指摘の通り直接的すぎる気がしたので補遺.1を削除しました。

5.改善点はあるか

画像を加工し、中央部に黒塗りを付け足しました。また、それに伴ってキャプションの変更を行いました。

6.現状の構成に不備はないか

発見時の事実など、非常に「その通りだな」と感じたので説明セクションの一部編集を行いました。また、轢かれた方が威力が出るかな、と思ったものの露骨すぎる気がしていたので「作品の威力は下がらない」との意見をいただけたのはありがたいです。轢かれる描写は削除しました。

7.誤字脱字衍字

ありがとうございます。

by teruteru_5teruteru_5, 03 Oct 2022 06:50
by makigenekomakigeneko, 03 Oct 2022 05:55
by makigenekomakigeneko, 03 Oct 2022 04:34
PKTAoyosPKTAoyos 02 Oct 2022 22:44
ディスカッション 下書き批評 / ページごとの批評 » The 2
by PKTAoyosPKTAoyos, 02 Oct 2022 22:44

批評ありがとうございます。
実はこれは美術のオリジナルの皿をデザインしようという課題に向けてアナログで書いたものを読み込み着色したので、各部の粗はそれが原因だと思います。
また音節区切りも母から指摘されていました。
元々が流用なので、一度取り下げ、アートワークとして出すなら再度デザインを検討した上で一から電子的に書き直そうと思います。
ロゴ一覧のリンクは参考になりました。
ありがとうございます。

by wisdom-545wisdom-545, 02 Oct 2022 14:57

このまま投稿されたらDVします。率直に言って、「ダサい」ように思えました。

以下はデザインに明るくない私の主観による意見になります。理論に基づいた指摘や具体的な改善案などを挙げられないことをご容赦ください。

参考までに以下にGoIや部門のロゴをまとめたページを貼ります。自身が作るロゴがここに並び立つようなロゴかどうか、是非一度ご参照頂ければと存じます。
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/sharedpage:logo-source-survey

by Jiraku_MoganaJiraku_Mogana, 02 Oct 2022 13:20

ありがとうございます!

by HawkGearHawkGear, 02 Oct 2022 12:10

拝読しました。DVです。

財団が何かを起動して世界を復旧するというオブジェクトであればSCP-2000やその他数多くのオブジェクトがありますし、実際に復旧してきた世界ということであればマリアナ海溝から回収された文書があります。こうした強力な先行作品がある以上、同じコンセプトで差別化を行わずに作品を残すことはかなり難しいものがあります。

またそうしたストーリーがよくあるものである一方、発生している事象を嘘に変えるという異常性自体も『ドラえもん』のウソ800や『地獄先生ぬ~べ~』のあぎょうさんなどの設定で目にしたことがあります。この異常性にするのであれば、ドラマ性を生むなどの差別化が必要となり、やはりこちらも難しいものになるのではないかと思います。

提案ですが、「事象を嘘にする」という特性で壮大な話をするのは結構難しいことですので、まずはこじんまりとした話を作ってみてはいかがかなと思います。特に世界を滅ぼしたり救ったりということでもなく、小さなスケールで話を展開して恐ろしさや気持ち悪さ、あるいは爽快さなど感情を読者に抱かせることを考えてみてはいかがかな、と思います。

以下は細部の点です。

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

半角コロンが細字であり、また半角スペースが挿入されていません。記事のテンプレートをお読みください。以下、各項目について同様です。

Thaumiel→Neutralized

一般にオブジェクトクラス変更の際に矢印は用いないかと思います。

実行時に発生している事象を全て嘘に変えます

一般に本文で太字は用いられません。

ありとあらゆるSCPが無効化されてな。

物語内世界の人間がオブジェクトを「SCP」と呼称することはほぼありません。「SCiP」「オブジェクト」「アノマリー」などがよく用いられる語です。

by Tutu-shTutu-sh, 02 Oct 2022 10:41
DirStarFishDirStarFish 02 Oct 2022 10:40
ディスカッション 下書き批評 / ページごとの批評 » 彼所 -Illac-

ありがとうございました。以下に変更点をまとめておきます。

by DirStarFishDirStarFish, 02 Oct 2022 10:40

SCP-XXXX-JPは25*25*25m以上

収容施設の大きさを乗算で示す場合、アスタリスクではなく「×」記号をよく見かけるように思います。

低脅威度生物用収容室

SCP-XXXX-JPは霊であって生物ではないのに、霊体に対する備えが施されていない(ように読める)生物収容室で良いのでしょうか?

収容されていないSCP-XXXX-JP-1

「未収容のSCP-XXXX-JP-1」とするとクリニカルかなと思います(収容違反して脱走した、というニュアンスもあるのかもしれませんが、それにしては対応がやや悠長に思えました)。

SCP-XXXX-JP-1を発生させます。

SCP-XXXX-JP-1って何だ……?と思いながら読者が読み進めることになるので、JP-1の定義を説明してから枝番を用いる方が良いかな、と思います。

全長5㎜から1㎝ほどであり

単位が環境依存文字です。半角アルファベット2文字で「mm」や「cm」とすることを推奨します。

ハエトリグモと同様の挙動を行う非生物実体

ハエトリグモは科レベルの分類群なので学名の明記は不要かなあとも思うんですが、一応SCP財団においては生物を記述する際には学名を付すことが一般的なので、学名を明記すると良いかも知れません。その場合、「ハエトリグモ(Salticidae)」のように科階級群名を正立した書体で記述するとか、あるいは種レベルで細かく指定して「チャスジハエトリ(Plexippus paykulli)」のように属名・種小名を斜体で記すとかが良いのかなと思います。学名を載せない場合は「ハエトリグモ科」とか書いておけば学名が無くともとやかく言われないかと思います(個人的な所感ですが、SCP財団において科階級群名の学名明記は求められていない印象を受けます)。

摂食を試みられるまで静止しています

食われかけるまで止まってるよという普遍的な事実を記述しているので、「静止します」と現在形で良い印象を受けます。

炊飯された可食の白米の近くに

「付近に」とするとよりクリニカルかと思います。
また調べてみると「可食米」という用語があるようで、「可食の白米」より端的なのではないかと思います。もし白米に拘る理由(玄米ではいけない理由)がなければ、ご検討いただければと思います。

対象人物はこの転移を認識することができず

「することが」を除去して「認識できず」で良いと思います。

(前略)対象を取る範囲が広がることが確認されています。
通常の乾燥した飯粒との比較実験により、SCP-XXXX-JP-1を踏みつけた人物は87%の割合で、通常の飯粒を踏みつけた場合よりも不快であると述べました。(後略)

パラグラフ(段落)を分ける際以外に改行することは推奨されていません。1つのパラグラフに纏めるか、あるいは改行したい場合には空行を挟んでパラグラフを分割することをお勧めします。記事のテンプレートも参照ください。
補遺1:補遺2:にも同様の改行が見られました。

また、SCP-XXXX-JP-1を踏みつけた場合、割れた実体の鋭利な断面や転倒によって負傷する確率が通常の乾燥した飯粒に比べて76%高いことが判明しました。

乾燥した米粒を踏んで刺さって痛い、というのは分からなくもないのですが、通常転倒するものなのでしょうか。もし通常の乾燥した米粒を踏んで転倒する確率が0%ならば、それより76%高くても(1.76倍しても)確率は0%ですし、転倒の可能性はごく低いように感じました。
米粒を踏んで転倒する可能性の再検討、また確率の表記の見直しをすると良いのかなと思います。

対象になりやすい事が分かっています

「判明しています」とするとよりクリニカルです。

114%の確率で転移が発生する事が確認されています

100%を超過していますが、残りの14%はどういうことなんでしょうか?食事をしなくてもSCP-XXXX-JP-1が現れたということでしょうか?
現状では正確な意義を読み取れませんでした。

SCP-XXXX-JP-1がSCP-XXXX-JPを発生させる際、その数は異常性を失ったSCP-XXXX-JP-1の数と同数になり、

よく分かりませんでした。例えば2022/10/02時点で3億匹のSCP-XXXX-JP-1が無力化されているとした場合、SCP-XXXX-JPが新たに3億体発生するのでしょうか?あるいは、SCP-XXXX-JP-1がSCP-XXXX-JPを発生させた結果、SCP-XXXX-JPの現在の個体数が異常性喪失済みのSCP-XXXX-JP-1の総個体数と同じになるということでしょうか?
かなり多義的で曖昧な表現になっているように思われるため、意義が一意に定まるようにすることをお勧めします。

国内には未収容のSCP-XXXX-JPが複数存在すると考えられており、フィールドエージェントによる捜索が進められていまが、オブジェクトの持つ反ミーム的性質により、捜索は難航しています。

反ミーム的性質を持つのはSCP-XXXX-JP-1であり、SCP-XXXX-JPではないように思います。

補遺1:
最初のSCP-XXXX-JP-1は20██年1月15日、(以下略)

改行不要です。以下、補遺に関して同様です。

白米に混じって存在している事が分かりました

「白米に混入している事が判明しました」あるいは「白米への混入が発覚しました」などとするとよりクリニカルかと思います。

SCPに常識や既存の理論は通用しません。しかし、少なくない数のSCPがそれらで説明できる性質を持っている事もまた事実です。

物語内世界の人間がSCPオブジェクトのことを「SCP」と呼称することはほぼありません。慣例的に「オブジェクト」や「SCiP」(あるいはより広義に「アノマリー」「異常存在」など)の語が用いられているので、ご検討ください。



全体としてはNV寄りDVです。

読んで理解できる記事か
理解できます。

イメージしているものが伝わっているか
伝わりました。

記事にして面白くなるアイデアかどうか
面白くなる見込みはあると思いますが、単体ではややパンチが弱いかもしれません。

ヘッドカノンや通例となっている財団設定との矛盾はないか
「SCP」という呼称以外、特に気になる点はありませんでした。

書式は正確であるか
上記で指摘したように、段落分けを伴わない改行が複数挿入されている点、単位が環境依存文字で記述されている点などが報告書にそぐわないように感じました。
また、一斉送信メッセージについてはその立ち位置がよく分からないように感じました。というのも、ページ内に折り畳みとして組み込まれているため、「SCP-XXXX-JPに関連して蜘崎研究員がこういうメッセージを送信しましたよ」という参考のために報告書に記載されているように読めてしまいました(そうであれば別に高セキュリティクリアランスレベルが求められるわけでもない内容について虚偽の内容が記載されている点で違和感を覚えます)。もしそうではなく、報告書を読んでいる読者がたった今通知を受け取ったのであれば、ここにあるようなEメールの構文を使ってリアルタイム性を強調してはいかがかと思います。

説明は伝わるか
伝わりましたが、やや過剰な部分があるように思えました。以下に述べます。

冗長である様に思えるが、どの部分を削るのが適切か
(SCP-XXXX-JP-1でない)SCP-XXXX-JPを登場させる必要性はあるのでしょうか。米粒の霊ということであれば、最初からSCP-XXXX-JP-1を霊体として設定し、SCP-XXXX-JP-1だけで話を進める方が端的にストーリーを展開できるように感じました。SCP-XXXX-JP-1からSCP-XXXX-JPが生じるというサイクルの循環もあまり面白さに寄与しているように感じませんでした。

タグは適切か
適切かと思います。「クモ」「瞬間移動」要素は気持ち薄いかもしれませんが、タグとして残すのには十分かなと。

タイトルは適切か
「コメツブハエトリ」という名前でシュールな印象は覚えませんでした。生物の和名として特に奇妙でもありませんし、普通に米に関連するハエトリグモなんだろうな、と思っただけでした。

オブジェクトクラスは適切か
妥当だと思います。

ハエトリグモである必要はあるか
擬態の対象はハエトリグモではなく米粒なのではないでしょうか?「飯粒に類似する外見を持ち」とありますし。
私はハエトリグモであることに興味を持って読んだので、クモ要素が活かされていないのを見てちょっと残念に感じました。もしハエトリグモの名を冠するのであればもっとハエトリグモ要素を後半で回収する展開なり何なりが欲しいように感じました(ただ、ハエトリグモのように何かしら具体的な形態があることはただただ漠然としているよりは幾分良いことだと思います)。

補遺について
一般に発見経緯はその後のストーリーに繋がるのであれば(例えばオブジェクトの開発者や発見者が悲惨な事態に巻き込まれていたり、元凶だったりするなど)記載されますが、今回は特に繋がりが無いようですので、特別に補遺として区別して記載する必要は無いかもしれません。

その他
ここが最も重要な点かもしれません。オチのメッセージの内容は大方予想の範疇を逸脱しないものでした。米に憑依する、食べ残しをする人物によく発生する、ということでオブジェクトの真相はかなり伝わってきます。そのため、要は飯を残すなということであるオチのメッセージは特に意外性が無く、また展開を読めていても身に迫る危機感を感じられる、ということもありませんでした。

また、

ですが、せめて業務に支障のない範囲では、食堂に勤務する職員が悲しまないように気を使って頂くことはできないでしょうか?

と言う記述ですが、報告書本文の展開から方向性がズレているように感じました。SCP-XXXX-JPは廃棄された食材の怨念やそれに類するものに関連して発生した異常性であり、食堂の従業員や農家など食料生産・供給に関与する人間の怨念ではないはずです。その点で、この研究員のメールに含まれるメッセージ性は記事本文から微妙にズレているように感じました。

ハエトリグモの要素が回収されていないこともありますし、可能ならクモの要素も拾いながら何か意外な方向性に持っていけたら評価が上がるのではないかなと思います。方向性のブレも鑑みつつ、執筆のほど頑張っていただけたら、と思います。以上です。

by Tutu-shTutu-sh, 02 Oct 2022 10:21

コメント有難うございます!!ご指摘いただいた部分に関しては、早速修正し、改良したいと思います。m(*_ _)mアドバイスを丸パk…ではなく、参考にさせていただいて、複数の修正を行いました。また、方向性を少し変更しました。

by hitsujisaruhitsujisaru, 02 Oct 2022 09:07

拝読しました。

アイテム番号
ではなく、
アイテム番号:
のように、:も太くしてください。


このSCP-XXXX-JPの報告書には、

この報告書には、

でも十分伝わると思います。


作戦記録ですが、

このように点線で囲んでください。

また、会話と会話の間には一行挟んでください。


隊員γ︰消えた。
唐澤博士︰え?
隊員γ︰目の前から何もかもが一瞬で消えたんだ…建物も、車も、仲間も…(声は酷く震えている)
唐澤博士︰直ちに支給された武器を用いてSCP-XXXX-JPを終了させてください。
隊員γ︰だ、ダメだ、こっちに…

隊員γ︰消えた。

唐澤博士︰え?

隊員γ︰目の前から何もかもが一瞬で消えたんだ…建物も、車も、仲間も…[声は酷く震えている]

唐澤博士︰直ちに支給された武器を用いてSCP-XXXX-JPを終了させてください。

隊員γ︰だ、ダメだ、こっちに…

[肉が潰れるような音]

<記録終了>

ざっとこんな感じにすると読みやすいと思います。


佐伯博士︰(足音)あ あ、あー。よし、録音出来てるかな。今俺はSCP-XXXX-JPの元へと向かってるんだが…さて、どこから話そうか。[約10秒間の沈黙]こんなにのんびり話してる暇は無いかもしれないが、最期なんだ、折角だしな。…まず、最初に。俺は現実改変者対策チームの主任である佐伯 明良だが、それと同時にSCP-XXXX-JPでもあるんだ。いや、元SCP-XXXX-JPと言った方が正しいかな?…俺の中途半端な現実改変のせいで、報告書にはなぜか俺の情報が残っちゃってるから実質俺もSCP-XXXX-JPなのかもしれないが。つまり、俺はSCPだったんだが現実改変能力を使ってその事実を上書きしてお前らの仲間になったんだ。騙していてすまなかったな。まあ、その分、主任として割と仕事はしてたと思いたいけど。それと、お礼を言わせてもらう。お世話になった。結構、楽しかったよ。…もうすぐSCP-XXXX-JPのいる地点に着く。現実改変者をどうにかできるのは、現実改変者しかいないだろ?これが、現実改変者対策チームの主任である俺の最後の仕事だ。…あー、見えた。[爆発音]うぉっと、悠長に独り言を話してる場合じゃなさそうだな。[不明瞭なため聞き取れない。SCP-XXXX-JPが発していると思われる声]それはこっちの台詞だけどな…お前はこんなことして何がしたいんだよ?[風が吹き荒れる音]無視か。まあ、いい。俺は今から、世界を救うヒーローになる。ありふれた1人の財団職員としてな。そしてお前ははた迷惑なやつとして財団の歴史に刻まれていくんだ。[風の音に掻き消されて聞き取れない。生物の鳴き声が混じっていると思われる]やってみなきゃ分からねえだろ。(深呼吸)じゃあな。

改行がないので非常に読みにくいです
訂正例

<再生>

[足音]

あ あ、あー。よし、録音出来てるかな。今俺はSCP-XXXX-JPの元へと向かってるんだが…さて、どこから話そうか。

[約10秒間の沈黙]

こんなにのんびり話してる暇は無いかもしれないが、最期なんだ、折角だしな。…まず、最初に。

俺は現実改変者対策チームの主任である佐伯 明良だが、それと同時にSCP-XXXX-JPでもあるんだ。いや、元SCP-XXXX-JPと言った方が正しいかな?…俺の中途半端な現実改変のせいで、報告書にはなぜか俺の情報が残っちゃってるから実質俺もSCP-XXXX-JPなのかもしれないが。

つまり、俺はSCPだったんだが現実改変能力を使ってその事実を上書きしてお前らの仲間になったんだ。騙していてすまなかったな。まあ、その分、主任として割と仕事はしてたと思いたいけど。

それと、お礼を言わせてもらう。お世話になった。結構、楽しかったよ。…もうすぐSCP-XXXX-JPのいる地点に着く。現実改変者をどうにかできるのは、現実改変者しかいないだろ?これが、現実改変者対策チームの主任である俺の最後の仕事だ。

…あー、見えた。

[爆発音]

うぉっと、悠長に独り言を話してる場合じゃなさそうだな。

[不明瞭なため聞き取れない。SCP-XXXX-JPが発していると思われる声]

それはこっちの台詞だけどな…お前はこんなことして何がしたいんだよ?

[風が吹き荒れる音]

無視か。まあ、いい。俺は今から、世界を救うヒーローになる。ありふれた1人の財団職員としてな。そしてお前ははた迷惑なやつとして財団の歴史に刻まれていくんだ。

[風の音に掻き消されて聞き取れない。生物の鳴き声が混じっていると思われる]

やってみなきゃ分からねえだろ。

[深呼吸]

じゃあな。

<終了>


このSCP-XXXX-JPの報告書には、これまでSCP-XXXX-JPに指定されたオブジェクトは存在しないにも関わらず、過去に書かれたと思われる虚偽の情報が紛れ込んでいます。削除は未知の原因によって阻害されているため、上記の部分には打消線を使用していることに留意してください。

以下のような枠もあります。強制はしません。

このSCP-XXXX-JPの報告書には、これまでSCP-XXXX-JPに指定されたオブジェクトは存在しないにも関わらず、過去に書かれたと思われる虚偽の情報が紛れ込んでいます。削除は未知の原因によって阻害されているため、上記の部分には打消線を使用していることに留意してください。


全体的な評価ですが、アノマリーの個性が薄いです。
・空を飛ぶ
・現実改変者
・人型実体
こう、もっと何か欲しいです。空を飛ぶ現実改変者に何か個性を付け加えてほしいです。例えば破壊の目的や、アノマリーの過去などがあってもいいと思います。

現状dvですが、初執筆にしてはかなりレベルが高いほうだと感じました。もっと磨いて、上手くいけば番号がつくと思います。

by Nougat3cNougat3c, 02 Oct 2022 07:53

拝読しました。

プロトコルと説明の口調が異なっている点に違和感を感じます。読み物としては、同じ人物が書いているなら口調を統一するべきです。

タウミエルを使ってこれを止めようと考えたが、そんな時間もない。

財団は天才集団なので、Tiamat級のアノマリーの存在は速攻で察知してSCP-2000を起動して解決すると思います。ましてや空気汚染なので、簡単に観測可能です。

博士の勇敢な姿を描きたいなら、問題を解決できる博士のほうがもっとかっこいいです。財団が敗北していて、かつ報告書を残している例では、SCP-2513-JPがあります。博士自ら犠牲になって問題を解決する例としては、SCP-001-JP 飯落の提言があります。

収容も不可能です。対処も多分できません。

この博士は「対処できないから逃げて」と言っていますが、財団は対処として逃げることを選択します。というよりは対処できない場合諦めます。その例として、SCP-8900-EXや、SCP-6000があります。
最悪の場合、SCP-1430-JPのように並行宇宙へ人類を避難させるという手もあります。アノマリーが発生してから博士の独断で対処不可能と判断するのは財団らしくありません。

取り急ぎでKeterの報告書を書くならまだわかりますが、Tiamatへの分類は普通Keter級存在の研究が十分に済んだ後に行われます。

現状dvです。初執筆でしょうか。まずTiamat級存在の報告書を読み漁るか、普通の報告書として書かれたものを執筆してみるとよいと思います。

by Nougat3cNougat3c, 02 Oct 2022 07:01
XthoughtXthought 02 Oct 2022 06:27
ディスカッション 下書き批評 / ページごとの批評 » たにんごと

批評ありがとうございます。
実際私としても物足りない感じてはいたのですが、自分で言語化できずにもやもやしていたポイントでしたので、ご指摘いただいた点がまさに課題だと思います。
最低限の恐怖に関しましては保証しかねます(人によって何が怖いかはそれぞれ異なると思いますので)が、君の悪さや不気味さといった部分はより意識して改稿したいと思います。

by XthoughtXthought, 02 Oct 2022 06:27
ページ 1123...次 »
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License