SPC下書き『かの種を叩き潰せ』

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局(CICAPOCO)による通達

SPC-397-JP現在進行中のプロジェクトです。このプロジェクトは我々の存亡を懸けて、いかなる手段を持ってしても完遂される必要があります。

プロジェクト番号: SPC-397-JP

殴打ケイパビリティ: SCP-397-JPは高危険度対象全てに行われる殴打の方法です。SPC-397-JPの実行の方法、資料については報告書下部に添付されたものを参照してください。

プロジェクト構成: SPC-397-JPはSPC本部に代々受け継がれている殴打、攻撃方法の総称とそれについて訓練を受けたエージェントを含みます。殴打、攻撃方法は現在合計40にも及び、その全てにSPC-397-JP-1から40までのナンバリングがなされています。また、特別殴打研究部門により新しい殴打方法の提唱がなされた際、そのナンバリングに加えられることがあります。以下はその殴打方法の一部です。完全版については付属の報告書を参照してください。

ⅠⅠ~ ナンバリング ⅠⅠ~ 期待される効果 ⅠⅠ
ⅠⅠ SPC-397-JP-1 ⅠⅠ 最も一般的な殴打方法、水中にいる対象を時速██kmで殴打、もしくは突撃する。 多くの場合対象へのダメージが許容量を超えるため、対象は死亡する。そのため、殴打場所は問わない。 ⅠI
ⅠⅠ SPC-397-JP-4 ⅠI この場合、対象は時速██km以下での弱い殴打でも死亡する。 ⅠI
ⅠⅠ SPC-397-JP-11 ⅠⅠ 対象の生殖器を狙った殴打。 対象の繁殖活動を大きく阻止できるため、対象の殺害を求められない殴打、もしくは殺害難度が高い場合に行われる。また、対象が雄個体の場合、多くの場合で成功の際には死亡する。 ⅠI
ⅠⅠ SPC-397-JP-17 ⅠⅠ 自身の体表に伝わる微細な振動から対象の位置を把握する方法。理論上は約1.2km先の対象の位置を把握することが出来る ⅠI
ⅠⅠ SPC-397-JP-21 ⅠI 対象の血の匂いを的確に察知する方法。通常の30倍の範囲の察知が可能になる。 ⅠI



ERROR

The yzkrt's portal does not exist.


エラー: yzkrtのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3205804 ( 02 Jun 2018 12:45 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License