SCP-XXXX-JP - 彼の公園 第三改訂版

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは封鎖され、カバーストーリー「危険生物が生息」を適用します。SCP-XXXX-JP内は監視カメラで監視し、侵入者を発見した場合、拘束し、記憶処理後に解放します。可能な限り午前8時から日没まで、1人のDクラス職員へ異常性が発現している状態を維持してください。また、SCP-XXXX-JP-1にはnPDN1を使用します。

説明: SCP-XXXX-JPは北海道██市に存在する75m四方の領域です。入口付近には「████公園」と看板が立てられています。中央24m四方(以下SCP-XXXX-JP-B)には砂が敷き詰められており、外縁は森林になっています。

SCP-XXXX-JPの異常性はSCP-XXXX-JP-A内に侵入(以下、侵入者をSCP-XXXX-JP-Bとする)したときに一定確率で発現します。確率は午前6時に上昇し始め、午前8時に100%に達します。その後、日没の1時間前に減少し始め、日没の1時間後に0%に達します。

SCP-XXXX-JPの異常性が発現すると、SCP-XXXX-JP-1が発生します。SCP-XXXX-JP-1はクラスB霊的実体2です。SCP-XXXX-JP-1は自らを█歳の田中██という男性であると名乗り、それはSCP-XXXX-JP-1の精神年齢などと概ね一致しています。このような人物は実在しません。補遺1を参照。また、SCP-XXXX-JP-1は破壊不可能で、一切の食事、睡眠を必要としませんが、こちらが要求した場合はそれに従います。また、一切の成長の兆候を見せません。

SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JP-Bと「遊ぶ」ことを好みます。それはSCP-XXXX-JP-Bが中断を要求しない限り行われ続けます。なお、SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JP-Aから脱出できないため、収容違反の危険はありません。また、SCP-XXXX-JP-Bは(nPDNなどにより実体化されているかに関わらず)SCP-XXXX-JP-1を視認でき、SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JP-Bのみに対する作用力を持ちます。

SCP-XXXX-JPは202█年1月█日に「死んだ知り合いが公園にいた」という通報が財団の興味を引き、財団に収容されました。目撃者には記憶処理を施し解放しました。


補遺1: SCP-XXXX-JP-1の情報と概ね一致する一般人の情報を入手しました。それはSCP-XXXX-JP-1の申告による年齢で、非異常の疾患で死亡しています。なお、死因などはSCP-XXXX-JP-1から得た情報と一致しています。

補遺2: これ以降の情報開示はXXXX-JP/4クリアランスが必要です。

職員コード
パスワード

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The yuto-20200813's portal does not exist.


エラー: yuto-20200813のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6733834 ( 16 Sep 2020 21:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License