FGWS(空飛ぶホホジロザメ)

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP(Flying Great White Shark)は現在、████県の██生物研究所の第█収容区の10 x 10 x 10メートルの鉄製の部屋に収容されています。3日に1回、Dクラスの職員がSCP-XXXX-JPの主食とされているカラスを与えます。SCP-XXXX-JPは普通のホホジロザメが主食としているものは一切口にせず、カラスのみを捕食します。

説明: SCP-XXXX-JPは、全長5.6メートルで、標準的なホホジロザメと外見は同じです。しかし、一般的なえら呼吸は行わず呼吸をせずに生きていることや、尾びれの部分からガスを放出し、その力で時速20キロメートルの速さで飛んでいるということが研究所所長の芦澤博士により発見されました。

生殖はできず、SCP-XXXX-JP単体で生きており収容前は██県の███山に生息していました。2018年8月█日、SCP-XXXX-JPがカラスを捕食していたところ、偶然生物研究所のブライアン研究員が発見しました。SCP-XXXX-JPは人語を話すことで意思疎通ができ、ブライアン研究員はSCP-XXXX-JPが人類には友好的ということを発見時の様子の音声で残しました。

ブライアン研究員のインタビュー

対象: SCP-XXXX-JP

インタビュアー: ブライアン研究員

<録音開始, 2018/08/██>

ブライアン研究員: 「何で…ホホジロザメがこんな山の中にいる…?」

SCP-XXXX-JP: 「見つかってしまったか…」
ブライアン研究員: 「しゃ…喋れるのか?」

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Yousuke_racoon's portal does not exist.


エラー: Yousuke_racoonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5392606 ( 14 Jun 2019 13:11 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License