命爆発!
評価: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Euclid Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPはサイト-81██の、厚さ10cmのコンクリートに囲われた、10×10×20mの収用室に収容されます。床には10×10m、厚さ5cmの鉄板が敷かれています。

SCP-XXX-JPには機動部隊む-4「庭師」によるプロトコル・切り落としが通常2時間ごとに行われます。引火性の高い服装や物品は、収容室内に絶対に持ち込まないで下さい。収容室内は常に酸素濃度計測器を設置し、遠隔監視カメラで監視できるようにします。SCP-XXX-JPに関する実験及び作業は、必ず遠隔監視カメラ越しに、レベル3以上のセキュリティクリアランスを持った職員2人以上の指示の下で、防護服を着用して行われます。また、収容室内は常に照明を点灯しておいてください。

収容室内の酸素濃度が正常な値を█%上回った場合、即座にプロトコル・切り落としと収容室内の換気を行い、酸素濃度が正常な値になるまで続けてください。SCP-XXX-JPの収容に失敗した場合、収容違反を起こした部位を全て切除し、収容室内に収まるようにしてください。
SCP-XXX-JPの安定した収容方法が確立されました。これによりオブジェクトクラスがSafeに再分類されました。改定後の特別収容プロトコルは、以下を参照してください。

説明:SCP-XXX-JPは直径36cmの鉢植えに植えられている、高さ18mのDiospyros kaki(柿)です。遺伝子上は一般的な柿の木と変わりありませんが、その枝葉は本来の柿の木より丈夫で、収容室の隔壁を貫いた記録があります。鉢植え事態に異常性は確認されておらず、所々破損しており、穴から出ている根に巻きつかれるように大部分が覆われています。

SCP-XXX-JPは、枝葉が毎時間2mの視認困難な急成長を起こしています。SCP-XXX-JPを視認して5~7分以上経つと、対象はその成長を視認出来なくなる認識災害を受けます。この認識災害はSCP-XXX-JPを視界から外し、15分程経つことで解除されます。SCP-XXX-JPの継続的な観測は、監視カメラや写真を通してのみ可能です。

SCP-XXX-JPが暗所に置かれた場合、SCP-XXX-JPの枝葉は毎時間5mの視認困難な急成長を引き起こします。またSCP-XXX-JPの急成長は、偶発的に空気中の酸素濃度上昇を引き起こすことがわかりました。この酸素濃度の上昇具合は成長速度に比例しており、作業員が「肺の痛み、手足の震え、目眩」などの酸素中毒の症状を訴えたことで明らかになりました。

SCP-XXX-JPはこの異常性のため、18m以上の成長、及び収容室の隔壁の破壊が行われる危険性がある場合にて、枝葉の部分的な切除が許可されています。切除したSCP-XXX-JPの枝葉には、異常性は確認されていません。

発見の経緯:SCP-XXX-JPは201█/06/30 ██県の██高速道路で起きた玉突き事故の、「前を走っていたトラックから何mもある木が倒れてきた」という証言が財団の注目を引き、確保に至りました。苗木を運搬していたトラックの運転手はSCP-XXX-JPを乗せた心当たりが無いと証言しており、SCP-XXX-JPの出所は不明です。収容当時のSCP-XXX-JPの高さは11mで、トラックの荷台の中で異常性が発生したと推察されています。SCP-XXX-JPの目撃者にはクラスAの記憶処置が施され、事後処理はカバーストーリー「テロの犯行」により、問題なく完了しました。

SCP-XXX-JPはその後、現在の収容室に収容されましたが、認識災害の異常性により他の異常性や偶発的な影響の発見が遅れ、SCP-XXX-JPは現在の18mまで成長しました。

事件記録SCP-XXX-JP:
201█/09/14 21:34、SCP-XXX-JPの収容室内が自然発火により爆発を引き起こし、収容違反が発生しました。爆発前の監視カメラの映像によると、当時の収容室内ではプロトコル・切り落としを行っており、照明を普段より長く点灯させていました。酸素濃度計の最後の計測では、酸素濃度は██%に達していました。外部の監視カメラから、以下の映像が回収されています。

[21:34:43] SCP-XXX-JPの収容施設の外壁が瓦解する様子が映っている。SCP-XXX-JPが炎に包まれたまま爆風で飛ばされ、開けた敷地に落ちる。

[21:38:57] 煙の昇る収容施設から防具服を着た職員が避難している。

[21:42:01] 職員達が懐中電灯を持ってSCP-XXX-JPを捜索。SCP-XXX-JPは多くの枝葉を失っており、3mほどの主柱が残っている。

[21:45:01] SCP-XXX-JPは縮れた根で這い、収容施設から50mほど離れた場所で根を張り始める。

[21:49:02] 職員達がSCP-XXX-JPを認識して近寄っていく。SCP-XXX-JPは3mほどの苗木になっているのが見える。

この収容違反事例以降、SCP-XXX-JPの認識災害の異常性は確認されていません。急成長の異常性も確認されないことから、SCP-XXX-JPが全ての異常性を失ったと考えられていましたが、SCP-XXX-JPに小型コンテナを被せたところ、収容時と同様の異常性が確認されました。このことからSCP-XXX-JPは暗所で急成長を起こすのではなく、閉所で急成長を起こすのではないかと考えられています。SCP-XXX-JPは異常性事態は失っていないと判断され、Safeクラスオブジェクトとして特別収容プロトコルが更新されました。

補遺:
破壊されたSCP-XXX-JPの鉢植えの破片に、ラベルが貼ってあるのを発見しました。ラベルの紙や印刷インク等に異常性は確認されていません。このような名前のプロジェクト団体は確認されておらず、SCP-XXX-JPとの関係性は不明です。

お迎えいただきありがとうございます。どうか、のびのびと成長できる所へ植えてあげてください。この一本が豊かな自然に繋がりますように。

みどりのだいちプロジェクト


ERROR

The youkazu's portal does not exist.


エラー: youkazuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:youkazu ( 03 Jun 2018 21:51 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License