SCP-XXXX-JP 静かな夜におやすみなさい

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは地下1km地点にある、サイト-81██内の快適居住型上級収容室に収容してください。当オブジェクトの性質上、サイト-81██に勤務する職員は、サイト-81██内で1日を16時間とした生活をする、もしくは午後10時30分までにはサイト-81██から半径1km以上離れた場所へ移動し、対象の能力の範囲から撤退してください。当オブジェクトへの面会はオブジェクトの精神状態が安定していると確認されている場合に限り、自由に行うことが可能です。

説明: SCP-XXXX-JPの見た目は13歳の日本人の少女で、身長は143cm,体重は20.3kgです。対象は、黒髪を腰あたりまで伸ばしており、活動時は常にうなじ付近でひとまとめにしてあります。

SCP-XXXX-JPの異常性は、SCP-XXXX-JPが目を瞑ることによって発現します。異常性が発現すると、対象の頭部を中心とした、半径2mの球状空間(SCP-XXXX-JP-Aと呼称)を除いた、半径2.5m~2kmの球状空間(SCP-XXXX-JP-Bと呼称)内の時間が停止します。この状態のSCP-XXXX-JP-Bは、巨大な黒い球体として観測されています。尚、SCP-XXXX-JP-Bの範囲はSCP-XXXX-JPのストレスの強度によって変動することが確認されています。異常性が発現した時点での、SCP-XXXX-JP-A及びSCP-XXXX-JP-B内部へ外部から侵入する事は不可能です。

SCP-XXXX-JPは、12月10日23時17分に偶然██市内にいたエージェント紅葉くれはより突然巨大な黒い球体が出現したとの報告があったため、一度近隣住民を財団が所有する施設に避難させた後、調査部隊によって██県██市内にある一軒家の庭に座り込んでいるところを発見されました。

発見当時、SCP-XXXX-JPは全身に傷を負っており、切り傷 ██箇所、全身に及ぶ重度の火傷、打撲 ██箇所、頭蓋骨のひび、創傷 ██箇所、右腕の骨折、[削除済み]等が確認されました。

ERROR

The yorusakura's portal does not exist.


エラー: yorusakuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6652298 ( 30 Jul 2020 01:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License