SCP-JP下書き/裁きの剣、赦しの鐘

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png
%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%89%88.jpg

1899年、アメリカのオーバーン刑務所に出現したSCP-XXX-JP。現存する最古の写真

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は現時点では不可能です。対応は隠蔽に注力されます。

財団と同盟国間にはバスチーユ条約が締結され、刑務所との協力体制、公開処刑の原則禁止等が取り決めされています。条約全文は別紙XXX-JP-バスチーユ条約条項(要セキュリティクリアランス・レベル4/XXX-JP)を参照して下さい。

死刑執行の際は刑務官やジャーナリストに扮したエージェントチームが現場に立ち会い、SCP-XXX-JPの出現に備えます。出現が確認された場合は直ちに現場を封鎖し、記録の改竄、担当者への聴取を行い、完了次第目撃者にクラスA記憶処理を実施します。死刑囚の遺族が遺体の引き取りを希望した場合は、火葬後に引き渡して下さい。

財団監視外でのSCP-XXX-JPの出現に備えて、専用WEBクローラ(I/O-Saint-Just)がネットを巡回しており、情報漏洩の恐れがあるメッセージや画像は直ちにブロックされます。その後 、諜報局が発信者を特定してクラスA~B記憶処理を実施し、財団フロント企業ザ・シリーキャット・ピクチャーズがカバーストーリー「映画のワンシーン」を流布します。

説明: SCP-XXX-JP は世界各地の処刑場に出現する人型実体です。外見的には身長約180cmのコーカソイド系若年男性であり、近世ヨーロッパ風の赤いコートを身に付け、両刃の長剣を装備しています。会話の際はフランス語を用いますが、SCP-XXX-JPの発話内容はフランス語の知識がない人間でも理解できます。

SCP-XXX-JP は死刑が執行される直前、処刑場に突如出現します。正確な出現条件は確定していませんが、共通点としては刑務官や兵士等の執行担当者の中に受刑者に同情的な者がいた点が挙げられます。出現したSCP-XXX-JP は自分が処刑を代行すると宣言し、長剣で受刑者の頸部を切断します。この際、周囲の人間はSCP-XXX-JPに妨害を含む一切の干渉ができなくなります。後の聴取では「SCP-XXX-JPの威厳に圧倒されて近付けなかった」と述べています。その後、速やかにSCP-XXX-JPは消失します。

歴史部門が確認できている限り最古のSCP-XXX-JP出現例は、1871年、フランスのパリ・コミューン1関係者の処刑現場です。以降、本リビジョン編集時点まで███回の出現が確認されており、歴史的な著名人の処刑にも介入しています。以下はSCP-XXX-JP出現例の抜粋です。

SCP-XXX-JP-Case19
出現日時: 1901/6/5
出現場所: 中国(当時は清)、北京市内
受刑者: 氏名不明、義和団2のメンバー
罪名: 国家反逆罪
予定されていた執行手段: 刀による斬首刑
執行担当者の状態: 担当者は全員中国人であり、受刑者への同国人意識、欧米列強への反感等から、執行に罪悪感を抱いていた。

SCP-XXX-JP-Case27
出現日時: 1910/3/26
出現場所: 中国(当時は清)、旅順刑務所
受刑者: 安重根3
罪名: 殺人罪
予定されていた執行手段: 絞首刑
執行担当者の状態: 担当者の一部が受刑者との交流を経て、その信条や人格に共感を覚えるようになっていた。

SCP-XXX-JP-Case32
出現日時: 1917/10/15
出現場所: フランス、サンラザール刑務所
受刑者: マルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ4
罪名: スパイ罪
予定されていた執行手段: 銃殺刑
執行担当者の状態: 担当者の一部が受刑者のファンだった。また、証拠が薄弱であることから、判決を疑問視する担当者も存在した。

SCP-XXX-JP-Case59
出現日時: 1945/1/31
出現場所: フランス、サント=マリ=オ=ミーヌ村
受刑者: エドワード・ドナルド・スロヴィク5
罪名: 脱走・敵前逃亡
予定されていた執行手段: 銃殺刑
執行担当者の状態: 当時のアメリカ軍では戦争への忌避感から脱走が頻発しており、担当者の大部分が受刑者に同情的だった。

SCP-XXX-JP-Case77
出現日時: 1950/4/7
出現場所: 日本、巣鴨プリズン
受刑者: ██ ███、石垣島事件6に関与した元海軍兵
罪名: 戦争犯罪(B級)
予定されていた執行手段: 絞首刑
執行担当者の状態: 担当者の一部が、受刑者の「上官に命令されて逆らえなかった」という陳述に共感を抱いていた。

上記理由によりSCP-XXX-JPの収容は現時点では不可能ですが、出現条件が限定的、受刑者以外に危害を加えたケースがない、隠蔽手順は確立されている等の点から、オブジェクトクラスはEuclidが妥当と判断されています。

追記1・資料-XXX-JP-αに関して: 201█/██/█、フランス、パリ市のノートルダム大聖堂の書庫から、SCP-XXX-JPに言及している可能性がある資料が発見されました。手紙の一部と考えられていますが、保存状態の悪さから著者等の詳細は不明です。以下はその抜粋です。

資料-XXX-JP-α"ノートルダム書簡": 原文はフランス語、一部に不明な語句あり

[破損により解読不能]に関してはバチカンに悟られぬよう、くれぐれも慎重に行動すること。

次に、各地の処刑場に現れる、深紅の外套の処刑人について。かの者は神聖にして不可侵であり、妨害は不可能にして無用である。かの御仁こそ[解読中]に転生せしムッシュ・ド・パリ、シャルル=アンリ・サンソン7である。

サンソン氏は正規の騎士でこそないが、騎士団への貢献度、神智の理解の深さは計り知れないものであった。先代はかの御仁こそ後継者に相応しいと考えた。私も全く同意見であった。しかし、あくまで王家への忠誠を貫く彼は辞退した。

先代はサンソン氏に代わりの望みを訊ねた。彼は世界から死刑を根絶して欲しいと願った。さしもの騎士団でも、それは不可能だった。人類は未だ[解読中]には達していない。ならばせめて、罪の重みに苦しむ刑吏たちに代わって、死後も裁きの剣を振るい続けたいと彼は願った。

先代がどのようにサンソン氏の願いを叶えたのかは、私も知らない。しかし、おそらくは[解読中]の秘蹟を用いたのであろう。確かに、氏であれば資格は十分だ。処刑人という家業8を呪いながら、時代に強いられ2700以上もの人々を処刑せねばならなかった。彼ほど、魂の痛みに耐え続けた者がいるだろうか?

死という救い手すら拒み、今日もサンソン氏は理不尽な死刑を代行し続けている。世界から死刑が根絶されるまで、その魂が休息することはないであろう。我々は彼のためにも、1日も早く頑迷を廃し、人類を神智に至らせなければならない。

連絡は以上である。汝にジャック・ド・モレー9の祝福あれ。

[破損により判読不能]騎士団
パリ分団領 グランドマスター [破損により判読不能]


 
 
 
IGokuhi.png
 
諜報局による機密指定、要セキュリティクリアランス・レベル4/XXX-JP
 
ID
PASSWORD

~記事ココマデ、お読み頂きありがとうございました!~

予定タグ・scp-jp keter neutralized K-クラスシナリオ リュミエール騎士団 カオス・インサージェンシー 瞬間移動 精神影響 テレパシー 人間型 外部エントロピー 未収容 歴史

◆心配な点

1. 面白いでしょうか? シャルル=アンリ・サンソンについてご存知ない方でも楽しんで頂けるでしょうか?
2. 「エモい」表現が多い記事ですが、悪い方向に作用していないでしょうか?
3. 分かりにくい点はないでしょうか? おありでしたら↓の裏設定をどうぞ。説明的になりすぎないようあえて省略した箇所なのですが、お伝え出来ていないならもっと説明すべきでしょうか?

その他、お気づきの点がございましたら、遠慮なくご指摘下さい。できれば代案もご提示頂けると助かります。

ERROR

The ykamikura's portal does not exist.


エラー: ykamikuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2257305 ( 18 Jun 2018 09:42 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License