リサコン下書き 喧嘩するほど仲が良い
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPから5mの範囲は振動センサーを設置した高さ3mのフェンス及び有刺鉄線により封鎖され、カバーストーリー『私有地』の流布により民間人から隔離されています。常時設置された監視カメラにより監視を行い、万が一SCP-XXXX-JP-Aが確認された場合、直ちに終了され、SCP-XXXX-JP-Aとの関わりがあった人物らには通常の記憶処理プログラムが施行されます。

説明: SCP-XXXX-JPは神奈川県横浜市の███に存在する木造の小屋を中心に発生している異常領域です。小屋は非異常性の建材を用いた部材により建造されており、小屋そのものは異常性を持ちません。

小屋からおよそ5m以内に侵入した人物(以下、SCP-XXXX-JP-Aと表記)は、自身が親しい仲だと認識している人物1(以下、SCP-XXXX-JP-Bと表記)に対する殺害衝動が引き起こされます。この衝動はSCP-XXXX-JPの影響範囲外に出た以降も継続され、加えて記憶処理も効果を示さず、現在まで取り除く事が出来ていません。この間SCP-XXXX-JP-Aに対する他者からの物理的な干渉は全て効果を示さなくなります。

SCP-XXXX-JP-Aの殺害衝動は、全てのSCP-XXXX-JP-Bが死亡した場合にのみ解消されます。これは殆どの場合SCP-XXXX-JP-A自身により達成されますが、多くの場合SCP-XXXX-JP-Aは自身のとった行動に対し後悔を覚え、重度の鬱病に罹患し、数日以内に自殺します。この自殺は異常な精神影響によるものではなく、通常の心理的な反応である事が影響者に対する心理分析により判明しています。

補遺1: 初期収容の後、記憶処理が行われたDクラス職員によりSCP-XXXX-JP内の調査が行われました。以下は内部より回収された物品のリストです。

  • 4名の男性の死体。全ての死体に骨折や痣等の損傷が見られ、この内の1名は首を吊った状態で死亡している。この人物らの身元は判明している。
  • 遺書と思われる文書。首を吊った死体から回収された。

これらの死体は小屋内の状況から互いに殺し合ったものと推察されています。調査の結果これらの人物の家族や恋人ら全員が行方不明となっていることが確認されており、遺書に記されている情報からSCP-XXXX-JP-Aらにより殺害、その後死体の隠匿が行われたものと推察され、現在捜索が行われています。

補遺2: 以下は収容後まもなく行われた実験の記録です。実験は、一部のDクラス間で複数のコミュニティを形成させることで互いに親しい仲だと認識させ、その後コミュニティ内の人物をSCP-XXXX-JP内に侵入させる形で行われました。

実験記録XXXX-JP.1 - 日付2019/01/25

対象: D-XXXX-JP-α-1

実施方法: D-XXXX-JP-α-1を除くコミュニティ内のDクラス職員に記憶処理を行い、D-XXXX-JP-α-1に関する記憶を消去する。

結果: 異常性は発揮されなかった。

実験記録XXXX-JP.2 - 日付2019/01/26

対象: D-XXXX-JP-β-1

実施方法: D-XXXX-JP-β-1に記憶処理を行いD-XXXX-JP-β-2に関する記憶を削除する。

結果: 殺害衝動はD-XXXX-JP-β-2には向けられず、他のDクラス職員にのみ向けられた。

実験記録XXXX-JP.3 - 日付2019/01/27

対象: D-XXXX-JP-γ-1

実施方法: D-XXXX-JP-γ-1に記憶処理を行いコミュニティ形成後の他のDクラス職員の記憶を削除する。

結果: 異常性は発揮されなかった。

分析: 異常性が発揮されるにはSCP-XXXX-JP-AとSCP-XXXX-JP-Bが互いに親しい仲であると認識している必要があると思われる。

実験記録XXXX-JP.4 - 日付2019/01/28

対象: D-XXXX-JP-δ

実施方法: 対象ら全員をSCP-XXXX-JPの影響範囲内に侵入させる。

結果: 異常性は発揮されなかった。

ERROR

The yanapppppu's portal does not exist.


エラー: yanapppppuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3972104 ( 02 Jun 2018 11:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License