Yamatt 8 5dab

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは20██/█/█の時に死亡したと思われるためプロトコルは終了しました。
[プロトコル終了前]
SCP-XXX-JPは鏡が設置されていないスクラントン現実錨が設置されている標準人型オブジェクト収容室で収容してください。
SCP-XXX-JPに接触したい場合はクリアランス4を持っている博士3人に許可を得た後に機動部隊k-す(信仰妨害)をSCP-XXX-JPの死角あるいは認識出来ない範囲で収容室の近くに待機させてください。
SCP-XXX-JPが自身に対し『信仰』を行った場合は機動隊及びサイト管理者はBクラス記憶処理剤をSCP-XXX-JPと付近の職員に散布してください。失敗した場合は下記にしてます。
SCP-XXX-JPが認識出来る周囲に3名以上近付けるのは収容違反を起こしてしまう可能性がある為禁止されています。
SCP-XXX-JPが神社または一定数以上の人が畏怖やされている建築物、関連物に近づくことをさせないで下さい。
また、SCP-XXX-JPを使った実験(『信仰』)を行うことはO5-██により凍結されています。
SCP-XXX-JPが収容違反を起こした場合収容されいているサイトごと爆破することになっています。
説明: SCP-XXX-JPは██歳の標準的な日本人男性の体型をしていますが記録上の姿と異なっています。SCP-XXX-JPは信仰あるいは伝承で祀られている建築物、関連する物体に対して『願う』、『参拝』、『信仰』をすることで現実改変を行うことができます。しかし、SCP-XXX-JPが改変できるのは事象のみです。

補遺: SCP-XXX-JPは事件記録20██/█/█-XXXにて死亡したと見られオブジェクトクラスはNeutralizedに変更されました。

僕は好きな人に告白したかったんだ…

異常性
自分が神様がいると思ったところがヒューム値を高くする
自分が神とした時は全てを消す

ストーリー
好きな人が見つかった日本人大学生しかし、丁度海外旅行に行くことになった
行ったところで謎の組織にぶつかってしまう…すべての責任を負った大学生に突きつけられた示談の条件とは…

告白するために自分の異常性を知らずに帰国
帰ってすぐに近くの神社で危機的状態で告白できますようにと願うしかもそこには立派な神様がいると思いながら(無意識)
当然異常性が発生した
突如として現れた巨大な隕石が出現
破壊しようと世界中のと協力しながら財団も活動したが上手くいかなかった
しかし、 とある女の人が異常に高いヒューム値を確認した
監視カメラの映像から大学生を特定
あそこはただの安全祈願する場所と教えるとヒューム値が下がっていき正常に戻ったことから拘束
実験の過程から
現実改変を持っていることから財団ではすぐに終了するべき派と財団で飼い慣らして自由に使える道具にしよう派に分かれた
しかし、少しながらもこの大学生に情をうつした女の人が救おうとなんと蛇の手の1人と接触していたことが判明された
この事ですぐに拘束
が、大学生は女の人が殺されたと勘違いした
大規模改変が発生
最初に出会った神社で1000ヒューム値が発生
地球のヒューム値を消そうとした
だったのだか…GOCの特殊部隊が神社を破壊
ヒューム値は戻り大学生は同時に死んだ
終わり

ERROR

The Yamatt's portal does not exist.


エラー: Yamattのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:yamatt ( 08 Jun 2018 11:47 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License