溜まってる箪笥 - 悪コン用だったけどその他になりました

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは日本支部各サイトの監視用機材が備わっていない収容室の中央に固定して設置してください。また収容室の出入口には武装した警備員を2名配置してください。
中に入るには記録媒体やオブジェクトをある程度破壊できる程度の強度をもった武器などを装備をしないで下さい。なお、SCP-XXX-JP-2を確認してしまった職員にはAクラス記憶処理を行ってください。記録媒体があった場合はその記録を消去してください。
SCP-XXX-JPで制作した衣服は各サイトの事務員(補遺1を参照)が取り出してください。
SCP-XXX-JPに給仕する時、職員は中身を確認せずに行ってください(サイト管理者のみ補遺2を参照)。
SCP-XXX-JP-1が破壊された場合は即座に予備の桐で作られた箪笥をSCP-XXX-JP-2の近くに出してください。

説明: SCP-XXX-JPは現在財団日本支部各サイトにて使用されている衣類を制作しています。
SCP-XXX-JPは桐の素材で作られた高さ150cm横幅50cm奥行30cmで出来ている3段式の箪笥(以下SCP-XXX-JP-1と表記)と[編集済み]に類似した姿をしていますが自我を持っている小型生命体の群れで構成されています(以下SCP-XXX-JP-2表記)。

SCP-XXX-JPで、もっとも多く制作されている衣服は各職員(研究員、博士の白衣、Dクラス職員用の服)のと収容中の人型オブジェクトの服です。各サイト管理者の許可があれば様々な服装、また特殊な実験に使われる衣類も提供します(申請履歴を参照)。制作される衣類は異常性を持って制作されることも出来ます。

SCP-XXX-JP全てが1日に制作する衣装の限度は実験により96164着まで制作可能でした。

SCP-XXX-JPで衣類を制作しているのはSCP-XXX-JP-1内部に居るSCP-XXX-JP-2です。SCP-XXX-JP-2は全長10cmの[編集済み]に酷似し黒く体色をした小型の生命体群です。
SCP-XXX-JP-2を記録した媒体や直接目視した被験者(以下暴露者)はSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2に対し生理的に嫌悪感を想起させる認識災害を引きを越しその結果SCP-XXX-JPを破壊しようと試みます。破壊された場合、新しく出現するSCP-XXX-JP-2には破壊された要因や物理法則を無視た耐性を持っています。

補遺1: 軽度の認識災害に対し耐性を持っている職員を選んでください。いなかった場合はプロトコル通りに行ってください。
補遺2: SCP-XXX-JPが前述した服を制作する際に必要とされるのは生物から生成された排泄物または類似た有機物を吸収して制作すると思われます。但しSCP-XXX-JP-2が必要とされる食料を知っているのは衛生上の問題の為サイト管理者のみしか知らされていません。

    • _
    1 SCP-███-JPのために[編集済み]の施したデザイン入りの服
    2 サイト81██管理者の私服用にシンプルなデザインの服
    3 敵対組織潜入のために変装用1式
    4 劣化がしにくい白衣
    5 機動隊員用に防弾チョッキ30着 サイト管理者により却下されました
    6 機動隊員用に防弾チョッキ2着──軽い上に通気性や着心地も何故だかいい。──機動隊員
    7 エージェント・カナヘビの私服
    8 [削除済み]サイト管理者により却下されました
    9 絶対に破けないシャツ──流石に絶対は無理だと思う。──██事務員─出来ちゃいました。──██事務員─Anomalousアイテムに指定されました。──サイト管理者
    10 ミーム汚染しないシャツ──制作されたのは特に異常性も無い白い猫が描かれてあるシャツでした。──サイト管理者ねこのシャツ
    11 水に濡れると透ける水着または衣服 サイト管理者により却下されました。
    12 洗わ無くても1時間で綺麗になるピエロの衣装1式
    13 ████のフロント用に防弾する制服衣装──定期的に配布予定です。──フロント管理者████
    14 着用したら水深3000kmまで潜水できる潜水服──3週間も待ったかいがあったよ。──█研究員──素材がなかなか集まらなかったので時間がかかりました。なお、減圧症などの症状は出ませんでした。──サイト管理者
    15 着用したら頭部に狐の耳が追加される服──今後これに類似する衣服の申請は問答無用で却下されます。──サイト管理者── 後日この申請したエージェント████と許可したサイト-81██管理者は██管理員により顔面に平手打ち1万回されていました。──目撃者Sの証言
    16 着たらyes か noのどちらかが表示されるエプロン サイト管理者により却下されました
    17 光が当たるとその部分だけ透明になる全身タイツ──光が当たって消えるのはタイツのみでした。──エージェント██──サイト内での使用は許可されていません。──サイト管理者
    18 SCP-███の攻撃さえも耐える防護服(ヘルメット付き)──耐えましたけど中の人が無事ではないと想定されたので配布は見送りでした。─████
    19 [削除済]─サイト管理者により却下されました。
    20 知性を持っている[編集済]が入っている長袖の服──[編集済]が書かれていること以外異常性は確認されませんでした。

    SCP-XXX-JPに申請したのを追記してください。コメントを残すことも許可されています。

使った素材/http://sp.seiga.nicovideo.jp/seiga/#!/im4782060
使ったSCP http://ja.scp-wiki.net/scp-040-jp
人事ファイル/エージェント・カナヘビ
クリエイティブ・コモンズに従います。

参加して███回目だけど、いい加減そろそろ俺達にも気づいて欲しいよな ←うん

ERROR

The Yamatt's portal does not exist.


エラー: Yamattのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:yamatt ( 08 Jun 2018 11:47 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License