SCP-XXXX-JP-J-カバーストーリー

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP-J

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-Jは不定期な出現と、変動するアドレスのため現在収容には至っていません。SCP-XXXX-JP-Jに係る研究員はSCP-XXXX-JP-Jが発生した際、プロトコル<SCPを作成するには?>に従ってSCP-XXXX-JP-Jに虚偽の報告書をアップロードし、SCP-XXXX-JP-Jから現実味を取り除くよう努めてください。実在するSCP-JPの報告書のアップロードについては、主任研究員の許可の下でのみ行えます。

説明: SCP-XXXX-JP-Jは、不定期にインターネット上に出現するウェブサイトです。出現の度にアドレスは変更されています。サイト名は█████であり、検索サイトを用い█████を検索すると、ほとんどの検索サイトにおいて上位に表示されることが明らかになっています。
SCP-XXXX-JP-Jには、財団が所有するSCPのうち████体のSCPに関する報告書がアップロードされており(20██/██/██現在)、不定期な出現の度に情報が更新されることが確認されています。SCP-XXXX-JP-J内で各報告書は”創作物”として認識されており、報告書に対するアドバイスを行うページなども設けられています。ウェブサイト発見当初、情報の流出が疑われましたが調査の結果その可能性は否定され、同ウェブサイトはSCP-XXXX-JP-Jとして収容の対象となりました。



プロトコル<SCPを作成するには?>

この記事はHow To Write An SCP(原著作者:The Administrator)を元に作成されています。

SCPを書きたいあなたへ

あなたが読んでいるのはSCP作成のガイドVer2.0です。あなたがこれを読んでいる場合は、おそらくSCP財団のメンバーになって、あなたの手で記事を作ってみようと思っているでしょう。このページでは、記事を書き始めるときにあなたをより良い方向に導くことを目的としています。飛ばしたりせずに、注意深く読んでください。読み終えたら、もう一度読んでください。あなたは人間ですので(だよね?)、見逃しがあるかもしれませんから。

書いてみる前に: 少し考えてみましょう

基本的には、成功したSCPの記事は、以下の要素をほとんど、またはすべてを持っています。

  • 興味深いアイデア
  • 現実的な「特別収容プロトコル」
  • わかりやすい「説明」

これらは良いSCP報告書に不可欠なものです。ごちゃごちゃと説明を増やしても良い報告書にはなりません。
まずはあなたのアイデアを整理してみることから始めましょう。

多くの最初のSCP記事は、主に作家の経験不足のために、一つまたは別の理由によって無残にも失敗します。

これは、挑戦しようとさえしないことの言い訳ではありません
これは、すべての新しいメンバーに降りかかる呪いではありません
これは、人生の事実や世界の真理などではありません

これは挑戦なのです

著者がどんな、どのようなSCPを書けばいいか瞬時に理解したなら(まれですが)、または彼らの振舞い方と状況を把握することに時間を費やしたならば、その記事はとてもすばらしいものになります。下書きと批評のフォーラムまたは私たちのIRCチャンネルにて批評を受けることで、最初のSCP記事が失敗する恐れを回避する手助けができます。

評価の低い記事は、通常評価が-3以下で削除勧告から72時間経った後に削除されます(削除のガイドラインを参照)。あなたの記事が削除されたとしても、必要以上に落ち込まないでください。最初のSCP記事が失敗しても、経験から学べばよいのです。もう一度使えるアイデアがないか探し、書き込みの面で機能しているものとそうでないものを探し出してください。時々作者としてのレベルがアイデアに対して不足している場合、それを書くのにいい手段が思いつくまでアイデアを保存しておくのもよい方法です。あなたは自身のサンドボックスにそれを保存することができます。必須である客観的な語調に問題があるのを見つけてしまったとしても、財団世界に合致する理由と主題があり、テーマを探せているのならば、あなたはTaleをかけるでしょう。TaleはSCP記事未満ではありません。

「ジンクス」を振り払うために無闇矢鱈と完成度の低いSCP報告書を投稿するのはお止めください。最初のSCPを投稿したというだけでも大きな一歩です。チャットやフォーラムでサイトメンバーと交流してみてください。このような交流はサイトに良い雰囲気を醸成し、また新しく参加するメンバーの指針にもなります。

我慢こそが上達へつながる唯一の道です。まずはサイトに腰を落ち着けて、色々な記事に目を通してみてください。
何が良くて何が悪いのか、どのような記事が高評価なのか、人々はどんな記事を求めているのか。こういった点についてよく考えて見れば、執筆のスキル向上に役立つでしょう

次は何をすればいい?

あなたが自分のSCPを書くために次にするべきことは、このページの一番上に戻り、他のタブの内容を確認することです。









職員コード
パスワード

[[collapsible show="利用開始" hide="利用終了"]]




認証中……




認証終了/


対象XXXX


対象識別表記: 対象XXXX

対象階級: 須要

対象保護規定: 対象XXXXは我が█████によって創出された、インターネット上に不定期に発生するウェブサイトである。対象XXXXに係る職員は対象XXXX上に定期的に文書をアップロードせねばならない。アップロードする文書の内訳は、実在する対象のレポート██%、虚偽の対象に関するレポート██%を保たねばならない。

概要: 対象XXXXは我が█████の根幹とも呼べる虚偽事実"SCP財団"を構成するウェブサイト
である。対象XXXXは保護対象の存在を陳腐化、一般化することにより"保護対象は創作であり実在しない"という虚偽の事実を流布することを目的とし、総会によりその作成が決定された。対象XXXXには"対象レポート制作手順"を示すページが備え付けられている。制作手順指示ページにおいて"対象(SCP)は実在しない、創作物である"という点が強調されている。また、定期的に"明らかに虚偽であると感じるほど現実味のない対象レポート"を投稿することで対象レポートが創作物であることを示す必要がある。


対象レポートの数が多ければ多いほど、対象の持つ異常性は希釈される。そのため定期的な更新は必須であると言えるだろう。 ―██准教授




以下は███教授が本レポートに残したコメントである。重大な機密を含むため閲覧には職員階級六が要求される。







職員階級六を確認……










対象XXXXは、我が█████の虚偽事実であり、同時にSCP財団のカバーストーリーでもある。対象XXXX、つまりSCP-XXXX-JP-Jは我らのカバーストーリーであり、彼らの虚偽事実である。その重大性は重大であるが故に、できうる限り虚偽に落とし込まねばならない。



ERROR

The yakisakeonigiri's portal does not exist.


エラー: yakisakeonigiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4146431 ( 31 May 2018 16:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License