変異マトリョーシカ

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1からSCP-XXX-JP-5は低脅威物品保管用ロッカーに保管してください。SCP-XXX-JP-6以降に出現したSCP-XXX-JPは倒れないよう、支えとなるものを置いた状態で収容してください。SCP-XXX-JPを用いた実験には耐酸仕様の実験室にて3名の警備員と共に行ってください。実験にはクリアランス2以上の職員クリアランスレベル4以上の職員1人の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは中間の位置に分割部分を持った一般的な木製のマトリョーシカに見えます。(初期段階で5cmほどのオブジェクトをSCP-XXX-JP-1とし、それ以降は出現した順に(なんて言うか分からない)が付けられます)

SCP-XXX-JPは分割部分を開くことで特異性を発揮します。開かれたSCP-XXX-JPからは縦、横幅、高さが2倍となり、前回と材質が異なった状態でSCP-XXX-JPが出現します。(以降、出現の元となったオブジェクトをSCP-XXX-JP-Aとし、出現したオブジェクトをSCP-XXX-JP-Bとします。)何故SCP-XXX-JP-A内部にSCP-XXX-JP-Bが収まる事が出来たのかは不明です。
その際、SCP-XXX-JP-Aは伸縮可能な状態となり、SCP-XXX-JP-Bを摘出出来るようになります。SCP-XXX-JP-Bの摘出後、分割部分と共にその状態は消失します。
SCP-XXX-JPはその材質によりますが、破壊は基本的に可能です。しかし、中の空間は完全に喪失しており、中心部の破壊が出来なかったため、SCP-XXX-JPを再度入れ直すことは不可能とされています。

SCP-XXX-JPは、201█/██/██に██県██市の雑貨店にて、「おかしなマトリョーシカのせいで店が壊れている」との通報を受け、回収されました。当時、SCP-XXX-JPは██個出現しており、その大きさは███mにまで増加していました。発見者にはインタビューを行った後に、記憶処理を施しました。

現在、SCP-XXX-JPは██回開かれており、SCP-XXX-JP-██の大きさは████mにも増加しています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Yaitatori's portal does not exist.


エラー: Yaitatoriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6559146 ( 19 Jun 2020 14:24 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License