SCP-524-JP

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-524-JP
オブジェクトクラス:Keter

[[/div]]
scp-heritage-v3.png
rating: 0+x
rating: 0+x

[[/div]]
[[/div]]
[[/div]]

特別収容プロトコル:当該オブジェクトは[削除済み]県[削除済み]市の[削除済み]寺の仏像にお供え物として収容してください。当該オブジェクトは必ず3人以上のDクラス職員及び監視カメラを用いて常に監視させてくだい。監視中の職員に精神的、もしくは身体的な異常が見られた場合即座に拘束、Bクラスの記憶処理を行ってください。監視員が2名以下になっている場合直ちに補充し、3名以上を保持してください。尚、当該オブジェクトに危害を加えるのは控えてください。実験の際は二人以上のBクラス職員に許可を取ってください。
説明:SCP-524-JPの外見は1メートル程の地蔵であるとされています。SCP-524-JPは生きている生きていないに関わらず対象を供物に変えてしまいます。供物に変える条件として近くにあるもの、そして生物のほうが優先的に供物に変えられてしまうことがわかっています。SCP-524-JPは、職員が寺院の中で地蔵が供えられているのを見たことから発見に至りました。現時点までの実験では約1000㎥の物体も1メートル程の地蔵に変えてしまったことから、大きさの制限は最低でもそこまで、最悪制限はないと考えられています。また、供物は常に一つに維持され、不定期で更新されます。更新された際に前回の供物にされたものが元の姿に戻った事例はなく、どこにいったのかは不明です。また、供物の用途も不明です。自我が確認されています。供物に変えられた瞬間を目撃した人はいません。

_実験記録XXX - 日付████/██/██__

対象: SCP-524-JP

実施方法: 監視員を二人にし五日間監視。

結果: 実験開始から二日後に監視員が供物になった。一人になった監視員が恐慌状態に陥ったため沈静化し、話を聞いたところ、一緒に監視していた████が突然供物になり困惑していたところ、供物が接触してきたと言っていた。

分析:当該オブジェクトは人が一人になると接触を図ろうとした点から、自我を持っていると思われる。

**実験記録XXX - 日付*████/██/██*__

対象: SCP-524-JP

実施方法: 監視員をなくし、役1000㎥の物体を用意し監視カメラを使い観測する。

結果: 被験物が突然供物になった。

分析:供物に変える対象に大きさの制限はないものと思われる。

実験記録XXX - 日付████/██/██

対象: SCP-524-JP

実施方法: 石材加工用の道具を用いてSCP-524-JPを破壊。

結果: 破壊を試みた職員が瞬時に供物になってしまった。

分析:SCP-524-JPは危害を加えようとした者を優先的に供物に変えてしまうと考えられる


ERROR

The xxhunter's portal does not exist.


エラー: xxhunterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4434622 ( 02 Aug 2018 01:52 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License