クローゼットの骸骨

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: その性質上、SCP-XXX-JPの収容は不可能です。警察内部に潜入しているエージェントはSCP-XXX-JPが関与していると思われる不審な通報や失踪事件を感知した場合、速やかに本部に連絡を行ってください。対象者が生存していた場合は記憶処理を施し、異常性の消失が確認された後に解放してください。対象者が消失していた場合、非異常性の失踪事件として処理されます。

説明: SCP-XXX-JPは不定期に発生する異常現象です。1名の人間と、その付近の「開閉する部位/機構を備えており、かつその内部に十分な広さの空間が存在する物品」1つに対して発生します(以下、対象となった人間を対象者、物品を対象物と呼称)。SCP-XXX-JPが発生する条件として以下のような事項が確認されていますが、不明な点が多く詳細な発生条件は未確定です。

  • 対象者が他者から観察されておらず、また対象者の視界内にも他者が存在しない
  • 対象物の内部が人間によって観察/撮影されていない

開かれた対象物の内部には全裸の人間の死体(SCP-XXX-JP-A)が存在します。SCP-XXX-JP-Aがどの時点で出現しているのかは不明です。SCP-XXX-JP-Aは対象者と同一の外見的特徴を有しており、また鑑定によって完全に同一人物であると証明されます。死因は個体によって異なりますが、明確な他殺の痕跡を示しており、死後間も無い状態です。基本的に出現するのはSCP-XXX-JP-Aのみですが、稀にSCP-XXX-JP-Aの死因に関連した非異常性の物品が同時に出現する場合があります。それらの物品には対象者の痕跡が残されており、SCP-XXX-JP-Aが対象者によって殺害された事を示唆しています。

SCP-XXX-JPの発生以降、対象者がSCP-XXX-JPの発生条件を満たした場合、確実にSCP-XXX-JPが発生するようになります。対象者は常に他者と共に行動する、"開く"事を可能な限り避けるなどして、意識的にSCP-XXX-JPの発生を抑制しようとします。対象者がSCP-XXX-JP-Aに関する記憶を完全に喪失する事でこの異常性は消失します。

SCP-XXX-JP-Aが内部に存在する状態の対象物を対象者が完全に閉じた場合、対象者及び対象者によって出現した全てのSCP-XXX-JP-Aは即座に消失します。消失した対象者が帰還した例は確認されていません。

補遺: 本報告書の執筆時点で財団が把握しているSCP-XXX-JPの対象者の約5割は、対象物を閉じた事によって消失しています。1割は現在も生存していますが、残りの4割は最後にSCP-XXX-JPが発生してから1年以内に非異常性の自殺を遂げています。これには記憶処理によってSCP-XXX-JP-Aについての記憶を除去され、異常性を消失した者も含まれます。これらの自殺の状況について、以下のような共通点が発見されています。

  • 対象者の死因は、対象者によって出現したSCP-XXX-JP-Aの死因のいずれとも一致しない
  • 対象者が自殺を図った場所はクローゼットの内部など、閉じられた狭い空間内である

また、記憶処理を施された対象者は自殺を図る数週間前から、収納家具などの開閉部に対して軽度の嫌悪感と恐怖を示し、「誰かが中にいる」「自分を見ている」などと繰り返し主張していた事が判明しています。この反応は未確認のSCP-XXX-JPの異常性によるものであると推測されており、現在も研究が続けられています。


ERROR

The Waver's portal does not exist.


エラー: Waverのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3744611 ( 05 Jun 2018 10:40 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License