霊的なエナジー・ガン曰く、あなたが私の幸せの絶頂を感じてそれで全てを理解してくれたならもうそれでいいと思うことにした

現在このページは批評中です。


アイテム番号: SCP-yyy-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-yyy-JPは引き金部に触れる物がないようにした状態で、サイト-81██低脅威オブジェクト保管ロッカーに保管します。実験の被験者となったDクラス職員のメンタルケアについては、基本的にマニュアル「異常記憶に苛まれる人員のケアマニュアル」の最新版に基づいて対応してください。

説明: SCP-yyy-JPは不明な文明の文化を由来とする道具であり、後述の異常性から、人類文化において銃に相当するものか、それを模した物であると考えられています。全体が暗褐色の樹脂様の物質で構成されており、重さは20 g、長さ153.3 mm、最も太い部分で53.2 mmの紡錘形の部分(以下、銃身部)から、ちょうど拳銃のグリップの様に、長さ102.2 mm、幅53.2 mm(銃身部の太い部分とほぼ等しい)、厚さ33.56 mmの棒状の部位(以下、グリップ部)が突き出ています。内部構造や構成物質の詳細な調査は、その行為者全てが準備段階から非常に強い嘔吐感、目眩、不快な幻臭を覚えるために難航しています。

SCP-yyy-JPの、拳銃でいう引き金に当たるグリップ部の根元付近(以下、引き金部)に0.0823 N以上の圧力が加わると、グリップ部から遠い側の銃身部の先端(以下、銃口部)から、霊素に近い振る舞いをするが財団の現行科学技術では固着不可能な、外円直径53.34 mm、内縁直径50.22 mm、厚さほぼ0のドーナツ状の実体(以下、SCP-yyy-JP-1)が13.33 m/sで発射されます。SCP-yyy-JP-1は間にある物体を貫通して5 m~8.3 mのランダムな地点まで直線的に飛翔したのち、痕跡を残さずに消失します。ヒト(Homo sapiens)に近しい精神構造を持つ者がSCP-yyy-JP-1に被曝した時、被曝者は瞬間的に、以下の流れの情景(以下、SCP-yyy-JP-2)を完全な形で追体験します。

視点者は、暗褐色でユークリッド幾何学に沿わないように見える建造物が立ち並ぶを歩行しており、視点者のへ向かっている。道中に視点者が下方に目を向けることで視点者の身体が見えるが、その時点にわかる視点者の外見的特徴は、大まかに以下の通りである。

  • 全体の体色は乳白色であり、体毛は存在しない。
  • 脚部と腕部が胴体の3倍ほどあり、四肢の先端は黒ずんでいて尖っている。
  • 両腰に当たる部分が大きく膨らんでいる。

また、視点者は全裸体であるが、それは今が特別な時であるためであることと、両腰の膨らみには視点者のが内包されていることがわかる。視点者はそれぞれのに目をやって、双子が視点者の文化ではとても珍しいものであることを考え、自分は幸せの絶頂にいるのだ、というような感慨に耽ける。
 
しばらく1を移動するとに到着する。視点者が出入口となる黒色の膜状構造を透過し、居住スペースに入ると、配偶者がSCP-yyy-JPに酷似した道具を腕部を巻きつかせる様に把持し、銃口部を視点者に向けている2。視点者は即座に「絶望、諦念、(味覚の)辛味」が混ざった感覚を覚える。配偶者の把持する道具からSCP-yyy-JP-1に酷似した実体が発射され、視界が明灰色で覆われる。

(ニュアンスに差はあるものの人類文化のものに近しいと言える概念は、下線部で表現した。)
SCP-yyy-JP-2の記憶を処理する試みは、現在まで失敗しています。

補遺: SCP-yyy-JPは2017/██/██、宮城県仙台市の郊外で民間人男性が発見したものであり、財団は現地警察機関への通報の傍受によってSCP-yyy-JPの存在を認知しました。通報時点で民間人男性はSCP-yyy-JP-1に被曝しており、SCP-yyy-JP-2の影響と被曝以前からと見られる精神疾患の複合により、重大な精神的摩耗とPTSDの症状が見られました。事情聴取に先んじてカウンセリングが行われる予定でしたが、財団施設への移送の直前に自死しました。警察へはオブジェクト回収時の標準的対応が施行され、遺族へは「精神疾患による幻覚」と説明されました。


特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License