SCP-XXX-JP - ジェンダーレス

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png
アイテム番号: xxx-jp
レベル2
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
keneq
リスククラス:
warning

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPは長野県にあるサイト████のエリア██からエリア██までの区画を段階的に閉鎖しています。現在男性職員の立ち入りはいかなる理由があろうとも堅く禁止されております。男性職員が各エリア内に立ち入る際は各エリア内にある地下シェルターでバクテリア検査を受けた上で血液検査を受け遺伝子上問題がないことを確認した上で、細菌防護服を装備の上勤務にあたってください。また3時間ごとに勤務交代とし、地上から帰ってきた際も同様に寄生虫検査と血液検査を行います。
SCP-XXX-JP-2との接触は電話もしくは手紙でのみ行い対面でのコミュニケーションは厳禁となっております。詳しい内部調査のためにSCP-XXX-JP-1と直接接触する場合は、レベル2の生物学又は解剖学職員の承認を得た後にレベル3以上の職員の承認を得た上で避妊手術を行った女性のDクラス職員を動員してください。また、エリア内における飲食行為は厳禁となっております。万が一、一般人が当該エリアに近づいた場合はAクラス記憶処理とカバーストーリー「毒ガスによる廃村」の流布を行ってください。意図せず一般人の侵入を許してしまった場合は採血及び1週間の経過観察を行い問題がないことを確認した上でBクラス記憶処理とカバーストーリーの流布を行ってください。症状の発症が確認された場合は各エリアの地下シェルターにある人間型オブジェクト標準収容施設において適切に管理をしてください。感染防止の観点から食事の提供および生活維持の点検や提供はすべてロボットによって行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは長野県の山間部██村を中心地とした半径2███mのエリアに生息するボルバキア(Wolbachia pipientis)です。生物学的観点からみると普通のボルバキアとは異なり水中や消化液に適応するために芽胞のようなものを有しています。SCP-XXX-JPは本来の寄生先である節足動物のみならず節足動物を食した鳥類や魚類、またそれらを食した捕食者の体内においても活性状態になります。感染が疑われる生物をSCP-XXX-JP-1とし当該エリアに生息する人型実体を始めとする生物群をSCP-XXX-JP-2として扱います。
20██年に行われた村長選挙にて立候補者の██氏が最終弁論当日に現れず代わりに一人の女性が現れ自分を██氏で有ることを名乗り出たことで波紋を呼びました。その後財団が調査を行ったところ、以前から男性が女性に変化し免許の更新ができない、男性がある日変死体として見つかるなど事件があったために当該エリアを封鎖を行いました。しかしながら山間部であることや村に河川が流れていることから20██年にこの村を段階的に隔離する隔離壁が建設されました。
SCP-XXX-JPをに感染した生物は生殖活動に深刻なダメージを負います。成熟したオスのSCP-XXX-JP-1およびSCP-XXX-JP-2の場合は感染から3日で男性機能が消失し、7日でオスからメスに転換するか死亡します。成熟したメスのSCP-XXX-JP-1およびSCP-XXX-JP-2の場合は生殖行為を行っていなくとも7日で妊娠の兆候が見られます。その後14日から21日でSCP-XXX-JPを大量に含む子孫を出産し、生まれた子供は早産であっても成熟することが確認されています。現在までに████人の男性が死亡███人の男性が女性に転換してます。また女性が妊娠しSCP-XXX-JPを出産した例はコレまでに████例報告されています。18██年頃から子孫繁栄の行事として旧███地区にて通過儀礼としてSCP-XXX-JP-2を使った食事の儀式が行われていたことが住人のインタビューにて発覚しました。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Waltz Kanade's portal does not exist.


エラー: Waltz Kanadeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6381240 ( 28 Apr 2020 15:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License