SCP-XXX-JP(処女作)
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは荻浦博士が使用します。SCP-XXX-JPを用いた実験を行う場合は萩村博士の許可を得る必要があり、動員されるDクラス職員はなるべくD-SCP-XXX-JP-Aなど、SCP-XXX-JP-1である職員に留めるようにしてください。SCP-XXX-JP-1以外のDクラス職員を用いる場合、

説明: SCP-XXX-JPは黒縁の眼鏡で、双方のレンズ部分にはいずれも視力補正機能があります。SCP-XXX-JPを一度でも装着した女性はSCP-XXX-JP-1に指定されます。

SCP-XXX-JP-1は、SCP-XXX-JPを外した時、顔に極端な変化が現れるようになります。その変化は第三者から例外なく「醜く」認識されるようになり、SCP-XXX-JPを装着してからの日数が経過するほど変化が顕著になります。SCP-XXX-JP-1の一人である萩村博士は、通常時はオブジェクトを装着しており、偶然裸眼時の萩村博士の顔を視認した職員が卒倒したという事例が発生しています。

この変化は映像機器等を通じても認識されますが、SCP-XXX-JP-1本人は鏡を見るなどしてもあまり認識できない例が多く、周囲より変化に対する認識が遅れるようになります。また、SCP-XXX-JP-1が異常性のない眼鏡を着用すれば変化を緩和することができますが完全に防ぐことはできません。

回収ログ:

ERROR

The Watanishi's portal does not exist.


エラー: Watanishiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4884631 ( 16 Jun 2019 00:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License