SCP-022-JP-J 忍ぶ者

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-022-JP-J

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:

説明: SCP-022-JP-Jは忍者に関する異常な情報です。SCP-022-JP-Jの異常性はSCP-022-JP-Jを認識した人物(以下SCP-022-JP-J-1と記述)に対して発生します。SCP-022-JP-J-1はあらゆる暗闇1の中を忍者が移動し、自分を監視していると認識します。この忍者は対象の証言以外の観測手段が無く、暗闇を描いた絵や写真に忍者が存在するのか訪ねると毎回異なる返答が返ってくる事から、対象の空想上の存在と断定されています。

SCP-022-JP-J-1は自身が認識している異常な特性を持つ忍者を警戒し、忍者に関する情報を集めるようになります。その際現実の忍者ではなく、異常な存在として描かれる事の多いフィクション上の忍者の情報を正確な情報として収集するようになります。この症状が進行すると、SCP-022-JP-J-1が忍者の情報を伝えた場合にSCP-022-JP-Jと同じ異常性を持つようになります。ですが、症状の進行に合わせて心理的負荷によりSCP-022-JP-J-1は人間不信となり、信頼できる相手以外には忍者の存在を秘匿しようとします。このため、一般的なミーム災害と比べSCP-022-JP-Jの拡散速度は遅く、異常性が潜伏する恐れがあります。曝露した疑いのある対象は長期的な観察が必要です。SCP-022-JP-J-1はクラスB記憶処理及びSCP-022-JP-J用対抗ミームの摂取により異常性を除去する事が可能です。

補遺: 本部から日本支部に派遣されたエージェント・ロブに不審な点が見受けられたため、同部隊に所属するエージェント・ノエルによりインタビューを行いました。

映像ログ

[エージェント・ロブが部屋の4隅に携帯型投光器を設置している]

エージェント・ノエル: おい、ロブ、眩し過ぎて資料が見えないぞ。もう少し暗くしろ。

エージェント・ロブ: 馬鹿、これから忍者の話するのに暗闇を作る訳には行かないだろ!

エージェント・ノエル: あー分かった分かった、資料は読めないから調査結果を話してくれ。

エージェント・ロブ: やはり日本は忍者のメッカだ。忍者の数も多いが資料も多かった。

エージェント・ノエル: どんな資料を集めたんだ?

エージェント・ロブ: 忍者は寿司を好む!これは間違いない!

エージェント・ノエル: そうか。

エージェント・ロブ: なんだお前、凄い情報だろう?

エージェント・ノエル: オーケー、忍者は寿司が好きだ。素晴らしい。大量のワサビでも仕込むのか?

エージェント・ロブ: ふざけた事を言うんじゃない。俺らの拠点の食堂でも寿司コーナーが出来たよな。あそこを拠点に情報漏洩が発生している可能性がある。

エージェント・ノエル: お前最近の日本食ブームを知らんな?財団の中でも外でもスシ・バーなんてどこ行ったって見かけるぞ。

[エージェント・ロブは口元に手を押し当て、目を見開いている]

エージェント・ノエル: 報告書はこちらで預かって提出しておくから少し休むといい。

エージェント・ロブ: さっきから気になっていたが、困るのか?

エージェント・ノエル: 何が?

エージェント・ロブ: これを本部に報告されるとお前は困るのかと聞いているんだ。

エージェント・ノエル: 何を言いたいんだ。

エージェント・ロブ: お前は暗闇を恐れなかった。忍者は寿司が好きと言う情報も驚かなかった。この忍者の国で休めと言った。お前、まさか……。

(この直後、エージェント・ロブが暴れたため、インタビューは打ち切りとなった)

調査の結果、エージェント・ロブ独自の調査ではなく、本部の指示によるものと判明しました。
財団は高度な情報の隠蔽能力及び調査能力を持つ事から、忍者を警戒し情報を秘匿する従来の性質が成立しない可能性が高いです。

通達
インシデント『-J』担当者各位

財団ではこれまで架空の存在とされてきた忍者の隠蔽技術を解除するパラテクノロジーを入手し、認識された忍者を要警戒対象として調査を行ってきました。忍者の本拠地となる日本において、機動部隊ミュー-13に所属するエージェント・ロブ及びエージェント・ノエルの2名を潜入捜査官として投入しましたが、忍者による拘束及び洗脳が行われ、現在帰国しています。2名の帰国と同時に、日本支部から実在しない特殊ナンバー『-J』を持つ、作成日時が異なる報告書が███件発見されました。荒唐無稽な内容のため、『joke』の略ではないかと考えられています。
『-J』報告書は、内容と特殊ナンバーにより正規の報告書との判別がつきますが、それ以外は正規の手順で作成されています。『-J』報告書には最高機密情報及びそのセキュリティを揶揄した物も含まれていました。つまり、

ERROR

The WagnasCousin's portal does not exist.


エラー: WagnasCousinのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3389120 ( 02 Jun 2018 15:05 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License