SPC-183-JP

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x
blank.png

中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局C  I  C  A  P  O  C  Oによる通達

 
SPC-183-JPは現在、稼働が停止されているプロジェクトです。プロジェクト運営事務局によりSPC-183-JPはセンターのポリシーに違反すると結論付けられており、プロジェクトの再開は計画されていません。
 
SPC-183-JPがセンターのポリシーに違反しているか否かに関して、再度の議論を要求する場合は、上級殴打エージェント10名以上の同意を集めた上でプロジェクト運営事務局により承認される必要があります。
 


葵光.jpg

鮫科存在に反応し発行するReproduction Plankton

プロジェクト番号: SPC-183-JP

鮫科殴打ケイパビリティ: SPC-183-JPは鮫科存在の生殖を阻害し、鮫科存在の個体減少に効果が期待できます。また、鮫科存在の生物的な尊厳を冒涜し、鮫科存在へ生物的な劣等を突きつける手段としても有効です。

プロジェクト構成: SPC-183-JPは日本生類創研により提供された合成生物Reproduction Planktonを構成要素に含みます。Reproduction Planktonは鮫科存在が接近した際に能力を発現し、ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応による青色の可視光を放ちます。Reproduction Planktonの放つ可視光を浴びた鮫科存在はその性別により分岐する複数の異常性に罹災します。Reproduction Planktonは日本生類創研により安価かつ大量に供給されるため、大量散布が容易です。

Reproduction Planktonの可視光を浴びた鮫科存在(以下、罹災鮫科存在と呼称。)は、その性別を問わず強制的に発情状態に至る精神影響を罹災します。この発情状態は極めて強力であり、捕食行動や睡眠を一切行わずに異性の罹災鮫科存在を捜索し積極的に交尾を行います。罹災鮫科存在は、異性の罹災鮫科存在とのみ交尾し、その他の鮫科存在との交尾に対しては攻撃的な拒否反応を示します。この状態の鮫科存在は1週間程度で衰弱死してしまうため、殴打エージェントは鮫科存在が衰弱死する前に迅速な殴打を行わなければなりません。

生殖能力を有していない鮫科存在については生殖能力が発現、または再生します。この異常性は受胎中の鮫科存在または胎児にまで影響を及ぼします。

メスの罹災鮫科存在は、体内構造が卵胎生に変異します。元来より卵胎生の種類の鮫科存在には変異が発生しません。メスの罹災鮫科存在は胎内に子を宿している間、異常な耐久性を獲得し、いかなる手段を用いられても死亡する事は無くなります。特に子宮の耐久性は非常に強力であり、あらゆる物理法則を無視した耐久性を持ちます。この状態の罹災鮫科存在は新人殴打エージェントの育成用サンドバックに最適です。

罹災鮫科存在の卵からは、鮫科存在ではなくヒト(Homo sapiens)が孵化します。この実体は胚発生の過程において性器の形成が優先されます。このヒトは必ず男性であり、伝説の殴打エージェント"フィン・シェパード"とほぼ一致する遺伝子構成を持ちます。そのため、このヒトは生まれながらにして殴打エージェントであり、胎内から罹災鮫科存在を殴打します。

胎内のヒトはシロワニ(Carcharias taurus)に類似した生態を持ち、胎内の卵や他のヒトを殴打後に捕食して成長します。罹災鮫科存在は胎内のヒトから放出され続ける精子により産卵が誘発されるため、必ず発育に十分な量の栄養素が供給されます。ヒトは胎内で体長1m程度まで成長し、殴打を伴う捕食の過程で母体を破壊するために十分な殴打力を身に付けます。胎内でのヒトの生育が完了すると、ヒトは罹災鮫科存在を胎内から殴打し破裂させて脱出します。多くの場合この時点で罹災鮫科存在は異常な耐久性を失い衰弱死します。脱出したヒトはセンター-01への帰巣本能を示し、センター-01へ帰還します。

プロジェクト凍結に関する経緯: 当初SPC-183-JPは、鮫科存在への繁殖に介入し文字通り内部からの殴打が可能な上、強力な殴打エージェントの補充に役立つとして積極的に稼働していましたが、アンソニー上級殴打エージェントより"センター-01へ帰還した存在は鮫科存在から誕生しているため、ヒトではなく鮫科存在である"と提言され議論になりました。議論の結果、『罹災鮫科存在の胎内で、ヒトが他のヒトを殴打後に捕食しているのは、他のヒトを鮫科存在と見做しているからであり、自らが鮫科存在である事を自供している。』『鮫科存在を捕食するのはサメ殴りセンターのポリシーに反する。』『サメ殴りセンターのポリシーに反する上、そもそも鮫科存在である実体を増殖させる行為はサメ殴りセンターのポリシーから二重に反している。』などの理由からプロジェクトの凍結が決定されました。

事案: SPC-183-JPの停止後、日本生類創研がReproduction Planktonを放流しているいることが判明しました。センターは日本生類創研に対しプロジェクト凍結の経緯を説明し、Reproduction Planktonの放流を行わないように呼びかけましたが、日本生類創研はこれを拒否しました。センター-01に帰還する実体は増加傾向にあります。

ERROR

The WagnasCousin's portal does not exist.


エラー: WagnasCousinのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3389120 ( 02 Jun 2018 15:05 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License