Ukarayakara 8 A7f9

こんにちは、Dr.Mannです。私のことを知らない方に向けて自己紹介すると、実生活での私は合衆国の諜報機関(別にすごく楽しかったり面白いところではありませんよ、いいですね)で働いています。その経験から、いくつかの(非機密の)ことをお教えしたいと思います。諜報機関における哲学や主義についてです。諜報機関における特殊訓練について知りたい方はNSA1に問い合わせてみてください。快く答えてくれるはずです。

Dr. Mann here. For those of you who don't know, in real life I work in the United States intelligence community (nothing terribly exciting or interesting, mind). I thought I'd share some (unclassified) bits from that. This is going to be more about basic philosophy and doctrine than anything else (for obvious reasons). If you have any questions regarding specific practices in the intelligence community, please direct your questions to the NSA. I'm sure they'd love to talk to you.

さて、あなたが機密情報へのアクセス権限を持っているかどうかに関わらず、二つの大事なことがあります。一つ目は、あなたがまず熟知するべきことは自身のクリアランスであるということです。つまり、情報が秘匿されていてあなたには機密として処理されるのならば、その状況が変わらない限り覗いてみるべきではありません(緊急事態の場合はこの限りではありませんが、後々書類の山に悩まされることになります)。二つ目はneed-to-knowです。恐らくこのフレーズは聞いたことがあるでしょう。これの意味するところは、資料にアクセスする権限を持っていたとしても、知る必要(need-to-know)がないならばアクセスしないということです。例えば、私は最高機密の情報を知ることができます。本当の最高機密です。しかしこれは、私が簡単に保護された施設に入ったり、見てもいい書類を引っ掻き回して探してもよいということではありません。私は通常、自分の仕事に直接関わりのある情報にしか触れません。

Now, first off, there are two factors on whether or not you have access to classified information. The first, and the one you're familiar with, is your clearance. So, if the information is classified Secret, and you're only cleared up to Confidential, you're not getting a peek until that changes (except in extraordinary circumstances; and that entails a lot of paperwork afterwards). The second is need-to-know. You've probably heard the phrase. What it means is that, while you might have the clearance to access a document, if you aren't considered to have a need-to-know, you don't get access to it. For example, I have a Top Secret clearance. That's the highest actual classification. But that doesn't mean I can just go waltzing into a secured facility and go rummaging through their documents to see what I might see. I'm generally limited to information that directly relates to my job.

また、機密情報の取扱いについては異なる側面もあります。特殊なアクセス手順によって機密情報は区分けされています。閲覧するには、大抵それぞれのアクセスについて異なる報告が必要になります(あるいはもう一つ、背景調査も必要かもしれません。あなたがクリアランスを得るためのものです)。例えば、あなたが偵察用の小型飛行船で働いているとしましょう。ほとんどの人は飛行船がトレビュシェット2の存在を上空から発見できることを知りません。とはいえ、発見方法は最重要機密なのです。つまり、誰にも知られなければ、あなたは簡単に敵のネズミを見つけることができます。この情報を秘密のままにしておき、どうやってネズミを発見しているかを悟られないままにしておくのが最も重要なことです。飛行船の機能は特殊アクセス計画によって秘匿されています。アクセスするためには、飛行船用の機密計画に承認されなくてはいけません。機密計画には名前があり、普通それらの実際の機能とは何ら関係ないものがつけられます(作戦などでのコードネームのようなものです)。「ポップ・マジック」に承認されれば、祖国をネズミ野郎から守るための最重要情報、飛行船が何をできるかを知ることができます。

Now, there's another aspect to the way classified information is handled. Categories of classified information are placed into special access programs. Getting access to one of these will generally require a separate briefing (and maybe even another background check, on top of the one you got to receive your clearance) to access that information. For example, let's say you were working on a warblimp. Now, most people only know that your warblimp can detect the presence of trebuchets. However, the way it detects trebuchets is Top Secret. As well, unbeknownst to anyone else, your warblimp is also capable of finding enemy marmots. It's obviously important to keep that information secret, so that the enemy doesn't suspect you're using their marmots to find them. So, your warblimp's capabilities become part of a special access program. To be able to access it, you have to be read into the program for that warblimp's program. Security programs have names, generally ones that have nothing to do with their actual function (just like code names for missions and the like) Once you're read into Pop Magic, you can learn what the warblimp is capable of, vital in doing your duty to defend the homeland from marmots.

OPSEC、別名で運用保全(Operations Security)と呼ばれるものがあります。OPSECは敵に多くの情報を奪わせません。非機密情報であっても脅威になりえます。例えば私が辞職し、情報を漏らそうともしていないとします。この情報は非機密ですが、敵には有用です。武器プラットフォーム(飛行機や船などのこと)の秘匿されていない詳細は、好ましくない量の情報を敵に与えてしまうかもしれません。ある操縦士がF-23での飛行について話したことで、数年間ひどい目に遭いました。その情報は非機密ではありましたが、我々の中で専有しておきたい情報だったのです。公私の混同は、ほんのささいな情報であっても敵の利になりうるということを教えてくれます。

Then there's what we call OPSEC, or Operations Security. OPSEC is taking care not to let the enemy get too much information. Even non-classified information can be harmful. For example, when I deploy, I'm not going to be giving much notice. It's not classified, but it could be useful to an enemy. Also, even unclassified details about a weapons platform (like a plane or a ship) can give the enemy more information than we want him to have. A pilot got in trouble a few years for talking about his flights on the F-23. The information was unclassified, but it was still information we'd prefer remained with us. Private Snafu can give us a look at how these little details can come together for the enemy.

では、財団においてこうしたことがどういう風に機能しているか考えてみましょう。まず初めに、いかなる財団に関係することであっても話すことはOPSECが十全でないことを示し、また機密情報の漏洩でもあります。詳しく説明しましょう。例え致命的な詳細情報でなくとも(「え、イスタンブール?来週そこに行くよ。なんでって?ただの仕事。」のような)他方では危険となりえます。CIがあなたを財団の研究員だとわかっているとします。彼らは財団がイスタンブール(コンスタンティノープルではなくてね;そう言ったならたぶん冗談です)で作戦を行うと知ってしまいました。私は財団のエージェントが飲みに行くとき、彼らは集団で行くと思います。そういうとき、誰かが間違えて話すべきでないことを話題に上げたなら、他の人が彼を黙らせて家に帰らせるでしょう。

So, let's think about how this would work with the Foundation. Well, first off, talking about anything Foundation related would be both poor OPSEC and likely a breach of classified information. You can see how that goes. Even relatively harmless details ("Oh, Istanbul? I'm heading there next week. Why? Oh, just business stuff.") can be harmful in the right hands. Say the CI has figured out that you're a researcher for the Foundation. Now they know the Foundation is operating in Istanbul (but not Constantinople; that would be silly). I imagine when Agents go out drinking, they go in groups. That way, if someone screws up and starts talking about the wrong things, the others can shut him up and get him home.

機密レベルというのは、単にセキュリティレベルを使っていると考えます。財団に関する標準的な情報はセキュリティレベル1であり、レベルは4が最高です。加えて、機密情報にはさらに異なる計画と種別があります。個々のSCPもまたそれぞれの計画、あるいはSCPのおおまかな分類に割り当てられた計画を持つでしょう(「じゃ、あなたは『暴風雨』、異常な感染症に関するセキュリティ計画に承認されました」のように)。何であれ、その職務に関係のある権限を持たされます。あなたがコンピュータシステムの担当なら、財団のコンピュータセキュリティに関する承認だけがなされます。SCP-098のセキュリティ計画である「純然たる戦士」には承認されません。

For classification levels, I imagine they'd simply use the security levels. Basic information about the Foundation would be at security level 1, moving up until you reached level four. In addition, there would be different programs and types of classified information. A particular SCP might even have its own security program, or they might have a program for a broad type of SCPs ("Now you've been read into Stormy Weather, our anomalous infections program."). You'd be read into whatever programs related to your job. If you were in charge of computer systems, you would only be read into those programs related to Foundation computer security. You wouldn't be read into Unmitigated Warrior, SCP-098's security program.

CIやGOCなどの団体の能力に関する情報を扱えるのは、実際に彼らと関わる人間に限られています。そうでない人員が彼らの作戦地域で大まかな情報を得て、いくつかは様々な危険に関することであるとしても、CIがT-55を売ったことは知る必要はありません。その後にCIによってT-55が取り戻された時、我々がどのようにその戦車のことを知ったかを疑問に思い、副司令官のビッフが思っていたほど忠実でないことに気付くでしょう。そして、我々は情報を得る経路を失うことになるのです。

Information on the capacities of the CI, GOC, and other such groups would be limited to those who actually deal with them. Others might get a general security brief on where they're operating, and some of the general hazards, but they wouldn't need to know that the CI's purchased a T-55. After all, if that gets back to the CI, they're going to wonder how we knew about the tank, and maybe find out that Sub-Commander Biff isn't as loyal to them as they thought, which costs us that channel of information.

さて、これまで言ってきたことをあなたは好きなように無視できます。カノンはありません。確かに、全てのコードネームがランダムに決められるべきとは言いません(私は機動部隊のコードネームが好きです)。しかし話を書く時、キャラクターが何かについて知るべきか、そうでないかは最低限考えて欲しいと思います。知っているということが話の中で重要な部分なら、もちろん続けてください。ですがそれ以外の方法でも表現できるというなら、そちらをやってみませんか? ストーリーはより面白く複雑になります。キャラクターがよく知っている対象を追うよりは、全く知らないものを追い求めた方がずっとワクワクします(なぜなら、誰も彼らが何と遭遇するのか予測できず、彼らは知るべき(need-to-know)ではないからです)。そして、時々キャラクターが複雑な手順を踏むことで、ストーリーはよりリアルになります(そうでなければ、ええ、キャラクターにいくつもの煩雑な手順を踏ませるのはストーリーを難航させることになります)。

Now, you're welcome to ignore as much of this as you like. There's no canon. Certainly, I don't really advise you to make all the code names random (I love me some MTF names). But I advise you, when you write a story, to at least think about whether or not your character needs to know about something. If it's vital to the story, then by all means carry on. But if you can work it in another way, why not try? It could make for a more interesting complication in the story. A character going after something they know intimately is a lot less dramatic than a character going after something they know nothing about (because no one expected them to encounter it, and they didn't have need-to-know). And hey, sometimes having the characters jump through the proper hoops can make a story feel more real (though not, of course, to the point where it bogs down the story).

何であれ、このエッセイが助けになることを願います。

Anyway, I hope people find this helpful.

ERROR

The ukarayakara's portal does not exist.


エラー: ukarayakaraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:ukarayakara ( 03 May 2018 07:56 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License